クロージングの時お客様からYESをもらえない営業マンの共通点

本やコンサル、YouTubeなどで営業の勉強はしているんだけどなかなか上達しない。

毎回失敗した商談を振り返って反省しているけどなぜか毎回商談が不成約になってしまう。

あなたはこのような悩みお持ちではないでしょうか?

 

お客様と信頼関係も取れている。ヒアリングをしてニーズもしっかり聞けている。プレゼンもしっかりした。

 

しかし、いざクロージングの瞬間になるとお客様からYESがもらえない。僕も昔この悩みを持っていました。まるで奥歯に何か詰まっていてそれを舌で取ろうとしてもなかなか取れないという感覚と一緒です。

 

「一体どこに問題があったの?何がダメだったの?」と常に営業に対して不安を抱いていました。

 

しかし僕はこの悩みを一瞬で解決してしまうある法則を見つけてしまいました。あなたが今売れない営業マンであるのであればぜひ意識して欲しい内容になっています。

 

その法則とは、使う言葉と動作の質です。

 

この使う言葉と動作の質で僕はたくさんの売れない営業マンを売れる営業マンにしてきました。これはほとんどの営業マンが意識していないノウハウです。そして1番意識しなくてはならない内容です。しっかり学んで明日の商談に生かしていってください。

【クロージングの過程で必要!】使う言葉×動作の質

僕は、営業=使う言葉×動作の質とたくさんの営業マンに伝えております。ではその具体的な話にいきたいと思います。

 

僕もあなたも、人の言葉と動作が現象化・表現化させたもので認識をしています。少しわかりにくい表現ですよね。

 

簡単にいうのであれば人が何かを発した時に僕たちはその言葉によって反応し、人が何か行動を起こしたから僕たちはそれに対して反応するということです。

 

誰かが僕に「しね!」といったとします。そうすると僕はムカつきます。そしてその人に対して何か罵る言葉を発するかもしれません。

 

誰かが僕に対してラブレターをくれたとします。その行動が僕を感動に導くかもしれません。そして涙を流すかもしれません。

 

このように僕たちは言葉と動作で全てを判断しているのです。無言・無動作では僕たちは何も感じることはできないのです。

 

話を営業に戻しましょう。売れない営業マンはこの使う言葉と動作の質がかなり悪いのです。普段自分の話し方・行動をじっくりチェックしたことがないかと思います。

 

実はここが落とし穴で、普段何気なく発している言葉や起こしている動作が意外とお客様を商品購入から遠ざけてしまっています。本当に怖いことです。気づかないところでお客様は商品を購入することを拒んでいたのですから。

 

それらを改善するためにも使う言葉、動作の質を一つ一つみていきましょう。

使う言葉

あなたは敬語・謙譲語をしっかり使ってお客様とお話していますか?ほとんどの営業マンがあまり意識していないように思います。

 

〜していらっしゃいますか?

〜をお伝えさせていただきます

〜次回はしっかりと資料の方を持ってまいりますので

 

などがそうですね。これら尊敬語・謙譲語はしっかり本でも出版されているものがたくさんありますので是非購入おオススメいたします。

 

そして下品な言葉を使ってはいませんか?例えば

・「マジで」

・「うざい」

・「うける」

 

などの言葉です。最近若い人たちはこのような言葉を平気で使ってしまいます。しかし僕はしっかりとお客様と信頼関係が取れているのであれば別に大丈夫かと思います。

 

しかし、初めて会う段階でこのような発言をしてしまうとものすごくマイナスポイントになってしまいます。これがお客様の購入を遠ざけているのであれば今すぐに直しましょう。営業マンとして今後損なことしかありません。

 

営業マンとして恥ずかしくない発言を今後しっかり意識していきましょう。

動作の質

これも非常に重要なものです。例えば、商談をカフェなどでされる方はイメージしやすいかと思いますが店員さんに対する態度がそうですね。

 

よく店員さんに対して素っ気なく、無礼な態度をとる人がいます。それって全部お客様にみられています。

 

どれだけお客様に対して良い態度で接していても店員さんに対する態度が良くなければ一瞬であなたの印象は悪くなります。

 

1度悪いイメージを持たれてしまうとそれを払拭するのにはかなりの時間がかかります。例えば、僕があなたの財布から1万円札を取っている姿を見たとします。その瞬間あなたは僕に対して悪いイメージを持ちます。そしてちょっとトイレに行こうとする時ですら財布の入ったバックを一緒に持っていくことでしょう。

 

人間に好かれるのには本当に時間がかかります。しかし、嫌われるのは一瞬なんです。自分の動作を常にチェックしてお客様を安心させる質の高いものにしていきましょう。

クロージングでYESを取りたければ「臆病であれ」

使う言葉と動作の質はいかがだったでしょうか?僕が出した具体例以外にもたくさんあります。その全てが使う言葉と動作の質です。ほとんどの営業マンはこのちょっとした発言・行動で損をしているのです。

 

つまり、全ての使う言葉と動作に臆病になってもらいたいのです。あなたの使っている言葉・あなたが何気なく起こしている動作はもしかしたら間違っているかもしれません。

 

常に営業マンとしての当たり前の徹底を欠かさず日々成長していきましょう。これぞトップ営業マンがやっている共通のノウハウです。

 

ただ信頼関係の取り方・ヒアリングの仕方・プレゼンのやり方だけを学んでも使う言葉と動作の質が悪ければ結局は不成約になります。今からあなたに魔法の言葉を伝えます。「自分は常に間違っている」です。

 

この言葉を常に頭に刻んでおいてください。そうすれば質の低い言葉・動作を現象化させずにすみます。あなたが最高の営業マンになることを心から祈っております。

 

友だち追加

コメントを残す