クロージング0%が販売に有効な理由

一切嫌われずに成約率80%以上を

実現させるセールスコンサルタント

ノークロージングトレーナーの大谷です!

 

 

 

 

 

本日のテーマはクロージングです!

 

 

大谷が一番大好きなテーマになっております。

 

先に結論からお伝えすると

クロージングは一切いりません。

 

 

これは普段僕のブログを読んで

くれている方でしたらもう

十分に理解されていると思います。

 

 

しかし、なぜクロージングがいらないのか

についてしっかりご理解されていいる方は

まだあまりいらっしゃらないと思います。

 

 

なので、今回の記事でその一部を

公開していこうと思います。

 

 

では今回もさっそく始めて

いこうと思います!

 

 

クロージングとは

クロージングをGoogleで調べると

「ビジネスや営業活動において

顧客と契約を締結すること。」と出て来ます。

 

 

 

しかし、あなたが持っている

イメージはどうでしょうか?

 

 

特にぼくは4年間、営業活動をしてきて、

2000名以上のお客様に断られ、

そして500名以上に嫌われました。

 

 

「大谷ってゴリゴリじゃね!」

「いらねぇって言ってんだろ!」

「大谷さんからは買おうと思わないです!」

 

 

このような罵詈雑言をいつだって

浴びせられてきました。

 

 

では、なぜ僕はこのような言葉を

浴びせられて来たのでしょうか?

 

 

それはクロージングの概念を

しっかり理解できていなかったからです。

 

 

商品購入の必要が無いお客様にも

強引にクロージングをかけていたのです。

 

 

つまり、自分の売上のことだけを

考えた営業活動をして来ました。

 

 

しかし、本当のクロージングとは

商品の購入が必要であるお客様に

しなければならないものです。

 

 

NOニーズ、NOプレゼン

という言葉がある通り

 

お客様に合った提案、

お客様に貢献できる領域を探すこと

こそが営業なのです。

 

 

つまり、お客様に貢献できない領域

である場合はクロージングをしては

ならないのです。

 

 

いや、クロージングをする

「資格」なんて無いのです。

 

 

つまり、僕の昔のクロージングの概念は

「とにかく誰にでもクロージング

 

 

しかし、本当のクロージングは

「貢献できる人だけにクロージング

 

 

これを踏まえていかがですか?

 

僕の言っていることは

矛盾していますよね?

 

 

「これってクロージングを肯定してるじゃん!」

って思ったんじゃないですか?

 

 

もちろん、肯定はしません。

 

 

僕は上記のことを踏まえても

クロージングはいらない!と

思っています。

 

 

クロージングがいらない理由は

①嫌われるから

②紹介がもらえなくなる

③時代に合っていない

 

 

これらがクロージングがいらない理由です。

 

 

この3つすべてを語ると

長くなってしまいますので、

 

今回は①番について

詳しくお伝えしていこうと思います!

 

クロージングがいらない理由①:嫌われるから

嫌われたい!なんて人はこの世の中を

探してもなかなか見つかりません。

 

 

それもそのはず

僕たちは生まれてからずっとある

欲求を持っているからです。

 

 

それが「承認欲求」です。

 

 

誰かに認められたい・嫌われたくない

という誰もが持っている欲求です。

 

 

 

この欲求を持っている限り

僕たちは嫌われることから

解放されることは一生ありません。

 

 

難しい言い方をしましたが、簡単い言うと

「あなたも嫌われたくないですよね?」

と言うことです。

 

 

つまり、なるべく嫌われない営業を

したほうが精神的にも楽に営業活動を

することができるのではないかと思っています。

 

 

 

嫌われ続けると

「なんで営業活動しているんだろう・・・」

「毎日退屈なアポイントでまいる・・・」

「貢献をしたいと思っているのになんで・・・」

 

 

などと営業活動が耐えられなくなり

最終的には・・・

 

 

 

では、営業の場でお客様に嫌われてしまう

瞬間って一体どこだと思いますか?

 

 

人間性が合わない?

態度?遅刻?清潔感?・・・

 

 

 

答えを言います。

 

 

いつまでもクロージングをしているからです!

 

 

では、なぜクロージングをしたら

嫌われてしまうのでしょうか?

 

 

このクロージングは言い方にもよりますが、

数あるセールスプロセスの中で

一番「売込み感」がでるプロセスなのです。

 

 

「買いましょう!」と進めているわけなので。

 

 

じゃあここであなたに提案があります。

クロージングが上手くできるとしても

 

 

もしも、クロージングなしで

顧客獲得できたらどうですか?

 

 

そして、その成約率も

80%以上だったらどうですか?

 

 

この質問にほとんどの販売者が

「最高!」と答えます。

 

 

販売者側としたら、別にクロージング

かけたくてかけているわけではないのです!

 

 

お客様の決断を促すために

仕方なくやっているに過ぎないのです。

 

 

極論、黙っててもお客様が「買う!」

という決断をしてくれるのであれば

別にクロージングなんてしたくないですよね?

 

 

でもあなたは「そんなこと可能なの?」

という疑問が頭によぎると思います。

 

 

はっきり言います。

「はい可能です!」

 

 

そのために何をしなければ

いけないのかなども今後の配信で

お伝えしていけたらと思います!

 

まとめ

今回のテーマをおさらいします!

 

 

クロージングがいらない理由

①嫌われるから←本日はココ!

②紹介がもらえなくなる

③時代に合っていない

 

 

 

次回の投稿は②についてお伝え

していこうと思います。

 

 

追伸:

 

大谷とLINE@でお友達になりませんか?

 

今だけ興味づけに関する

無料プレゼントを配信中!

 

 

プレゼント:

『お願いするセールス』から

『お願いされるセールス』を

実現させるための興味づけの4ステップ!

 

を今なら無料で限定配信中です。

 

ペコペコ営業をしたり・・・

オラオラ営業をしたり・・・

 

お客様から「お願いします!」

と言われるための

 

そして、クロージングをかけない

トークスクリプトをこのプレゼントでお伝え

しております!

 

 

 

大谷が1000万円以上の研究開発費を

投じて作成された唯一無二のトークスクリプト

になっております。

 

この機会にぜひお受け取り下さい。

 

大谷のLINE@はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40tbf4481a

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。