ビジネス導入期でやるべき3つのこと

お客様の「検討します!」を不要にし、

成約率80%以上を実現させる

セールスコンサルタント

 

ノークロージングトレーナーの大谷です!

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは

ビジネス導入期の3原則です。

 

 

 

あなたはビジネスには4つの時期が

存在することを知っていますか?

 

 

「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」です。

 

 

どんな会社にもこのサイクルは例外なくあります。

 

 

例えば、一昔前に流行ったバンダイから出た

「たまごっち」は2年で2000万個も売れた

ヒット商品となりました。(成長期)

 

 

やがてたくさんの人たちが遊び始め、

市場に商品が浸透していきました。(成熟期)

 

 

やがて、商品・サービスの売れ行きは

どんどん低迷していくことになりました。(衰退期)

 

 

 

そんな中、バンダイは「まだ売れる!」

思い込み、たまごっちを大量生産しました。

 

 

しかし、結局たまごっちはその後

売れることなく、バンダイは何十億円もの

在庫処分をすることになってしまったのです。

 

 

つまり、どの会社も先ほどの4つの

サイクルのどこかにぶつかるということです。

 

 

今自分がどの時期にいるのかをしっかり

分析してビジネス活動をしていかないと

大変なことになってしまいます。

 

 

 

きっとこの記事を読んでいるあなたは

「導入期」にいるはずです。

 

 

 

ビジネスを始めて間もない

もしくは、売上が伸びない

 

というような悩みを持ってると思います。

 

 

なので、今回はビジネス導入期で

知っておくべき3原則について

お伝えしていこうと思います。

 

ビシネス導入期の3原則①:お金をかけない

ビジネス導入期で、特に重要なのが

「お金をかけない」ということです。

 

 

導入期の時期に広告を

ガンガン回していくのは

よくないことですね。

 

 

広告を回す時は、市場にしっかり

商品が浸透するのかどうかを

確かめてから行うべきです。

 

 

むやみやたらに広告にお金を使って

売上が広告費を下回ってしまったら

本末転倒です。

 

 

商品・サービスを1本2本売ってみて

市場に浸透する可能性を確かめてから

お金をかけるべきですね。

 

 

導入期は特に

「お金を使うより、頭を使う」べきです。

 

 

 

でもお金をかけない販売活動

なんてできるの?

と思いますよね。

 

 

そこで使っていく媒体が

SNSなどの無料媒体です。

 

 

最近ではFacebookやInstagram、

LINEブログなどが流行っていますね。

 

 

これらの媒体は

一切お金がかかりません。

 

 

しかも、幅ひろい人たちに

認知をしてもらえる媒体になります。

 

 

無料でたくさんの人たちに

チラシを配れるようなものです。

 

 

目にしてもらえるという意味では

非常に効果的な媒体ですね。

 

 

そして、教育をしていくために

LINE@などを使っていきましょう。

 

 

こちらも無料媒体です。

あなたに興味のあるお客様

だけに情報配信ができる

画期的な媒体です。

 

 

 

ですので正直、FacebookとLINE@の

使い方さえしっかり覚えてしまえば、

集客は可能になります。

 

 

 

しかし、無料媒体だけでは

多くの顧客を集めることは

できません。

 

 

なので、少ない集客でしっかり

売上を作っていく必要があります。

 

 

その方法も後ほどお伝えいたします。

 

ビジネス導入期の3原則②:売る力

売る力とは「セールス力」のことです。

 

 

いくら集客ができたとしても

対面販売ができなければ

結局契約をとることはできません。

 

 

ザルに水をいくら入れたとしても

隙間から逃げ出します。

 

 

つまり、セールス力をつけていけないと

 

そもそも

お金を稼ぐことはできませんし、

お客様に貢献することはできません。

 

 

 

セールス力に関しては長くなりますので

詳細が気になる方はこちらの記事を

参考にしてください。

 

 

ラポール形成の3ステップ

http://sales-closing.net/rapport/

 

ニーズ喚起の3ステップ

http://sales-closing.net/needs-sales/

 

興味づけの4ステップ

http://sales-closing.net/interesting/

 

感動力をあげるストーリーテリング

http://sales-closing.net/story-telling/

 

 

ビジネス導入期の3原則③:高単価商品

ビジネス導入期で3つ目に重要になるは

「高単価」で商品・サービスを販売することです。

 

 

では、なぜ導入期では高単価で商品を

販売しなければならないのでしょうか?

 

 

 

それは「収支のバランス」が

おかしくなってしまうからです。

 

 

収入が毎月20万なのに

毎月出ていくお金も20万円・・・

 

 

しかも、クライアントはどんどん

増えていく・・・

 

 

その結果、商品・サービスを見直す

時間もクライアントに取れる時間も

どんどんなくなります。

 

 

 

 

ということはクライアントさんの

成果は一向に出ることはなく、

あなたの会社のブランドはいつまで

たっても広まりません。

 

 

しかし、これが高単価だったら

どうなるでしょうか?

 

 

毎月クライアントを獲得する度に

大きな収入をいただけます。

 

 

そして、あなたのコンテンツを

改良する時間にたくさんの時間を

使えるようになります。

 

 

つまりは、クライアントを

勝たせることができるようになります。

 

 

高単価とは、販売者側も購入者側も

win-winにすることができる方法だ

ということですね。

 

まとめ

今回のテーマをおさらいします!

 

導入期でしなければならない3原則

①お金をかけない

②売る力

③高単価

 

 

これら3つの原則をしっかり

意識しながら今後、販売活動を

してみてください。

 

 

そして、まずは何よりも先に

あなたの商品をより魅力的にしていくことに

より多くの時間を使っていくようにしましょう。

 

 

全てはあなたの持っている

商品・サービスの質で決まります。

 

 

 

追伸:

 

大谷とLINE@でお友達になりませんか?

 

 

大谷公式LINE@では

 

一切嫌われずに高単価商材を売り続け、

成約率80%を実現させていくための

 

「セールス戦略」「集客戦略」

について日々配信していきます。

 

 

お友達になってっくれた方には

30万円相当のプレゼントを

お受け取りになれます!

 

 

☑︎特典1

たった10分で信頼関係を構築する

ラポール形成の3ステップ(PDF)

 

☑︎特典2

クロージングなしで「買いたい!」を引き出す

興味づけの4ステップ( PDF)

 

☑︎特典3

「即決客」を作り出し、営業を不要にする

集客戦略の5ステップ(動画)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。