ダイレクトレスポンスマーケティングの3原則

お客様からの「検討します」をゼロにする
セールスコンサルタント
即決戦略トレーナーの大谷です!

コンサルタント 集客

 

 

 

 

 

ビジネスを行っていく上で
マーケティングは欠かせないものです。

 

 

マーケティングを辞書で検索すると
非常に難しい言葉で説明されています。

 

 

そこで私なりのマーケティングの
解釈をお伝えします。

 

 

マーケティングとは、
「集客のための戦略」です。

 

 

さらには
「セールスを楽にするもの」です。

 

 

かの有名なマーケターの
ピータードラッガー
はこのように言っています。

 

「マーケティングの理想は
販売を不要にすることである」

 

 

つまり、あなたの商品を喉から手が出るほど
欲しい優良顧客を集客することがセールスを
不要にするということです。

 

 

あなたにもそんなマーケティングができれば
出会ったお客様一人一人と営業をする必要は
なくなるわけです。

 

 

そこで今回はそんな優良顧客だけを集客するための
マーケティングの3原則について解説していこうと思います。

 

 

この3原則さえ押さえておけば
出会ったお客様と1から営業をする
必要は一切なくなりますので
ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

 

マーケティングの3原則:①リードジェネレーション

シードジェネレーションという言葉は
聞きなれない人が多いかと思いますが
これは直訳すると「見込みを増やす」ことです。

 

 

しかし、これだけお伝えしても分かりづらい
かと思いますので別の言葉で解説します。

 

 

リードジェネレーションとは、
「リスト取り」のことです。

 

 

例えば、
SNSやブログ、YouTubeを使って
幅広い人たちに拡散を行います。

 

 

もちろん、検索エンジンから
見込み客に認知をしてもらうこともいいでしょう。

 

 

そして、次にLINE@やメルマガに
誘導をしていきます。

 

 

ここまでの作業を
リードジェネレーションと言います。

 

 

このリードジェネレーションの段階で
いかにたくさんのお客様に認知をして
もらうかが非常に重要になります。

 

 

100人にしか認知してもらえない媒体なのか
1万人に認知してもらえる媒体なのかで
最終的な契約率は大きく変わるからです。

 

 

ぜひ普段からSNSやブログなどでの
情報発信をコツコツ行うようにしましょう。

 

 

そして、あなたの使っている
SNSやブログのアルゴリズムを
理解して投稿などをするように
心がけていきましょう。

 

マーケティングの3原則:②リードナーチャリング

リードナーチャリングとは、
「教育」のことです。

 

 

先ほどLINE@やメルマガで
リスト化を行いました。

 

 

そこで次にその見込みの人たちに
あなたの商品の必要性と手段を
教育していく必要があります。

 

 

そこで重要な概念となるのが
ニーズウォンツです。

 

 

ニーズとは、
お客様が最終的に描く目的です。

 

 

ウォンツとは、
お客様が選択する手段です。

 

 

簡単に解説すると
あなたは今、「食器洗い機」
を購入しようとしているとします。

 

 

その理由は
「家事の時間を節約したいから」です。

 

 

では、このケースでの
ニーズとウォンツはどうなるでしょうか?

 

 

ニーズ:
「家事の時間を節約したい」

ウォンツ:
「食器洗い機」 となるのです。

 

 

家事の時間を節約するための
方法はいくつかあります。

 

家政婦を雇う
使い捨て食器を使う・・・

 

 

その中でもあなたは「食器洗い機」という
手段で時間を節約することにしたのです。

 

 

つまり、
このリードナーチャリングでは、
お客様に対してニーズとウォンツの
教育をしていかないといけないのです。

 

 

なぜ、
家事の時間を
節約しなければならないのか?

 

なぜ、
食器洗い機という手段でその問題を
解決しなければならないのか?

 

この2つを教育しなければならないのです。

 

 

以上のことをあなたのビジネスに
置き換えて教育してみてください。

 

 

そして、先ほどの
リードジェネレーション同様に
定期的な配信を心がけるようにしてください。

 

マーケティングの3原則:③CTA(Call To Action)

これは「行動要請」という意味です。

 

 

人はこちらから行動することを
指示しないと購入を決断しない生き物です。

 

 

自ら進んで販売者と接触しようと
思う人は本当に少ないです。

 

 

そこであなたと会える機会を
こちらから用意していかなければなりません。

 

 

その具体的な方法が
セミナー個別面談です。

 

 

LINE@やメルマガで
「セミナーが〇〇日にありますよ!」
「個別面談を開催します!」
「オンライン面談がありますよ!」

などと行動要請をしてくのです。

 

 

するとそこに興味を持った見込み客が
あなたの元に現れる仕組みができるのです。

 

 

そこであなたの提供している
商品・サービスの話をして
最終的に購入してもらうのです。

 

まとめ

以上の3つの原則をしっかり理解して
実践に落とし込むことができれば、
あなたも優良顧客とだけ会える
仕組みを作り出すことができます。

 

 

しかし、この戦略を一人で作るには
時間がかかりますし難しいです。

 

 

なので、しっかりコンサルタントをつけて
短時間で仕組み化していくようにしましょう。

 

 

期待値0の脈なし客とばかり
会っていては時間ばかりが失われてしまいます。

 

 

営業に使う時間と労力を最小限にして
大きな利益を得るような仕組みを
作るようにしていきましょう。

 

 

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました!

友だち追加

コメントを残す