コーチ・コンサルに陥りやすい知識の集め方

クライアントさんと第一回目のコンサルを
する時に思うことがあります。

 

それは、クライアントさんほとんどが
知識が散らかった状態だということです。

 

ただ知っているだけの状態で
商品・サービスを販売したり
コンサルをしたりしているのです。

 

これを「カオス」と言います。

 

頭の中で知識が
散在している状態です。

 

これだとお客様の悩みに対して
すぐに問題解決をすることが
難しくなってしまいます。

 

たとえば、
お客様が信頼関係の獲得
困っているとします。

 

そこで私の出して上げられる知識は
「ラポール構築の3ステップ」です。

 

過去から話して、現在の話をして・・・

 

というように知識がしっかり
体系化されているのです。

 

これをノウハウ」と言います。

 

つまり、
散らかった知識=カオス
体系化された知識=ノウハウ
ということですね。

 

ではどのようにすれば
知識を体系化させることが
できるのでしょうか?

 

それは「マインドマップ」
を書けばいいのです。

 

マインドマップとは、
このようなものです。

紙などにこのような形で
知識を体系化させることが重要です。

 

そして、これを完成させたら
毎日これを見てください。

 

すると自然と頭の中に知識が
整理整頓されていって
最終的にアウトプットできるまでになります。

 

ちなみに、アプリを使いたいのであれば、
「mind node」とApp Storeで検索して
みてください。

 

2000〜3000円くらいで
販売しておりますので
ぜひ購入をおすすめいたします。

 

こアプリはあなたが
今後ビジネスをしてく上で
一生使っていくものになります。

 

一生のうちの3000円だったら
安いものですよ!

 

すぐに知識を体系化させて
「専門性」を出せるコーチ・コンサル
になっていきましょう。

 

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。