集客をマスターするたった1つのコツとは

集客 コツ

SNSやブログを活用しているのに何でなかなか集客ができないのか・・・

コンサルなどを受けてやるべきことをやっているのになかなか思うように集客ができない・・・

今は昔と違って情報洪水の時代だから、集客ができないことは仕方がないことなのか・・・

 

上記のセリフは普段私がコンサルや商談をしていてよくきくコーチ・コンサル・セラピストなどが抱える悩みです。

 

周りと一緒のことをやっているのに自分だけ集客ができていなかったりすると本当にショックを受けますよね。

 

そこで今回はそんな悩みを払拭ための「集客のコツ」についてお伝えしようと思います。

 

なのでぜひ最後までしっかり読んでいただければと思います。

集客に必要な3ステップをマスターせよ

集客 コツ

あなたは今集客をするのにどのような媒体を使っていますか?

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、アメブロ、LINE@、メルマガ・・・

 

などなど様々な集客媒体があります。

 

しかしあなたはそれらの媒体を正しく使えていますか?

 

「え、どういうこと!?」

 

実は集客に苦戦しているほとんどの人たちはそれぞれの集客媒体を正しく使えていないケースが多いのです。

 

たとえば、野球のイチロー選手に今から「サッカーやったほうが良いよ!」なんて誰も言いませんよね。

 

ゴルフのタイガーウッズ選手に「バトミントン始めた方が良いよ!」なんて誰も言わないですよね。

 

このように選手一人一人には得意な分野(スポーツ)があるわけです。

 

これは集客も全く一緒なんです。

 

つまり、それぞれの集客媒体にはそれぞれの得意な分野があるのです。

 

では今からあなたの持っている集客媒体が一体どこの分野で活躍することができるのかをしっかり解説して行こうと思います。

集客力を最大化する3つの顧客タイプ

 

その前にあなたは3つの顧客タイプを理解しなければなりません。

 

3つの顧客タイプとは順番に、潜在顧客、興味客、見込み客です。

 

集客 コツ

このようにお客様にあなたのことを知ってもらってから、購入してもらうまでには上記のようなステップを踏んでいかなければなりません。

 

この逆三角形のモデルを「ファネル」と言います。

 

しかし、この言葉を覚える必要は全くありません。

 

集客をマスターするにはこの概念をしっかり理解しておかなければならいということを理解してください。

 

では次にこの上記3つの顧客にどのような媒体でどのようなアプローチをすれば良いのかをこれから解説していこうと思います。

集客のコツ1:潜在顧客にアプローチせよ

集客 コツ

潜在顧客とは、まだあなたのことを知らない顧客のことです。

 

ではあなたのことを知らない顧客に対してどのようにアプローチをしていけば良いのでしょうか?

 

そこで重要なのが拡散機能のあるSNSやブログ、YouTubeです。

 

フェイスブックであれば「いいね」をたくさん押してもらうことにより、あなたのターゲットになるかもしれない様々な顧客にアプローチをすることができます。

 

さらに、ワードプレスによるブログやYouTubeはSEOにとても強い媒体です。

 

つまり、記事を書いたり動画を正しいやり方で投稿すればするほど、誰かがGoogleやyahoo!でキーワードを検索した時にあなたの記事を上位表示させてくれたりするのです。

 

しかし、もちろんSEOをあげるにはそれなりの忍耐が必要です。

 

筋トレと一緒で、一回ジムに行ったからってすぐにムキムキになるわけではありません。

 

だからコツコツ媒体を育てて行く必要がありますね。

 

しかし、一度SEOで1位になることができればたちまちあなたの売上を倍速でUPさせることができる非常に威力の高い集客媒体になりますので今のうちから始めておくことをオススメします。

集客のコツ2:興味顧客を教育せよ

集客 コツ

フェイスブックなどで集客をするといっても、それでセミナーや個別説明会に誘導してはいけません。

 

なぜなら、フェイスブックの目的なあくまでも「知ってもらうこと」だからです。

 

つまり、セミナーや個別説明会に誘導する目的ではないのです。

 

この段階で誘導をしてしまうとせっかくあなたのことを認知した顧客に売り込み感持たれてしまいます。

 

これはかなりもったいないことですね。

 

そこで次にやることは潜在顧客を次のフェーズに連れて行くことです。

 

そこで使う媒体がメルマガ・LINE@です。

 

ここではあなたのことを知った顧客を教育していく必要があります。

 

「私の販売する商品があなたにとって必要なんですよ!」と言うことを教育するのです。

 

ダイエット関係のビジネスで教育をするのであれば、

「わざわざ食事を抜かなくても大丈夫ですよ!」

「ダイエットの方法は9つの栄養素をとるだけです!」

「そもそもダイエットをする目的を紙に書き出しましょう!」

などなどの方法であなたの知識を伝授していきましょう。

 

でもノウハウって出しすぎないほうが良いのでは?

 

そんなことありません。

 

これはほとんどのビジネスマンが勘違いしていることですが、ノウハウはどんどん出して大丈夫です。

 

知識とは得れば得るほどわからないことが増えていくのです。

 

「ダイエットには9つの栄養素が必要なんですよ!」と言われてもその具体的な分量などはわかりませんよね?

 

このように顧客を知識を得れば得るほどより知識を欲するようになり、最終的にはわからないことだらけになるのです。

 

そして、さらに興味顧客のフェーズではこまめに情報発信することを忘れないでください。

 

ザイアンス効果という心理効果をあなたは知っていますか?

 

これは接触回数を増やせば増やすほど、人はあなたに対して好意を持つという心理テクニックです。

 

最初に会った時よりも、2回目3回目の方がより好意が持てるようになれませんか?

 

これはウェブ上でも全く一緒です。

 

こまめに情報を発信することで、お客様とのタッチポイント(接触回数)をどんどん作って行きましょう。

集客のコツ3:見込み顧客に情報を伝えよ

集客 コツ

ここまで行けば早速、メルマガやLINE@であなたのセミナーや個別説明会に誘導していきましょう。

 

今まであなたは様々な情報で興味顧客を教育してきました。

 

さらに接触回数を増やすことで顧客から「好意」を得ることができるようになりました。

 

そうしたらあとは、「行動要請」をするだけです。

 

「近々セミナーやります!」

「近々個別説明会を開催します!」

などしてあなたの商品・サービスを披露できる機会を作るのです。

 

人は行動要請されないと動きません。

 

どんなに「会いたい、会いたい」と思っていても人は動くきっかけを与えられないと動こうとしません。

 

これはちょうど親に夏休みの宿題を強要されないと動かない小学生と一緒です。

 

だから、絶対に行動要請を入れるようにしましょう。

まとめ

以上で集客のコツは全てになりますが、もしも今あなたが集客に苦戦しているのであれば、きっと本日お伝えしたテーマが大きな理由となっているかと思います。

 

今あなたが持っている集客媒体を今一度見直して、本日お伝えしたステップに並び替えてみてください。

 

すると「今は使わなくても良い媒体」や「絶対に今後使うべき媒体」が抽出されてくるはずです。

 

ここで重要なのは「不要な集客媒体は切り捨てる」ということです。

 

なんでもかんでも運用すれば良いということではありません。

 

しっかり1つの媒体を集中的に運用するからこそ、見込み客を集めることが出来る立派な集客媒体となるのです。

 

そして、その運用になれてきたり終了したら次の媒体の構築に務めましょう。

 

そうしないとどれも中途半端になって終わってしまいます。

 

この記事を読んでくれたあなたの今後のご活躍を心より応援しております^ ^

 

集客の方法をもっと知りたいという方はぜひこちらの5ステップオンラインセミナーの方にご参加いただければと思います。

友だち追加

コメントを残す