説得力をUPさせる営業トーク術

もっと自分のトークに説得力を持たせたいなんてことありませんか?

説得力とは、「自分の意見や主張を相手に受け入れてもらうこと」です。つまり会話での説得力を高いめることができれば契約率を上げることもできるわけです。

そこで今回は説得力をUPさせるための営業トーク術についてお伝えしていこうと思います!

アンチクライマックス法とクライマックス法

アンチクライマックス法
要点を最初に持っていく話し方

結論→説明

クライマックス法
要点を最後に持っていく話し方

説明→結論

これら2つの方法は1942年アメリカの心理学者ハロルド・スポンバーグの論文によって提唱されたものです。

これら2つの話し方を使い分けられるようになると、顧客に好感を持ってもらいながら、会話に興味を持ってもらい話を聞いてもらうことができるようになるのです。

アンチクライマックス法

アンチクライマックス法は、ビジネスの場では非常に効果的に使われるトーク術です。

これは前述した通り『結論→説明』という順番で話をする方法です。

人間は基本的に相手の話をそんなに長く聞いていることはできません。最初のうちは集中力があるのですが、話が長くなるほどその集中力は減退して行きます。

つまりアンチクライマックス法で最初に結論を伝えることで、後の説明に関してはそこまで集中しなくても良いと言う状態を作って上げることが重要なポイントなのです。

クライマックス法

クライマックス法は、相手があなたの話に興味を持っている場合に使われることが多いです。

これは前述した通り『説明→結論』という順番で話をする方法です。

クライマックス法は、推理小説などに使われることが多く、最後に犯人が暴かれることが多いです。しかしこれが最初に犯人が分かっているものだとものすごくつまらない作品になってしまいます。

ビジネスでは非常に使い難く、出番はそう多くありませんが使いようによっては大きなインパクトを与えることができる話し方なのでこちらも随時使えるようになることをおすすめいたします。

まとめ

以上でアンチクライマックス法と、クライマックス法の解説は終わります。

これらの使い方をまとめると

  • 相手が興味を持っていない時=アンチクライマックス法
  • 相手が興味を持っている時=クライマックス法

と言う形でまずは使ってみてください。

特にアンチクライマックス法は覚えておいて損がないトーク術ですので、すぐにでも習得することをおすすめいたします。

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます!

集客を自動化するための完全無料のメールマガジンを特別配信中!!
  1. 契約に影響を与える4つの要因
  2. 即決で契約を獲得するための5ステップ
  3. 集客を自動化するための具体的な行動
  4. 集客を改善する2原則
  5. 集客の9割を決めるコンセプト作成術
これら5つの内容を完全無料の動画配信することにしました。 さらに50万円相当の追加特典を用意しました!! 「顧客を自由自在に誘導する黒い営業戦略」をプレゼントいたします。