コッソリ商品を購入させる営業のコツ

強引に売り込みをしないと、契約は獲得できないなんて思っていませんか?

これは営業を始めたての方であれば、非常に勘違いしやすい考え方です。

このような考え方をしているとあなたの営業生命を短くするだけになります。

なぜなら、毎回の商談がストレスになって、さらに商品も売れないという負のスパイラルに陥ってしまうからです。

そこで今回は決して無理をすることなく、商品・サービスが自然と売れてしまう営業術についてお伝えしていこうと思います。

『抽象化説得』でコッソリ契約を獲得

抽象化説得とは、あなたの商品(具体的)を抽象化させることで大きな納得をさせる営業手法です。

たとえばあなたが顧客である女性にインテリアを販売するとします。

そこで女性に対して「このインテリアは〜〜で〜〜なところが特徴的で・・・」なんて営業をしてしまうと顧客から「うわ〜売り込み始まったよ・・・」と呆れられてしまいます。

しかし少しアプローチ方法を変えるだけで全く違った営業になるのです。

そのアプローチ方法とは、「女性はいつになっても、キラキラしたものを身に付けたいですよね!」というように商品を売るのではなく、その商品が叶える未来で合意を取り付けるのです。

インテリアという具体的なモノを売るのではなく、それが顧客にもたらす未来を売るのです。

男性に月額制スポーツジムを販売する

ほとんどのスポーツジムでは「弊社のスポーツジムでは〜〜」というように具体的なカリキュラムなどを伝えます。

しかし売れる営業は違います。

「もうすぐ夏ですし、ムキムキまではいかなくてもカッコいい体を手にしたいですよね?」というようにスポーツジムがもたらす未来で合意を取り付けるのです。

そしてその答えが「はい」だったら、「そのようにお答えいただきありがとうございます。では実際に弊社のプログラムについてお伝えさせていただいてよろしいでしょうか?」というようにさらに合意を取り付けるのです。

まとめ

「商品を売るな!」なんてよく言われますが、これが商品を売らないという意味です。

具体的なモノを売る営業は顧客からすぐに突っぱねられてしまいます。しかし顧客が手にすることができる未来を売る営業は喜ばれて、最終的には感謝されるのです。

ぜひ今あなたが販売している商品を抽象化してみましょう!

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

集客を自動化するための完全無料のメールマガジンを特別配信中!!
  1. 契約に影響を与える4つの要因
  2. 即決で契約を獲得するための5ステップ
  3. 集客を自動化するための具体的な行動
  4. 集客を改善する2原則
  5. 集客の9割を決めるコンセプト作成術
これら5つの内容を完全無料の動画配信することにしました。 さらに50万円相当の追加特典を用意しました!! 「顧客を自由自在に誘導する黒い営業戦略」をプレゼントいたします。