早起きの科学

成功者の多くは早起きです。そして、成功者のほとんどが6時にはしっかりと起床して1日を充実したものにするのです。

しかしこれは脳科学的な視点から見てもかなり理にかなっていることです。

なぜなら脳のゴールデンタイムは、つまり1日の中で集中力・注意力が一番良い時は朝起きてからの2〜3時間だからです。

頭を働かせる仕事(ブログを書く、読書をするなど)などは朝に片ずけてあとは、あとは多少惰性でもできる仕事(書類整理、LINE返信、資料作成など)を行うことをおすすめします。

朝には15分かかる仕事が30分で終わり、夜には2時間かかるということも実験でわかっているのでぜひ意識していただければと思います。

では早起きをして朝の時間を効率的に使うための方法については動画の方でお伝えいたします。