LINE@・メルマガの教育とは?

※動画あり

“オオタニ”
本日は集客でよく使う「教育」についてお伝えしていきます

 

よく集客では「教育」という言葉が使われますが、あなたはそれをどのように捉えているでしょうか?

 

きっと色々な定義をする方がいると思うのですが、本日はその定義を明確にしていこうと思います。

 

メルマガ・LINE@に登録させる理由とは?

LINE@やメルマガの集客

「教育」の答えをお伝えする前に、少し遠回りをしてメルマガとLINE@を使う理由について考えていきましょう。

 

LINE@やメルマガに登録してもらう時って、以下のような流れで行うことが多いと思います。

SNS・ブログ・YouTube

LINE@orメルマガ(教育)

 

このようにLINE@やメルマガに登録してもらうことで、あなたorあなたの商品・サービスに興味がある人を選別することができるようになります

 

そこで後ほどお伝えする「教育」をかけることで、お客さまを次のフェーズに連れていくことができるようになるのです。

 

ではその次のフェーズとは一体何なのでしょうか?それはセミナー個別説明会です。

別の言い方をすると、あなたの商品・サービスをお披露目する機会です。

 

SNS・ブログ・YouTube

LINE@orメルマガ(教育)

セミナー

つまり、教育はあなたの商品・サービスをお披露目する機会(セミナーなど)に誘導するために行うものなのです。

 

LINE@やメルマガで発信するべき内容とは?

LINE@やメルマガの集客

ではここから徐々に「教育」の定義に迫っていこうと思います。

 

では次に問題になるのが、LINE@・メルマガに登録してくださっている興味のあるお客さまにどのような配信を行えば良いでしょうか?

 

ほとんどの人たちは動画ブログを使って教育をすると思うのですが、そこでの配信内容で意識するべきことって何なのでしょうか?

 

それは「痛み」「快楽」です。

たとえば、あなたがパーソナルトレーナーをしているのであれば、

「今ダイエットしないと一生その身体のまま地味な生活を送ることになってしまいますよ〜」(痛み)

「ダイエットをすることができれば、周辺の女性からの見られ方が180度変わり、自分に自信をつけることができるようになり仕事も頑張れるようになります!」(快楽)

 

このように「痛み」「快楽」を意識して情報配信をしていくようにしましょう!

 

なぜ「痛み」と「快楽」?

LINE@やメルマガの集客

もう「教育」の定義ができた頃でしょうか?ではそろそろ「教育」を定義していきましょう。

 

「教育」とは、「痛み」と「快楽」を与えることです。

 

あなたはジークムント・フロイト氏をご存知でしょうか?20世紀初頭に活躍した精神科医です。

彼は、人が動く理由は2つしかないといいます。それこそ「痛み」「快楽」なのです。

 

人は「痛み」を避けるためにまたは、「快楽」を求めるために行動するのです。

 

つまり、「教育」とは決してノウハウを出すことだけではないということですね。あなたのターゲットとなるお客さまの「痛み」と「快楽」を意識してそれを具体的に伝えることでお客さまなそれを解決しようとセミナーに誘導されるのです。

 

「痛み」を避けるために、「快楽」を求めるためにあなたのセミナーに参加するということですね。

 

もう一度お伝えします。「教育」とは「痛み」と「快楽」を与えることです!

 

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

LINE@やメルマガの集客