成功者が行なっている《あること》とは?

“オオタニ”
本日は成功者が行なっているあることについてお伝えしていこうと思います!

 

ちなみに、成功者が行なっているあることっていったいなんだと思いますか?

正解は「片付け」です。

 

成功者の部屋はいつも綺麗に片付いています。そこで今回は、なぜ成功者の部屋はいつも片付いていているのか?についてしっかり解説をしていこうと思います。

 

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

片付けをしなければならない理由とは?

片付けをしなければならない理由はたった1つです。

それは、意思力節約するため・・・・・・です。意志力とは、意思決定に必要な能力のことをさします。スタンフォード大学の教授をしているケリー・マクゴニカルは意志力を3つの能力に分けています。

「やる力」「やらない力」「望む力」です。

 

たとえば、頑張って読書をしようと思う時には「やる力」を使います。禁煙や禁酒をしようと思う時には「やらない力」を使います。そして、それらの動機付けとなるのが「望む力」です。

これらの力は普段の意思決定において非常に重要な力になるのですが、実はこの意思の力にはある弱点・・・・があります。それは筋肉のように疲労することです。

意志力は使えば使うほどその力は減少していき枯渇してしまうと、それ以上の意思の力を発揮することができなくなってしまい、誘惑に負けやすくなってしまうのです。

 

読書も頑張って、ブログも頑張って、商談も頑張ったあとは、「今日はもう何もしなくていいや・・・」という気分になってしまうのはそのためですね。

 

片付けと意志力の関係とは?

忘れてはならないのは本日のテーマはあくまでも「片付け」です。

次に、片付けをすることでそれが意志力にどのような影響を与えるのか?について解説していこうと思います。

 

誘惑が目に入らないようにできる

誘惑が目に入ってしまうと「やらない力」を使うことになります。

 

たとえば、

ブログを書いている時にふとテレビが目に入ったとします。そこであなたはどのようなことを考えるでしょうか?

「テレビ見たいなぁ〜、いやダメだ!今はブログを書いているんだ!」と意志力をすり減らしてしまうことになってしまうのです。

 

このように誘惑物が目に入っただけで、あなたの意志力は低下してしまうのです。

だから何かに集中している時は「携帯」「ゲーム機」「テレビ」などの誘惑物は処分するか、目に入らないところに収納しちゃいましょう!

 

意思決定を容易にする

自分が取るべき行動があらかじめ計画されていないと「やる力」を使うことになってしまいます。

 

たとえば、

何もやることがない時に「暇だから、本でも読もうかなぁ〜、でも面倒くださいなぁ〜、どうしようかなぁ〜」と悩んでいる時間ってありますよね?

この状態にある時にも意志力をすり減らしてしまっているのです。

 

だから事前に行う行動をあらかじめ計画しておく必要があるのです。たとえば、かの有名なスティーブ・ジョブスやマーク・ザッカーバーグはいつも着ている服が一緒ですよね?

これはあらかじめ着る服を決めておくことで、「どの服を着ようかな〜」という意思決定に使う力を節約しているのです。

彼らの意思決定には何億というお金を動かす力がありますので、それだけ意思決定に使う力を大切にしているということですね。

 

だから、普段毎日行う作業に関しては全てシステム化することをおすすめします

僕だったら、電車の中では読書をしていますし、帰宅したらヨガマットを取り出して筋トレをしますし、ウォーキングをしている時はオーディオブックを聴いて勉強しています。

これらは全て自分の行動をあらかじめ計画してコツコツ行動した結果、習慣化された行動になっているのです。つまり意思の力を使わない行動を取ることができるようになるのです。

 

目に見えない行動をいますぐに片付けましょう!

 

意志力を節約できると?

最後に意志力を節約できるとどのようなメリットがあるのか?についてお伝えします。

 

集中力を高めることができる

実は集中力を発揮するにもこの意志力を使うことが分かっています。

つまり、節約できた意志力を集中して読書をしたり、集中してブログを書いたり、集中して動画を編集したりする作業に回すことができるようになるのです。

すると仕事効率も一気にUPします。

 

新たな習慣を入れることができる

何か1つのことを習慣化させようと思う時、そこには意志力が必要になります。

たとえば、あなたがあまり好きではない読書を習慣化させたいと思っているとします。最初のうちは「今日も本を読むぞ!」と「やる力」を使って行動を起こすことになります。

 

つまり、余った意志力を習慣化させたい行動に使うことができるようになるのです。そして、この行動も繰り返し行なっているうちに意志力を使わない習慣の力で行うことができるようになります。

するとまた習慣化させたいと思っている行動を余った意志力で行うことができるようになるのです。

 

この繰り返しで、毎日しなければならない行動を意志力を使うことなく行うことができるようになるのです。

ちなみに、僕はこの方法で「読書」「ブログ」「動画」「筋トレ」「ウォーキング」「オーディオブック」を毎日の習慣にできています。

 

まとめ

片付けをする

意志力が節約できる

余った意志力で仕事効率化

 

僕たちが与えられた時間は24時間で平等であるにも関わらず、仕事やプライベートで差が生じてしまうのは片付けが原因だと言っても過言ではないかもしれませんね!

ぜひいますぐ片付けを行いましょう!