【プレゼン】資料作成の12ステップを大公開

“オオタニ”
今回のテーマはプレゼン資料の作り方です

 

ちなみに、プレゼンの資料で一番重要なことってなんだと思いますか?それは「順番」です。たとえばあなたがお客さまに商品を売り込む時に「弊社の商品は30万円なのですが、その内容は〜」というプレゼンの仕方をしたらどうなるでしょうか?

 

お客さまは「うわ、30万円かぁ〜、高いなぁ〜」と思ってあなたの商品説明を聞くことになります。つまり商品の本来の魅力を伝えきることができなくなってしまうのです。

 

したがってプレゼンでは「順番」が少なからず契約に影響しているということをしっかり認識しておく必要があるのです。

 

そこで今回は誰でもお客さまを感動させ、納得させるためのプレゼン資料作成の順番をお伝えしていこうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

プレゼンには心理学使う

ここでは「コントラストの原理」「資料に画像を入れる」ということに触れながら「なぜプレゼン資料に心理学が重要なのか?」ということをお伝えしていこうと思います。

 

1 コントラストの原理

コントラストの原理とは、「先に強い刺激を与えることで、後の刺激を弱いと感じる心理効果」です。

 

たとえばあなたが20キロの荷物を持つところを想像してみてください。①先に10キロの荷物を持った後②先に30キロの荷物を持った後、どちらの方が20キロの荷物を軽いと感じるでしょうか?

 

当然、②30キロの荷物を先に持った時ですよね?つまり営業で価格を発表する前は競合の価格(自社よりも高い)を伝えてから自社の商品を伝えるようにした方が、「安い!」と思ってもらえる可能性が高くなるのがわかりますか?

 

2 資料に画像を入れる

資料に画像を入れる理由は、「人は想像しやすいというだけで、対象物に対する好感度が上がる」ということがわかっているからです。

 

1つ例を出しましょう。社会心理学者のぺティア・ペトローヴァの研究によると、被験者に対してレストランでの食事や休暇旅行をしている姿を想像してもらいました。

 

するとその想像が簡単にできる場合、実際に行きたいという気持ちが強められるということがわかったのです。つまり画像を入れることで視覚的イメージを刺激して想像しやすくすることで契約率を上げることが可能となるのです。

 

プレゼン資料作成の12ステップ

1ステップ 問題提起

問題提起とは、「〇〇な問題ってありませんか?」というふうにお客さまに問題意識を持ってもらうことです。

 

たとえば「もうそろそろ夏ですが、夏は素敵なカラダで海に行きたくなりませんか?」というふうに伝えてお客さまから「確かに・・・」という感情を引き出すのです。

※参考資料

プレゼン資料の作り方

 

2ステップ 共感

問題提起でお客さまに問題意識を与えることに成功したら、次はその問題に対して「共感」を寄せる資料を作りましょう。

 

「確かにそういう問題ってありますよね・・・、分かります!」という感じです。先ほどのダイエットの例で考えるのであれば、「確かに夏までにダイエットをしようと思っていてもついつい先延ばしにしちゃいますよね・・・」のような感じです。

 

※参考資料

 

3ステップ 解決策

次に行うのは「解決策の提示」です。「この問題は〇〇をすれば解決しますよ!」ということを伝えるのです。

 

先ほどのダイエットを例にするのであれば、「しかしあることをするだけで急ピッチで体重を落とすことができるようになるのです!それがスクワットなんです!」という感じですつまり具体的な解決策を提示する資料を作成しましょう。

 

※参考資料

プレゼン資料の作り方

プレゼン資料の作り方

プレゼン資料の作り方

 

僕の資料はさらにここから「商品設計」を詳しく解説する資料、「集客の仕組み化」を詳しく説明する資料、「販売心理学」に関する資料を入れています。そちらも工夫して資料作成をしてみてください。

 

4ステップ サポート期間

先ほどの問題をどれくらいの期間で解決することができるのかを資料にしましょう。たとえば6ヶ月サポートだったら以下のように資料を作ってみましょう。

※参考資料

プレゼン資料の作り方

 

 

5ステップ サポート内容

サポート内容とは、「どのようにお客さまの問題解決をするのか?」という具体的なサポートのことです。こう言われてもよくわからないですよね?そこで以下に具体例をあげておきます。

 

  • 個別サポート
  • 集合研修サポート
  • グループコンサルサポート
  • オンラインサイトサポート
  • 会員限定のFacebookライブサポート
  • 教材の配布
  • 電話・LINEサポート

 

などなど他にもいくつかあると思いますが、ここで重要なのは「これだけのサポートしてくれるの!?」とお客さまに思わせることです。

 

サポート内容というのは、橋の強度を表します。木でできたスケスケのもろい橋を渡ろうと思いませんよね?しかし石でできた頑丈な橋だったら渡ろうと思いますよね?

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
プレゼン資料の作り方

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?