人生を最大化させるための【片付け】の科学

“オオタニ”
本日は「片付け」についてお伝えします

 

はぁ?大谷はセールスのコンサルタントなのに、なんで「片付け」の話なんてするんだよ!?

このように思われたのではないでしょうか?しかし、ビジネスで成功を手にするには今回お伝えする「片付け」というのは非常に重要なスキルになります。

 

そこで今回はなぜ片付けがビジネスで成功するのに重要なコトなのか!?ということについてお伝えしていこうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

片付け=人生の最大化

「部屋がキレイな人」と「部屋が散らかっている人」では全く違った人生を歩むことになります。

 

部屋が散らかっている人は、いつも落ち着きがなく「〇〇どこだっけ〜〜」と必要なものを取り出すのに無駄な行動ばかりをしています。

一方、

部屋がキレイな人は、いつも落ち着いていて、どこに何が収納されているのかを理解していて、無意識のうちに必要なものをを取り出すことがでます。

 

つまり、「部屋が散らかっている人」と「部屋がキレイな人」では、時間認知資源の面で大きな差が生まれてくるのです。

 

時間

部屋がキレイな人は、時間の節約ができています。残念ながら、僕たちに与えられた時間は多くても100年であり、失った時間は一生かけても取り返すことができません。

 

その掛け替えのない時間を、「あれどこだったっけ〜〜」という時間に費やしても良いのでしょうか?

 

これをビジネスの面でお伝えするのであれば、

例えば、あなたのライバルは部屋が片付いていて、必要なものを一瞬で取り出すことができます。一方、あなたの部屋は散らかっていて、必要なものをすぐに取り出すことができずに毎回時間を無駄にしてしまいます。

 

この場合ライバルとあなたでは、どちらの方が自分のビジネスに使える時間が増えると思いますか?

当然、ライバル!になるわけです。

 

片付けができていると、ビジネスに使う時間やプライベートに使う時間に多くの時間を注ぎ込むことができるようになるのです。

 

片付けとは、この有限なる時間を守るための最強の手段と言ってもといでしょう。

 

認知資源

認知資源とは、意志力のようなもので、「集中力」「記憶力」「判断力」「計算力」「論理推論力」などの人間がいつも使っている資源のことです。

 

認知資源は、起床時に100%で、使えば使うほどこれらの認知資源は低下していきます。

 

この認知資源は非常に重要なもので、あまりにも無駄なところに使いすぎると、大事な場面で集中できなくなったり、覚えなければならないものを記憶できなかったりしてしまいます

 

たとえば、Appleのスティーブ・ジョブス氏やFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏は認知資源を節約するために毎日決まった服装を着ています。なぜなら、「服を選ぶ」ということに無駄な決断をしたくないからです。

 

服を選ぶということに認知資源を使うのであれば、もっと重要な経営判断や新しい戦略などに認知資源を投下した方がよりビジネスを大きくすることができるようになります。

 

認知資源が消耗する3つの要因

認知資源が消耗する要因は大きく分けて3つです。

  • 努力(頑張る)
  • 選択(決断)
  • 悩み(ネガティブな感情)

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?