一度覚えたら忘れないアウトプット術

“オオタニ”
あなたは覚えるのが得意な方ですか?

 

「何度見返しても覚えられない」ということってよくありますよね?

実はこの悩みのほとんどの原因は「アウトプット不足」にあります。

 

つまり、本をメチャメチャ読み込んだとしても、それを取り出す作業をしないと記憶に定着させることはできないということです。

 

そこで今回はあなたもアウトプット上手になるための、スキルを徹底解説していこうと思います!

 

インプットしたことをしっかりブログ会話セミナーなどで自信満々に出せるようにしましょう!

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

記憶のメカニズム

アウトプット

記憶には大きく分けて3ステップ存在します。

記名(インプット)

保持(思い出せる)

想起(アウトプット)

 

記名とは、インプットのことです。たとえば、本・ブログ・YouTubeで学んでいる段階のことです。当然のことながら記名をしていない段階ではその情報をアウトプットすることはできません。

 

保持とは、見たり、聞いたりしたことがある情報を、ある程度頭の中で再現できる状態です。

たとえば、一度読んだ本を読み返した時に、ある程度内容を理解しているために熟読しなくても内容が頭の中で再現できます。この保持の段階ではまだその記憶をアウトプットすることはできません。あくまでも「見たことある、聞いたことある!」という状態になります。

 

想起とは、アウトプットのことです。これは本で読んだ内容を「書く・話す」という形で情報を出すことです。基本的にはSNS、ブログ、YouTube、セミナー、会話などで想起を行います。

 

長期記憶に定着させるには?

記名(インプット)

保持(思い出せる)

想起(アウトプット)

 

この3ステップについて先ほどお伝えしましたが、あなたは記憶を定着させるのにどのステップが一番重要だと思いますか?

 

答えは、「想起」です。つまりアウトプットです。ある情報を記憶に定着させたいと思う時にそれをどれだけアウトプットするかでその結果が違ってくるのです。

 

インプット3:アウトプット7

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ氏がある面白い実験を行いました。

 

小学3年生〜中学2年生100名を対象にした実験で、彼らに「紳士録」に書かれた人物のプロフィールを9分間で覚えてもらい暗唱してもらうというものです。

 

しかし、覚えてもらう際に、被験者を別々のグループに分けて「覚える時間」と「練習する時間」の割合に差をつけさせました。たとえば、以下のような感じです。

  • 覚える時間70%:練習する時間30% のグループ
  • 覚える時間50%:練習する時間50% のグループ
  • 覚える時間40%:練習する時間60% のグループ

 

結果、一番良い成績を出したのは

覚える時間40%:練習する時間60% のグループでした。

 

しかし、覚える割合は年長になるにつれて、少なくて済むようになるということも分かりました。年長になると

覚える時間30%:練習する時間:70% で良いということも分かったのです。

 

アウトプットのメリットとは?

アウトプット

先ほどの内容も含めてアウトプットには大きく分けて、3つのメリットが存在します。

  1. 記憶の定着
  2. ブランディングができる
  3. トークスキルが上がる

 

①に関しては先ほどしっかりお伝えしましたので、ここからは②、③についてお伝えしていきます。

 

ブランディングができる

SNS、ブログ、YouTubeなどで情報を定期的に発信していくと、最終的にあなたのファンを作ることができるようになります。

 

今どの媒体でも情報発信をしていないのであれば、まずはSNSから始めることをオススメします。SNSでは一言投稿などかなりカジュアルに情報を発信できるからです。

 

どの媒体にせよ情報発信を継続すると、長期的にでもあなたにファンができます。彼らファンはあなたの見込顧客となり最終的にあなたの商品・サービスを購入してくれるようになるかもしれません。

 

つまり、情報を発信するということは「あなた」という「ブランド」を作り上げるのに大変重要な要素となるのです。ネット社会であり、情報過多の時代だからこそ積極的に情報発信を行うことを深く推奨します。

 

トークスキルが上がる

書いたり、話したりする時に必要になるのが、「伝え方」です。

 

たとえば、あるものごとを説明する時に、専門用語たっぷりの説明では相手は理解してはくれないでしょう。しかしそれを小学校6年生にで理解できるような具体例を使ったりして、説明すれば相手も理解できるようになります。

 

このように書いたり、話したりする時には相手のことを配慮して様々な工夫をこらすことが重要になのです。

 

もしもあなたがブログを書いて、読者から「分かりにくいです」というコメント(フィードバック)があったとします。あなたはそのコメントを真摯に受け止め、改善を繰り返すことでブログのコメントが「いつも分かりやすいブログありがとうございます!」に変わります。

 

このようにして、読者からのフィードバックをもらうことで改善を繰り返し、書くこと、話すことに磨きがかかるのです。それはトークスキルの向上に大いに関係していると言えるでしょう。

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
アウトプット

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?