【ストーリーテリング】が効果的な理由とそのコツとは?

“オオタニ”
本日のテーマはストーリーテリングです

 

ストーリーテリングとは、伝えたいメッセージを物語に乗せることで、メッセージを強化し行動を促進させるための手法です。

 

たとえば、主婦であるあなたが旦那さんに「掃除して!」と伝えるよりも、それを何かしらのストーリーに乗せて伝えた方が旦那さんが掃除をする確率が大きくなります。

 

これだけ言われてもしっくり来ないですよね?ここから先で詳しく解説していこうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

ストーリーテリングが効果的な理由①支配しやすい

ストーリーテリング

あなたは漫画やアニメはお好きでしょうか?

 

ワンピース、ナルト、北斗の拳など全てにはストーリーがあります。ファンはそのストーリーに喜び、悲しみ、涙したりします。

 

つまり、ストーリーは僕たちの感情を刺激するのです。だからこそ毎週のようにテレビでアニメをみて、漫画を購入するのです。

 

ストーリーはそういう意味では一種のエンターテイナーなのです。この世の中にストーリーが無かったらこの世はなんと平坦で、退屈なものになっていたことか・・・

 

感情を支配する脳とは?

ここでは先ほどのストーリーとは打って変わって、脳の話をしていこうと思います。

 

人間には異なる自己が存在します。それは『感情的な自己』と『理性的な自己』です。

 

『感情的な自己』は目の前のケーキを発見したら、それをすかさず食べようとします。一方、『理性的な自己』は「今あなたはダイエットしているんでしょ!食べてはいけません!」とあなたに理性的な決断を下します。

 

つまり、僕たちの中では常に『感情的な自己』VS『理性的な自己』という戦いが繰り広げられているということなのです。

 

どちらの決定権の方が強い?

ではここで問題になってくるのが、『感情的な自己』と『理性的な自己』ではどちらの方がその決定権を握っているのかということです。

 

ここでは潜在意識と顕在意識の話をしていこうと思います。潜在意識とは、『感情的な自己』であり、顕在意識とは、『理性的な自己』のことを示します。

 

僕たちの行動は潜在意識に93%、顕在意識に7%影響を受けていると言われています。

 

分かりやすくいうと潜在意識が社長で、顕在意識が平社員です。どちらの方が決定権があるのかは明白ですよね?

 

だから、「ダイエットをしよう!」(平社員)と考えていても、「ちょっとくらい食べてもいっか!」(社長)と考えてしまうことを考えるとわかりやすいと思います。

 

つまり、「ダイエットをしよう!」と考えていても決定権が大きい潜在意識によって、その夢は押しつぶされてしまうのです。

 

ストーリーテリングは潜在意識に影響を与える

前半にストーリーテリングは相手の感情に影響を与えるということをお伝えしました。ここまで話をしっかり整理できているあなたならもうお分かりでしょう。

 

そうです!

ストーリーテリングは決定権が93%もある、潜在意識に対して影響を与えるのです。

 

相手にどうしても取って欲しいアクションがあるのであれば、それをストーリーに乗せることで決定権の大きい脳(潜在意識)を支配することができるようになるのです。

 

ストーリーテリング(物語の力)によって、潜在意識である社長を説得する切符を手にすることができるのです。

 

データや理屈だけでは、顕在意識である平社員を説得することしかできないので、「あとで社長に伝えておきます」と言われて終わりということです。

 

ストーリーテリングが効果的な理由②即時性がある

ストーリーテリング

ストーリーテリングが最強と言われているもう1つの理由は、その場で受け取らせることができるということです。

 

「どういうこと?」って感じですよね。簡単に解説していきます。

 

商品は購入しないと手にすることができないですよね?しかし、感情は購入しなかったとしても、その場で手にすることができるということです。

 

なんとなくわかりますかね?

ここからまた脳と絡めてその謎を解き明かしていこうと思います。

 

これは現実?それとも想像?

人間の脳は「現実」「想像」を区別することができないという性質を持っています。

 

たとえば、梅干しのことを思い出すだけでヨダレが出たり、昔の彼氏(彼女)を思い出すだけでドキドキしたりします。これは想像したことが自律神経を伝って反応(現実化)しているのです。

 

つまり、ストーリーテリングを使って、想像をかきたたせることで、あたかもそれが現実に起こっているように思わせることができるのです。

 

想像しやすいものには好意的になる

人は想像しやすいものに対して好意を抱くという心理があります。これを利用可能性ヒューリスティクスといいます。

 

だから、ストーリーテリングによって想像させて、好意を抱かせることでそのストーリーによるあなたのメッセージに対しても好意的になります。

 

つまり、あなたのメッセージをより受け取ってくれやすくなるのです

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
ストーリーテリング

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?