仕事効率UP!脳を使った仕事術

“オオタニ”
今回のテーマはです!

 

脳をコントロールすることは、自分をコントロールすることを意味します。

 

たとえば

集中したい時に集中できるようになったり、記憶したいものを効率的に記憶できるようになったり、習慣化させたいことを習慣化させることができるようになったりすることができるようになるのです。

 

これらのことを意図的にコントロールできるようになったら、ビジネスでの成功も夢ではないと思いませんか?

 

そこで今回は「あなた」「あなた」をコントロールするための、神経伝達物質(脳内物質)について詳しくお伝えして、それを仕事で応用するためのコツについてお伝えしていこうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

神経伝達物質(脳内物質)とは?

神経伝達物質(脳内物質)とは、ある刺激に対して、脳内に分泌されるものです。

この脳内物質により僕たちは反応を起こします。

 

たとえば

お腹が空いている時に、目の前にケーキを出されたら(刺激)「食べたい!」(反応)と思いますよね?これは後ほどお伝えするドーパミン(脳内物質)という脳内物質によるものです。

 

つまり

刺激→脳内物質→反応 という順番です。

 

ではこれ以降では、3つの脳内物質である

  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン
  • セロトニン

について詳しく解説していこうと思います!

 

ドーパミン

ドーパミンとは、注意力・集中力・やる気を高めてくれる脳内物質です。

 

たとえば

ダイエット中に目の前にケーキを出されたら、このドーパミンが分泌され、ケーキを食べたくてしかたがなくなります。

 

他にも

自分の携帯を見た瞬間にドーパミンが分泌され、Facebookを開き『いいね数』をすぐに確認したくなってしまいます。

 

つまり

ドーパミンは快楽を手に入れるために頑張るという脳内物質です。別の言い方をするのであれば、報酬を期待させる効果があるということです。

 

ドーパミンを仕事に応用する

ドーパミンは何かを習慣化させたいものに対して、利用できます。

 

たとえば

毎日読書をしたい、毎日筋トレを習慣化したい、毎日ブログを書くなどですね。ビジネスマンのほとんどがこれらを習慣化できずに日々苦しんでいます。

 

ではどのようにすれば上記のようなことを習慣化できるのでしょうか?

 

それは「報酬を設定する」ということです。

 

たとえば、ブログを書いたらYouTubeの動画が1本みれる、筋トレをしたらAmazonプライムの映画が1本みれるのような感じで目標達成した時、自分への報酬を決めましょう。

 

実際に僕は習慣化するまでに下記のようなことに報酬を与えていました。

  • 読書→YouTube1本
  • ウォーキング→YouTube1本
  • 筋トレ→YouTube1本
  • YouTube動画撮影→アマゾン動画1本

 

このように報酬をあらかじめセッティングしておくことで、その報酬を得るために頑張ろうとします。習慣化したいことがありましたら、ぜひこのような報酬ノートをつけるようにしていただければと思います。

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?