アドラー心理学②〜劣等感を利用せよ〜

let's share
“オオタニ”
本日はアドラー心理学についてお伝えしていきます!

 

アドラー心理学は創始者のアルフレッド・アドラーの名前を取ってできたものであり、幸福・自由・対人関係などの様々なテーマを扱った心理学になります。

 

その中で今回は「劣等感」についてお伝えしていこうと思います。

ちなみに僕も昔は劣等感を持っていました。それは163センチの身長です。日本人の男性平均身長は170センチなので、それよりも低いということにものすごく劣等感を感じていました。

 

しかし今ではその劣等感も克服して、前向きに生きています。

そこで今回はなぜ劣等感が生まれてしまうのか? どのように劣等感を克服していくのか?ということについてしっかり解説していこうと思います。

 

なぜ人間は劣等感を抱くのか?

アドラー心理学

アドラーは「全ての悩みは対人関係の悩みである」ということを基本原理としています。劣等感もその例がではありません。

 

つまり

人間が劣等感を抱く理由はズバリ、対人関係で傷つかないようにするためです。

 

目的論的に考えると、「自分を好きにならない」という目的が先にあり、そのために「自分の長所に注目せず、短所だけに注目している」ということになります。

自分のことを嫌いになることで、対人関係の中に踏み出さなくて住むようになるからですね。

 

赤面症の女学生

ではここで赤面症に苦しむ女学生を例にして、さらに劣等感についての理解を深めていくことにしましょう。

 

ある赤面症に苦しむ女学生がました。彼女は赤面症のせいで好きな男性に告白できないと言うのです。彼女は「赤面症さえなければ、彼に告白できるのに!」と苦しんでいるのです。

 

しかし、これって本当にそうなんでしょうか?

 

これをアドラーの見方、つまり目的論の立場で見るのであれば、「告白しない」という目的が先にあり、そのために「赤面症という症状をこしらえている」と捉えます。

 

もしも告白して振られてしまったら自尊心が傷つきかなりのショックを受けてしまいます。そんなショックを受けるくらいならいっそのこと告白しなかれば良いと考えているのです。そのために赤面症という症状を作り出し言い訳にしているということです。

 

つまり、劣等感を言い訳にして、対人関係で傷つかないようにしているということですね。

 

劣等感はただの思い込み?

アドラー心理学

ここで劣等性れっとうせい「劣等感」について解説していこうと思います。

 

劣等性とは、
実際に何かが欠けていたり、足りないというような客観的な事実です。

たとえば、生まれつき視力が悪かったり、心臓が弱かったりなどです。

 

劣等感とは、
ただの思い込みであり、自分で変容可能な主観的な解釈です。

たとえば、身長が低いことや、顔がカッコ良くない可愛くないなどです。

 

163センチは劣等性?劣等感?

僕の身長は163センチです。中学・高校・大学さらには社会人になってからもずっとこの身長が嫌で仕方がありませんでした。

 

僕はこの身長を理由に「女性にモテない・・・」とずっと思っていたのです。つまりこの身長を劣等性だと勘違いしていたのです。

 

しかしこのようなビジネスの仕事をしていると周りのビジネスパートナーから「大谷はその身長だから相談しやすいし、親みやすいんだよ」と言われた時に「はっ!」と思ったのです。

 

一見マイナスだと思うこの163センチの身長も、別の角度から見れば立派な長所となりうるということを知ったのです。悪い言い方をすればただの勘違いですが、僕はそこに主観的な価値を与えたのです。

 

それと同時に僕がなぜ今まで身長を気にしていたのかも理解できました。それは「対人関係で傷つくことをことさらに恐れていたから」です。

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
let's share
アドラー心理学