共通点発見の科学

let's share
“オオタニ”
本日のテーマは共通点の発見です!

 

ラポール(信頼)形成において、相手と共通点を見つけることの重要性を理解している人は非常に多いように思います。それはどこのビジネス書やコミュニケーション本でもその重要性に触れていることがほとんどです。

 

しかし、共通点を発見することのメリットに気づいている人は本当に少ないように思います。そこで今回は共通点がいかにラポール形成に重要なスキルなのか?さらに、そのコツについて詳しく解説をして行こうと思います!

 

早くラポールを形成できる?

ラポール形成

共通点によるラポール形成には、他のスキルと違うある特徴があります。それは即効性です。

 

よくこんなことありませんか?相手の音楽の趣味がたまたま自分のと一緒で、「え!実は私もジャズが好きなんです!」なんてこと。

 

この瞬間に相手とあなたにはラポールという橋が形成されます。つまり共通点を見つけることができると時間をかけることなく・・・・・・・・・・、一瞬でラポールを形成することができるようになるのです。

 

さらに、この共通点は普段人と共有されないものであればあるほどその絆は深くなります

たとえば、「男性なのにも関わらず、ジャニーズが大好き!」「20代なのにも関わらず、演歌が大好き!」など普段多くの人と共有できていない共通点を発見することで深いラポール形成をすることができるようになるのです。

 

“オオタニ”
休日は普段何をされているんですか?
お客さま
まだ20代なんですが、よく演歌のコンサートに行っています
“オオタニ”
え!実は僕も演歌大好きなんです!
お客さま
え!大谷さんもですか!?(好意レベルUP)

 

共通点の発見は難しくない?

ラポール形成

共通点を発見することが難しいという人がたまにいます。もちろん、100%合致した共通点を探すことはかなり難しいように思います

 

たとえば、ジャニーズの中でもKinKi Kidsが好きな人もいれば、Hey!Say!JUMPが好きな人もいます。これらの要素を100%合わせようとすると共通点を発見することはほとんどできないように思います。

 

そこで簡単に共通点を発見するコツについてお伝えします。それは共通点を抽象化するということです。たとえば、先ほどのジャニーズを例に出すのであれば、KinKi Kidsが好きでも、Hey!Say!JUMPが好きでもお互いジャニーズ好きという共通点を持っているのです。

 

つまり、KinKi Kids・Hey!Say!JUMPという具体をジャニーズという抽象に置き換えることで無理やり共通点にしてしまうのです。「え、これで大丈夫なんですか?」という質問がくるのですが、全く問題はありません。

 

なぜなら、「ジャニーズの魅力」「ジャニーズあるある」などについて語ることはできるからです。具体でも共通点ではなく、抽象での共通点を意識して探すようにすれば、そこまで苦戦することもなくなるのです。

 

“オオタニ”
普段どんな音楽を聴かれるんですか?
お客さま
実は男性にしては珍しく、Hey!Say!JUMPが大好きなんですよ
“オオタニ”
え!僕もジャニーズ大好きなんです!
お客さま
え、本当ですか!ジャニーズだと誰が好きなんですか?
“オオタニ”
ちょっと古いんですが、KinKi Kidsが大好きなんですよ!

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
let's share
ラポール形成