努力ゼロの【習慣化の科学】

let's share
“オオタニ”
本日は習慣化についてお伝えします!

 

習慣化はどんなことにおいても非常に重要なスキルになります。たとえば、ダイエットにせよ、勉強にせよ、集客にせよ、 これらは全て継続によってしか良い結果を得ることができません。

 

  • 1回食事を我慢したからって、体重を減らすことはできません
  • 1回読書をしたからって、大きな知識を得ることはできません
  • 1回facebookを投稿したからって、見込み顧客を集めることはできません

 

継続できた先に、良い結果を得ることができるのであって、継続できなければ、悪い結果となり、それがあなたを苦しめることになるのです。

 

そこで今回はあなたが悪い結果ではなく、良い結果を得られるようにするための、努力ゼロでできる習慣化のコツについてお伝えしていこうと思います。

 

習慣化の力とは?

習慣化

習慣化とは、いわば努力ゼロの行動のことです。

たとえば、あなたは朝起きたら歯磨きをすると思うのですが、それの行動って努力していますか?きっと朝起きたら自然と洗面台に向かい、歯ブラシに歯磨き粉を付けて、歯をゴシゴシ磨いているはずです。

 

つまり、習慣化させることで努力をすることなく、その行動を行うことができるようになるのです。もしもブログやSNS、運動、ダイエットこれらを歯磨きレベルで行うことができれば必ず目標達成できますよね?

 

「意志力」には限界がある?

習慣化

毎日やらなければならないことを、努力・やる気で行なっている人がいますが、これだと最終的に「飽きた〜」「面倒くせ〜」などと言って継続をストップさせる結果となってしまいます。

 

なぜなら、僕たちの「意志力」には限界があるからです。スタンフォード大学教授のケリー・マクゴニカルは「意志力」をやる力・やらない力・望む力というふうに定義しています。

 

たとえば、読書を毎日する(やる力)、禁煙をする(やらない力)、親孝行をするために〜(望む力)などの行動に「意志力」が必要になるのです。

 

この「意志力」は朝から夜にかけて使えば使うほど消耗していきます。つまり、毎日毎日「よし!読書をするぞ!」「よし!ウォーキングをするぞ!」「よし!ブログを書くぞ!」なんてやっていると意志力がどんどん消耗して行ってしまうのです。

 

だからせっかく「今日は絶対にブログを書くぞ!」と意気込んでいても、仕事が忙しくてその間に意志力を使い込んでいたら「今日は面倒臭いから、ブログは明日にしよ・・・」となってしまうわけですね。

 

このように、意志力に頼る行動には限りがありますし、その行動が達成される保証はどこにもないのです。

 

「意志力」の実験

アメリカの社会心理学者で、「意志力」の提唱者であるロイ・バウマイスター氏は意志力が消耗することを裏ずける実験を行いました。

 

被験者であるお腹を空かせた大学生に、クッキー・チョコレート・ラディッシュ(ニンジン)が乗ったお皿を見せます。そこで被験者である学生を2つのグループに分けてそれぞれに異なる指示をします。

  1. 「クッキーとチョコレートを食べても良い」と指示
  2. 「ディッシュしか食べてはいけない!」と指示

 

その後、学生たちに解けないパズルを解かせるのですが、それぞれの学生がどれくらいパズルを説き続けたのか?ということについて調べたのです。

 

結果は①の被験者は20分パズルを解き続けたのに対して、②の被験者は8分で諦めたのです。

 

つまり、②の被験者は「やらない力」(チョコレート・クッキーを我慢するぞ!)を使いすぎたために、パズルを解くための集中力が消耗してしまっていたのです。

「意志力」の消耗により、集中力などにも影響を与えるということが分かった面白い実験でしたね。

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
let's share
習慣化