【コミュニケーション力UP】の科学

let's share
“オオタニ”
本日はコミュニケーションのコツについてお伝えします!

 

営業でやビジネスで非常に重要になるのが、相手に「この人と話していると心地よい」と感じてもらうことです。

あなたというフィルターがに好意を持つから、あなたの営業する商品・サービスにも好意を持ってくれるようになるのです。

逆に「この人と話していると疲れる」と思われてしまうと、あなたの持っている商品・サービスに対してもネガティブな感情を抱くようになってしまうのです。

 

あなたにも経験ありませんか??

 

このように相手に対するコミュニケーションの仕方で、商品・サービスの契約率に大きな差が生まれてしまうのです。

逆にコミュニケーション力を鍛えるだけで、簡単に商品・サービスを購入してもらえるようになるし、強引に商品・サービスの売り込みをする必要が一切なくなるのです。

 

コミュニケーション上手な人の特徴とは?

コミュニケーション

あなたの周りにコミュニケーション上手な人はいますか?きっと1名くらいは思い浮かぶと思うのですが、その特徴を考えてみてください。




では正解を発表しようと思います。

コミュニケーション上手な人の特徴は、「質問の数が多い」のです。

 

2017年のハーバード大学で、お見合いパーティーに参加する110名の男女を対象にした研究では、質問の多い人は次にデートへの移行率が1、5倍になることが分かりました。

 

では次になぜ質問の数だけで、デートへの移行率が上がるのか?について、別の論文でご紹介しようと思います。

 

なぜ質問が重要なのか?

コミュニケーション

ではここからは質問の重要性についてお伝えしていきます。

しかしとは言うものの実は、「質問」それ自体が良いわけではなく、質問をすることで相手におしゃべりをさせることが重要なのです。

 

結論からお伝えすると人間の脳は、話をしている時は「快」話を聞いている時は「苦痛」となります。

 

話すことがもたらす快楽とは?

ここでまた別のハーバード大学の実験をご紹介していこうと思います。

研究者は被験者の頭に脳をスキャンできる装置を取り付けて、200回近くの質問をしました。しかしその質問は3種類に別れています。

  • 自分に関する質問
  • 他人に対する質問
  • 雑学に関する質問

 

被験者はその3種類の質問を選んで答えることができるのですが、ここである仕掛けを入れます。それは先ほどの3つの質問にそれぞれ金額を付けて、被験者は答えた質問に付けられた金額をもらうことができるようにしたのです。

 

たとえば、

質問1

  • 自分に関する質問 100円
  • 他人に対する質問 150円
  • 雑学に関する質問 200円

 

質問2

  • 自分に関する質問 200円
  • 他人に対する質問 100円
  • 雑学に関する質問 150円

 

このような質問を200問永遠にしていきます。

これを見て分かる通り、ほとんどの人は一番高い金額選んでそれに答えて、多くの金額を得ようとするはずですよね?

 

しかし結果は驚くべきものでした。

被験者がもらった金額は本来もらえるはずの金額よりも平均して17%も低い金額しかもらっていなかったのです。

たとえば、全て高い質問に答えれば、10,000円もらえるところを8,300円しかもらっていなかったということですね。

 

つまり??

 

「自分のことについて話す」ことは、「お金」を超越することもあるくらいの快楽であるということが分かったのです。

 

そして、人が自分の話をしている時の脳を調べたのですが、自分の話をしている時は脳の中の側坐核というところが震えます。すると「快楽物質」と言われているドーパミンが脳内に分泌されるということが分かったのです。

つまり、「話すこと」は脳科学的に見ても「快」になるということになりますね

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
let's share
コミュニケーション