努力ゼロの目標達成術

let's share
“オオタニ”
本日は目標達成についてお伝えしていこうと思いあます!

 

あなたは努力をすれば能力は変えられると思っていますか?

これは非常に重要な質問になります。

 

なぜなら、能力と目標達成は密接に関係しているからです。

たとえば、走るのが速い子供陸上選手を目指したり、数学が得意な人エンジニアを目指したりと自分の持っている能力に応じてその目標を決めるのです。

 

つまり

能力を「向上させることが出来る!」「変えることが出来る!」と思っている人はそれだけ大きな目標を持ちそれを達成できるようになるということになるのです。

 

決定論者と成長論者

ではここで能力を高めることが出来る人と能力を高めることができない2種類の人たちをご紹介していこうと思います。

それが「決定論者」と「成長論者」です。

 

決定論者とは、全ての物事を原因と結果で見る傾向にあり、能力主義になります。そして、失敗=無能の証明 という考え方をしているためにチャレンジに対して消極的です。

 

成長論者とは、全ての物事を変容可能だと思う傾向にあり、努力主義になります。そして、失敗=成長できる機会 という考え方をしているために積極的にチャレンジをしようとします。

 

もちろんこれを見ても分かる通り、あなたには成長論者になっていただき、人生の課題に積極的にチャレンジをし続けてもらいたいと思っています。

 

決定論者は成長しない?

先ほどもお伝えしました通り決定論者はチャレンジを拒む傾向にあるために、成長できないことが多いです。さらに言うと、せっかく成長の機会が訪れたとしてもそのチャンスを掴むことができません。

 

心理学者のジェニファー・ビアはある面白い研究を行いました。

心理テストによって「内気」と診断された被験者を対象に行われた研究で、彼らに初対面の人と話をしてもらいその様子をビデオに録画するというものです。

被験者は初対面の相手を2人の中から選ぶことができるのですが、1人は社交的で、魅力的な性格の人で、もう1人は被験者よりもさらに内気な性格の人です。

 

つまり、

社交的で魅力的な相手を選んだ被験者は、対人関係のスキルを学ぶことができるようになりますが、社交的な相手と自分の対比がはっきりビデオに録画されることが予想されます。

自分よりも内気な相手を選んだ被験者は、対人関係のスキルを学ぶことはできませんが、ビデオに自分の醜態を録画されることはなくなると言うことですね。

 

この研究の結果

「努力すれば性格を変えられる」と信じていた被験者は、社交的な相手を選ぶ傾向にあり、「努力しても性格は変わらない」と信じていた被験者は、自分よりも内気な相手を選ぶ傾向にあるということが分かりました。

努力しても性格を変えられないと信じていた被験者は、せっかく目の前に成長のチャンスが到来したとしてもそれを避けて通るということですね。

 

知能は遺伝では決まらない?

よく自分の頭の悪いさを元々の知能のせいにする人がいますが、これは決定論者によくありがちな言い訳です。これは自分が今後努力することから逃げているに過ぎません。

 

スタンフォード大学 心理学者キャロル・ドゥエックがある研究を行いました。

ニューヨークの公立学校の7年生を対象にした研究で、彼らに8週間、週に30分、脳の生理学的な機能やその発達の仕組みを教える授業を行いました。

そして、学生を2つのグループに分けました。

  1. 「努力によって知能は変えられる」ということを強調された学生
  2. 知能は高められるという点を強調されなかった学生

 

その後、1年を通じて数学の成績を記録したのです。

その結果、②の成績は低下したのですが、これは7年生には一般的な傾向なようです。一方、①の成績は向上していることが分かりました。

 

つまり、努力によって知能が高められると信じていることが成長する上での鍵になるということですね

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
let's share