こんな人間は切ってしまえ!

“オオタニ”
本日は人脈整理のコツについてお伝えしていこうと思います!

あなたに害を与える人脈エネルギーを与えてくれる人脈がいると思うのですが、その差がなんだか分かりますか?

 

それはあなたに対してネガティブな言葉がけをしてくれるか、ポジティブな言葉がけをしてくれるかの違いです。

どちらの人脈を切るべきかはもうお分かりですね??

そうです、ネガティブな言葉がけをしてくる人脈です。

 

ネガティブな言葉がけをしてくる人は、あなたの目標達成を妨げたりストレスを与えたりすることがあります。

そこで今回はネガティブな人脈がなぜあなたにそれだけ大きな害を与えてくるのかを科学的に解説していこうと思います。

 

ディスってくる人は切れ!

カナダ ウォータールー大学では、18~21歳の「自分の体重に問題がある」と感じている女性を対象に、家族や友人、恋人に自分の体重に対してどのような反応をされたのかを5ヶ月間追跡調査をしました。

そして、さらに3ヶ月後彼女たちの体重の変化を調査したのです。

すると、ポジティブな言葉がけをされた女性たちは、体重が0.5キロ減少していたのに対して、ネガティブな言葉がけをされた女性たちは、体重が2キロ増加していたことが分かったのです。

ちなみに、ポジティブな言葉がけとは、「今のままで大丈夫なんじゃない?」「健康に問題がないのであれば、大丈夫でしょ?」のようなもので、ネガティブあ言葉がけとは、「意志が弱いから太るんだよ」「太りすぎでしょう」のようなものでした。

 

ではなぜこのような現象が起きたのでしょうか?

 

それは、ディスられることにより、ストレスを抱えるからです。ストレスを抱えることで人間はそれを解消しようとします。だから、そのストレス解消のためにさらに食べてしまうのです。

ストレス→食べる→増量 という方程式が出来上がるのです。

 

ポジティブな言葉がけをする仲間を作る

ポジティブな言葉がけネガティブな言葉がけには1つ大きな違いがあります。それは、信頼です。

 

相手のことを信頼していれば、自然とポジティブな言葉がけになるはずです。たとえば、先ほどのダイエットを例にしても、「僕が言わなくても、いつかダイエットを始めるだろう」と。

一方、

相手のことを信頼できずにいると「あいつは俺が言わないと、絶対にダイエットをしない!」とついついネガティブな言葉がけで口出しをしてしまいます。

 

つまり、あなたのことを一方的に甘やかすような人脈を残すようにするのではなく、信頼を寄せてくれて、口出しをしない人たちを仲間にしていくべきなのです

 

ポジティブなフィードバックをもらう

人間の脳は自分の周りで起こったことを即時的にフィードバックしようとする性質があります

たとえば、太っている両親の元で育ったの子供は太る可能性が往々にして高くなりますし、自己コントロール力が低い人とずっと一緒にいると自分の自己コントロール能力が低くなるということも研究で分かっています。

 

つまり、ポジティブな言葉がけをされるとそのフィードバックが起こり、ネガティブな言葉がけをされると、ネガティブあフィードバックが起こるようになるのです。

それゆえ、ポジティブな言葉がけをしてくれる人たちを周りに置くようにしていきましょう!

 

まとめ

あなたのことをディスってくる人脈を急いで切り捨てて、ポジティブな言葉がけをしてくれる人たちを作るようにしていきましょう。

あなたの付き合う人脈によってあなたの運命がある程度決まってしまうのは非常に恐ろしいことですね。

自分のスキルを高めながらも、周りの人脈にも十分に気を配るようにしていきましょう!

 

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン