記憶力を最大化させる勉強法

let's share
“オオタニ”
今回は、勉強時間を圧縮して、しっかり記憶定着させる勉強法についてお伝えしていきます!

 

昨今では、科学の進歩に伴い僕たちが当たり前のように行う勉強法のほとんどが間違ったものばかりだということが分かってきています。

たとえば、「本を読む時はマーカーを引く」「忘れる前にもう一度覚え直す」「テキストを何度も見返す」などなど今挙げたもの以外にも間違った勉強法はたくさん存在します。

そこで今回は、科学的に根拠のある、記憶定着にふさわしい勉強法についてお伝えしていこうと思います!

 

記憶の3ステップ

記憶にはレベルが存在します。それが下記の3つのレベルになります。

  1. 記名
  2. 保持
  3. 想起

ではこれら3つのレベルを詳しく解説していこうと思います。

 

記名

記名とは、脳の中に情報をインプットする段階です。

たとえば、本を読む、動画をみる、セミナーを受ける などの基本的には受動的な動作になります。

 

保持

保持とは、脳の中に情報がインプットされている段階です。

たとえば、一度読んだ本を読み返した時に、「これは覚えてる〜」というように一度読んだ時よりも早く読むことができますよね?この状態です。

しかし、この保持の状態では、まだ正確にアウトプットすることができません。だから、他者に教える時にどこかぎこちなかったり、話が整理されていなかったりしてしまいます。

 

想起

想起とは、脳の中に入った情報をアウトプットをする段階です。つまり、脳に入った情報を思い出して、それを外部に伝えようとしている状態です。

実は、記憶定着にはこの想起が一番重要な工程になります。覚えたい単語・文章をどれだけ想起するのかで記憶定着できるかできないかが決まってくるのです。

だから、「え〜とあれ何だっけな〜〜」と情報を取り出そうとしている時が、一番効果的に記憶定着されようとしているのです。

 

ある心理学の研究では、テキストを再読したグループと、想起を何度も繰り返したグループで記憶定着に関する実験を行いました。すると、想起を何度も繰り返したグループの方が対照群よりも50〜70%も記憶定着されるということが分かりました。

 

記憶定着に必要な「想起テク」

もう記憶定着に「想起」が重要であるということは十分理解していただけたかと思います。

なので、次に「想起」をするためのテクニック(想起テク)についてお伝えしていこうと思います。

 

想起のif then プランを作る

if then プランとは、「もしも〜したら、〇〇する」という条件型計画のことです。これは94の学術論文によって導き出されたメタ分析なので、かなり信憑性が高いものになります。

きっとこのブログを読んでくれている人たちの中で、意識的に想起しようとしている人ってほとんどいないと思うのですが失礼ですか?笑

なので、「もしも〜したら、想起する!」という事前の計画を作るようにしておけば良いのです。

これを繰り返すことで、最初は意識的に行っていた想起も、やがては無意識に想起できるようになりますので、ぜひ想起のif then プランを作っていただければと思います。

 

想起のif thenプラン 例

僕の例で大変恐縮ではありますが、ぜひ参考にしていただければと思います。

  • 本の第1章を読み終えたら、本を閉じてその章の振り返りをする

 

これは本を読んでいる人であれば、誰でもできるのではないかと思います。

本を読んでいる時にただササッと読んでしまうのは非常にもったいないです。むしろササッと読んだ本ってほとんど記憶されていないことがほとんどです。

しかし、このように想起をしながら、読書を進めて行くとかなり記憶に定着されます。

 

本の振り返り方ですが、第1章を読み終えたら、本を閉じて頭の中で振り返るのも全く問題ありませんが、科学的に見るとそれを紙に書き起こすとさらに良い記憶定着になります。

これはマルチモーダルといって、色々な脳の部位を使いながら、インプット、アウトプットを行うと記憶定着に良いということは分かっています。

 

まとめ

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

記憶定着には「想起」が命ということを理解していただければ、このブログの価値は非常に大きかったのではないかと思います。

だから、記憶定着をさらに加速させたいのであれば、日常のどこに想起を入れることができるのかを意識しながら生活して行くと良いでしょう。

僕は「ブログ」「動画」「ライブ」など様々な場所に想起を入れているため、どんどん質の高い記憶定着が行われています。

だから、読んだ本の内容をアウトプットし合う「アウトプット会」を開くなどの工夫を自分なりに見つけてみていただければと思います。

 

let's share