頭が悪い人はこれをしている?

“オオタニ”
頭が悪い人にはある特徴があります

それはマルチタスキングをしているということです。

マルチタスキングとは、同時に複数の作業を行うことです。

 

たとえば、ブログを書きながら音楽を聴いたり、さらに読書をしている最中に携帯の着信音が鳴ってそれをチェックして、また読書に戻るということを繰り返すこともマルチタスキングに当たります。

このようなマルチタスキングが人間の脳にどのような影響を及ぼし、どのようなリスクがあるのでしょうか?そこで本日は、このマルチタスキングによるデメリットと解決策について詳しく解説をしていこうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

マルチタスキングの恐怖

ある研究では、マルチタスキングをすることで、作業効率が40%ダウンして、作業ミスが50、作業時間が50%増加することが分かっています。

またある研究では、マルチタスキングをすることはマリファナを吸引した時の2倍のに悪影響を与えるということも分かっています。

だから、僕もなるべく作業中はマルチタスキングにならないように意識的に気をつけるようにしています。

 

マルチタスクと学業成績の関係とは?

あるアメリカの研究では、265名の学生を対象に行った研究を行いました。彼らが行う15分の勉強時間を観察して、それが学業成績にどのような影響を与えるのかを調べました。

この実験でまず分かったことは、学生は15分の勉強時間のうち、5分間は勉強とは関係の無いことをしていたということです。

そして、さらに衝撃的なことが分かりました。それはこの5分間のうちにあることをしていた学生だけが学業成績が下がるという結果になったのです。

 

それはSNSです。

勉強中に音楽を聴いたり、途中で関係の無いウェブサイトを見ていた学生には学業成績との相関関係がなかったというのには驚きです。

中毒性のあるSNSを途中で始めることで、次に行う集中するべき作業に大きな影響を与えるということが分かったのです。

集中している時に、SNSをチェックしていなければ良いのですが・・・

 

マルチタスキングは短期記憶に悪影響を与える?

マルチタスキングは、人間の短期記憶を司る作業記憶(ワーキングメモリ)の容量を侵します。

このワーキングメモリは、作業テーブルのように例えられることが多いのですが、マルチタスキングをしていると、この作業テーブルの面積を少なからず埋めてしまうことになるのです。

つまり、情報を処理できる面積がすくなってしまうために、短期的な記憶力が落ちてしまうのです。

このワーキングメモリがマルチタスクによって侵されている場合、数字の計算や、会話、読み書きの能力が著しく落ちることになるので、ビジネスをしている僕たちにとっては死活問題となりますね。

 

マルチタスキングは集中力に影響を与える?

人間の脳はあるタスクを取り組む際に、すぐに集中できるようにはできていません。

たとえば、ブログを書き始めたとしても、1秒ですぐに集中力を発揮させることができるわけではなく、5分後に脳にドーパミンが分泌されて、集中できるようになるのです。

だから、簡単にいうと何かに取り組み始めてからの5分間は、集中力のアイドリングの時間と言い換えることができますね。

 

しかし、マルチタスキングで 読書→携帯→読書→携帯 と繰り返しているとアイドリングの時間が増えることになってしまい、結果集中できている時間はほんのわずかとなってしまうわけです。

たとえば、マルチタスキングで40分間読書をしているある男性がいたとします。しかし、彼は30間の間に1回1分のペースで5回も携帯電話を見てしまったとします。

結果、しっかり集中できてる時間は単純計算で10分です。笑
40分ー{(1分×5回)+(5分×5回)}=10分

 

ポモドーロ・テクニックとは?

ではこのマルチタススキングをしないためにはどうすれば良いのでしょうか?

それはシングルタスキングです。

 

シングルタスキングとは、1つの作業に集中する仕事術です。しかし1つのタスクに集中できないから困っているんですよね?

そこで僕がオススメしている仕事術がポモドーロ・テクニックなのです。これは25分間の集中と5分間の休憩を交互に取る仕事術です。

そして、その5分間はぼーっとするようにしています。このぼーっとしている時って実は脳が休んでいるのではなく、通常時の20倍もエネルギーを消しているのです。これをデフォルトモード・ネットワークといいます。

デフォルト・モードネットワークは脳のアイドリング状態とも言われており、記憶の整理やヒラメキに必要な時間なので、ぜひ休憩中はボーッとすることをオススメします。

 

まとめ

頭を良くするためには

マルチタスキングシングルタスキング にすることだということですね。きっと今までシングルタスキングで仕事をしてしまっていた人が多かったのではないでしょうか?

しかし、マルチタスキングで仕事を行うことのリスクや恐怖について今回の記事でしっかり理解していただけたかと思います。

今日から仕事はシングルタスキングで行うようにしましょうね!

有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン