読書の科学

let's share
“オオタニ”
本日は読書術についてお伝えしていこうと思います!

このブログでは、簡単に!素早く!本が読めるようにするための基礎となる読書術についてお伝えしていきます。つまり、速読が出来るようになるためのコツをお伝えします。

 

速読のテクニックに騙されるな!

速読はテクニックさえ磨くことができれば、誰でも出来るようになる という考えを持った人たちが非常に多いように思います。

しかし、これはかなり間違った考えになります。なぜなら、基礎知識がない状態で速読をしようとしても、本全体のメッセージを捉えることは不可能だからです。

僕は今では速読出来るようになっていますが、実は速読を誰かから教えを受けた訳ではありません。同じテーマの本を何度も読んでいるうちに速読が出来るようになっただけです。

たとえば、習慣化というテーマについて知りたいと思った時に、僕が最初に触れた本は「小さな習慣」Byスティーブン・ガイズ だったのです。そして、この本を何度も読み返して、さらに別の本にも触れて行きました。

このように基礎知識を入れた後に、同じテーマの本を読むからこそ、速読が出来るようになったのです。

 

基礎知識って速読に本当に重要なの?

基礎知識を仕入れて、何度も同じテーマの本と触れ続けることで、確実に速読は出来るようになっていきます。ではなぜ基礎知識が必要になるのかについてお伝えしていこうと思います。

全ての物事は「抽象」と「具体」で構成されているからです。「抽象」とは、結論であり、メッセージのことをさします。一方、「具体」とは、抽象を補強するため、分かりやすくするためのものです。

 

では少しここで「抽象」と「具体」について解説をしていこうと思います。たとえば、僕があなたに返報性の原理について説明をする時に、このような説明をしたとします。

返報性の原理とは、人は何かを与えられたら、そのお返しをしなければならないと思う心理効果です。

 

これでも分かる人はいるかもしれませんが、少し説得力に欠けたり、人によっては分からないこともあります。では次にこのように説明してみてはどうでしょうか?

返報性の原理とは、人は何かを与えられたら、そのお返しをしなければならないと思う心理効果です。(抽象)

たとえば、バレンタインデーに女子からチョコをもらったとします。するとホワイトデーにそのお返しをしないといけないと義務のようなものを背負いませんか?これが返報性の原理です。(具体)

「抽象」と「具体」はこのような関係で成り立っています。

 

本に書いてある「抽象」はほぼ一緒!?

基礎知識を入れることがなぜ重要かと言うとそれは、1つのテーマの抽象はほぼ一緒だからです。たとえば、僕は意志力について様々な本を読んで学んできましたが、正直どの本も「結論」、つまり「抽象」は一緒です。

どの本も「意志力を使わずに、行動出来るようにしましょう!」とか「意志力の保有量を増やしましょう!」などです。このように1つのテーマの「抽象」を捉えることができれば、同じテーマの別の本を読むことはお茶の子さいさいとなるのです。

 

「良い本」と「悪い本」の違いは?

しかし、本にもそれぞれ色がありますよね?「Aという本は良かった!」「Bという本は最悪だった!」など。それは一体何で決まるのでしょうか?それは「具体」が影響しています。

分かりにくい「抽象」をいかに分かりやすい「具体」説明しているのか?というところが非常に大きなポイントとなるのです。

 

「抽象」1割:「具体」9割 の法則

基本的にどの本もそうですが、結論となる「抽象」の部分は本全体の10%にもなりません。一方、それを説明する「具体」は本全体の90%になります。

では速読をしている人たちはどのように本を読み進めているのでしょうか?

それは「抽象」をすっ飛ばして、自分が興味のある「具体」の部分だけを読んでいるのです。つまり、そもそも中身を全て読んでいる訳ではないというわけです。

僕は企業研修やコンサルや営業で、抽象的なテーマを分かりやすく説明するために具体例を読むことに注力しています。たとえば、論文独自の例え話偉人のセリフなどに注目しながら本を読み進めています。

 

基礎知識を得る本の選び方

ここまでくれば、もう基礎知識の重要性に気づいてくれた人は多いと思うのですが、いかがでしょうか?

次にお伝えするのは、基礎知識を得るための本の選び方を3つお伝えしていこうと思います。最初に難しい本を読み進めると、挫折してしまいますので、分かりやすく質の高い本の選び方についてお伝えしていきます。

 

ポイント1:日本人が書いた本

先ほど「抽象」と「具体」の話をしましたが、日本の本と海外の本で大きく違うのは、「具体」が分かりやすいかどうかです。

日本の本と比べて海外の本では「具体」が馴染みの無いものになっていることが多いです。文化的背景や常識、考え方など日本人では理解できない要素がところどころ出現します。

なので、たとえばあなたが「習慣化」について学びたいと思っているのであれば、日本人が書いた簡単な習慣化に関する本を読むようにしましょう。

 

ポイント2:アマゾンレビューを見る

アマゾンでお買い物をしたことがある人は理解出来ると思うのですが、アマゾンには商品を購入する際に、その商品を以前買った人たちのレビューや評価が見れるようになっています。

なので、アマゾンレビューと評価を見てみて、星の数が多ければそれは大衆に受け入れられているケースが多いので、それを選ぶことをオススメします。

まだお金がなかった時代は、本を1冊買うのにそれなりのリスクがありましたので、、慎重に本を選びたいという方、または時間を無駄にしたくないという方には非常にオススメです。

チャンネル登録はこちらをクリック!
↓↓↓

 

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
let's share