一緒にいるべき人の特徴【ベスト3】

あなたは普段どのような人たちと一緒にいますか?

たとえば、元気な人や頑張る人、コミュ障の人、遅刻の多い人、自分勝手な人・・・色々な性格や特徴を持った人がこの世の中にはいます。

ビジネスでの成功は付き合う人で変わると言いますが、これは科学的にも証明されており目標や自制心、ストレスなどは他者に伝染するということが分かっています。

つまりサボりぐせのあるような人と常に一緒にいると、あなたもあらゆることに対してサボるようになるし、小さな目標を掲げている人と常に一緒にいると、あなたの目標も小さくなるのです。

このように付き合う人に寄って良い意味でも悪い意味でもあなたは大きな影響を受けてしまいます。そこで今回はこんな人と一緒にいると成功できますよ!という特徴ベスト3をお伝えしていこうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

ベスト3

第3位:怒りを使わない人

アドラー心理学では、「怒りとは出し入れ可能な道具である」と表現しています。これはどういうことかというと、人間は怒るか?怒らないか?を選択できるということを意味します。

たとえば、母親が娘に対して大きな声で怒鳴り声をあげて叱っているとします。そこに自宅の固定電話が鳴り、母親が受話器をとると電話の相手は娘の学校の先生でした。

すると母親の怒りは一瞬のうちに静まり、学校の先生と5分ほど話し始めます。電話が終わると、改めて娘に対して怒鳴り声をあげるのです。。。

つまり、怒りという感情によって抗えなくなり大声をあげたのではなく、大声を上げるという目的を達成するために怒りという感情を使ったわけですね。だって本当に怒りに抗えないのであれば、先生と電話する時に瞬時に怒りを引っ込めることなんてできないはずなので。笑

 

怒りを使う理由は?

ではなぜ僕たちは怒りを使ってしまうのでしょうか?それは怒りには伝えたいことを瞬時に届けることができる力があるからです。つまり、即効性があるわけですね。たとえば、サッカーコーチなどは選手に対して試合中に大声をあげて怒っているイメージがるあると思うのですが、これは選手に対して瞬時に伝えたいことを届けるためです。

コーチがコートにいる選手たちに言語でいちいち解決しようとしたら、良くないプレーを選手がする度に、コーチがコートに入るか、選手をベンチに呼び出さなければなりません。つまり、怒りとは即効性のあるコミュニケーション手段なのです。

 

怒りを使う人の特徴は?

では怒りを使う人の特徴についてお伝えしていこうと思います。怒りを頻繁に使う人の特徴としては「自己コントロール能力が低い」という特徴があります。自己コントロール能力とは、自制心のことをさします。つまり、怒りを使う人はそれを抑えるための自己コントロール能力が低いわけですね。

もっと詳しく解説すると、言語というコミュニケーションで解決しようとせずに、怒りというコミュニケーションで安直に解決しようとしているのです。言語でのコミュニケーションはお互いが合意に到るまでにそれなりの時間を費やす必要があります。しかし、費やすコストの割に、大きな成果を上げることが困難なわけです。

そこで登場するのが、怒りです。怒りを使うことで安直な形で相手を屈服させ、合意を取り付けようとするのです。つまり、言語で解決することを諦めた人たちが取る末路こそが怒りなのです。

 

ビジネスで怒りの感情を使い、言語での合意を取り付けることができない人と一緒にいるべきでしょうか?言語での解決にすぐに降参する人がビジネスで活躍することができるでしょうか?

自己コントロール力はあらゆる場面で重要になる能力です。毎日ウォーキングをしたり、禁煙をしたり、怒りを抑えたりするために非常に重要な能力です。怒りをすぐに取り出す自己コントロール力が低い人はビジネスにおいても自己コントロール力を発揮することが難しいとわざるを得ないですよね・・・

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?