意志力を節約するルール化戦略

let's share

あなたは普段の行動や思考にルールを設けていますか?

きっと意識的にルール化をしている訳ではないにしても、無意識にルール化していることはあるのではないでしょうか?たとえば、朝起きたら歯を磨く、電車に乗っている時はYouTubeの動画を視聴する、会社に到着したらタバコを吸うなどですね。

このように僕たちは日々を特定のルールの中で行動・思考しています。これを習慣化といいます。

そして、この習慣化された行動にはあるメリット・・・・・・が存在します。それは意志力を節約できるということです。意志力とは、何かの意思決定をする時に使う力のことをさします。たとえば、読書をしよう!ブログを書こう!禁煙をしよう!今日はどの服にしよう?などに脳の前頭葉はエネルギーを使うのです。

しかし、この意志力は使えば使うほど消耗していきますし、何よりもそこまでの体力ゲージがありせん。なので、1日の中で多くの意思決定をしてしまうと夕方になる頃には枯渇してしまいます。するとその後は仕事に身が入らなくなってしまったり誘惑に負けやすくなってしまうのです。

ではどのようにすれば意志力の消耗を最小限にできるのでしょうか?

そこで重要になるのが習慣化なのです!日々したい行動・思考を全てルール化して意思決定が必要ない無意識の力で行動・思考することができれば良いわけですね。

⑴ルールを決める→⑵一瞬で意思決定ができるようになる→⑶意志力の消耗を防ぐことができる という3段論法ですね。

そこで今回はあなたの意志力の消耗を最小限にするために必要な5つのルール化戦略についてお伝えしていこうと思います。僕が日々実際に使っているルールもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

意志力を節約する5つのルール

2択ルール

2択ルールとは、意思決定に境界線を作る方法です。つまり、イエスとノーの境界線を作るのです。

たとえば、僕はたまに飲みに誘われることがあるのですが、誘われた飲みに行くか?行かないか?をある境界線を基に判断しています。それは勉強になるかどうか?です。つまり、その人と飲みに行くことで何か大きなアイディアや新しい知識を得ることができるかどうかです。

他にも、営業や集客などの相談がfacebookのメッセンジャーやYouTubeから来ることもありますが、これにもある境界線を設けています。それはクライアントであるかどうか?またはお金を払っているかどうか?です。基本的にお金を払ってくれている人にしか相談にお答えすることはしていません。

さらにさらに、ビジネスパートナーを組む時にもある境界線を設けています。それは勉強し続けているかどうか?です。読書をしたり、コンサルを受けていたり、ニュース系のアプリで情報を仕入れているかどうかでその人とパートナーを組むかどうかを決めています。

このように2択ルールを設けることで、意思決定に使う時間を最小限にできるだけではなく、お金・時間・労力の節約も一緒にすることができるようになるのです。

 

優先順位ルール

優先順位ルールとは、意思決定に優先順位を設けて、優先順位の高いものから意思決定していく方法です。

たとえば、僕には日々取り組むべきタスクがありますが、それらに優先順位を設けています。基本的に僕が毎日行っているタスクはコンサル・クライアントへの返信・動画・ブログ・ライブ配信 です。

上記のタスクは優先順位の高い順に表記していますが、もしもコンサル・クライアントへの返信・動画に時間を取られすぎてしまったら潔くブログとライブ配信は諦めます。このように優先順位の高いものから意思決定していくのです。

他にも、月〜金の23:00から行うfacebookライブ配信にも優先順位を付けています。僕のライブ配信は基本的に視聴者さんとのキャッチボールがメインになっているのですが、そこでの視聴者さんの質問に優先順位を付けています。

この順番で質問に答えるようにしています。個別コンサル生→オンラインサロン生→facebookの友達。お金を多く払ってくれている方たちの質問に優先的に答えるのは当たり前ですよね?このようにあらかじめ優先順にを付けておくと瞬時に質問に答えることができるようになるのです。

 

停止ルール

停止ルールとは、〇〇の条件を満たしたら、途中でも止めるというルールを設ける方法です。

たとえば、クロージングでお客様の反論を処理する時に、お客様がクレジットの枠が無く、毎月5万円の分割払いができない場合それ以上のクロージングするのは止めるようにしています。それ以上のクロージングをしても押し売りのようになってしまうためです。そういう時はお金の無いお客様が目の前に来てしまったマーケティングを見直すようにします。

他にも、facebookライブを始めた時もある停止ルールを設けていました。それは1ヶ月間やってオンラインサロン生が1人も入会しなかったら、それ以上facebookライブをしないというルールでした。結果、僕は1ヶ月で8名の方に入会していただけたので、今でも継続しています。

さらにさらに、僕は集中力を最大化させるために25分の仕事と約5分の休憩を交互に行っているのですが、その約5分の休憩ではYouTubeの動画を1本見ています。そしてそれが見終わったらすぐにまた仕事に取り掛かるようにしています。つまり、動画を1本見終わったら休憩終了というような形で仕事をしているわけですね。

 

ハウツールール

ハウツールールとは、ある行動や思考をどのようにやるのか?という具体的な形でルール化することです。

たとえば、僕は話をする時ブログを書く時に、結論→具体→結論(アンチクライマックス法)という順番で説明をするようにしています。理由としては、結論から先に伝えないと相手の脳が余計なエネルギーを消耗してしまうからです。

しかし、メッセージを強調したい場合などは質問→具体→結論(クライマックス法)という順番で説明するようにしています。理由としては質問で相手にこちらの世界に入ってもらい結論を最後に持っていく方がメッセージが強調されるからです。

このように相手に何かを伝えようとする時は基本的にこの2つの会話術を使うようにしています。普段何気なくしている会話にルールを設けることで会話中に迷子にならなくなったり、自分で整理しながら話ができるので、意思決定に使う時間を節約することができるようになるのです。

 

タイミングルール

タイミングルールとは、もしも〇〇したら、その時〜する」という条件型の計画です。これは別名if thenプランといいます。もっと詳しくいうと「いつ?」「どこで?」をトリガーにして意思決定する方法です。

たとえば、僕は電車の中に入ったら(どこで?)読書することをルールにしています。(電車→読書)

他にも、カフェに入ったら(どこで?)ブログを書くようにしています。(カフェ→ブログ)

さらにさらに、23:00になったら(いつ?)ライブ配信をしています。(23:00→ライブ配信)

初めて取り組むことには最初意志力を必要としますが、これを繰り返していくうちにだんだん習慣化されて行き、意志力を必要としない無意識の力で自動的な行動を取ることができるようになります。

注意としては一気にたくさんのことを習慣化させようとしないことです。なぜなら、意思決定の数が多くなるとそれだけ早く意志力が枯渇してしまいますので、結局「やっぱりやめた〜」と本末転倒な結末を迎えることになってしまうからです。

 

まとめ

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

マインドマップのダウンロードはこちら

  1. 2択ルール
  2. 優先順位ルール
  3. 停止ルール
  4. ハウツールール
  5. タイミングルール

以上5つのルールを使ってあなたの日々の意思決定を自動化するようにしましょう。すると意志力を節約できるようになります。

意志力がどれくらい節約できているかで日々のパフォーマンスに大きな影響を与えているということを忘れないように行動するようにしましょう!

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら