意志力を節約するルール化戦略

あなたは普段の行動や思考にルールを設けていますか?

きっと意識的にルール化をしている訳ではないにしても、無意識にルール化していることはあるのではないでしょうか?たとえば、朝起きたら歯を磨く、電車に乗っている時はYouTubeの動画を視聴する、会社に到着したらタバコを吸うなどですね。

このように僕たちは日々を特定のルールの中で行動・思考しています。これを習慣化といいます。

そして、この習慣化された行動にはあるメリット・・・・・・が存在します。それは意志力を節約できるということです。意志力とは、何かの意思決定をする時に使う力のことをさします。たとえば、読書をしよう!ブログを書こう!禁煙をしよう!今日はどの服にしよう?などに脳の前頭葉はエネルギーを使うのです。

しかし、この意志力は使えば使うほど消耗していきますし、何よりもそこまでの体力ゲージがありせん。なので、1日の中で多くの意思決定をしてしまうと夕方になる頃には枯渇してしまいます。するとその後は仕事に身が入らなくなってしまったり誘惑に負けやすくなってしまうのです。

ではどのようにすれば意志力の消耗を最小限にできるのでしょうか?

そこで重要になるのが習慣化なのです!日々したい行動・思考を全てルール化して意思決定が必要ない無意識の力で行動・思考することができれば良いわけですね。

⑴ルールを決める→⑵一瞬で意思決定ができるようになる→⑶意志力の消耗を防ぐことができる という3段論法ですね。

そこで今回はあなたの意志力の消耗を最小限にするために必要な5つのルール化戦略についてお伝えしていこうと思います。僕が日々実際に使っているルールもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。


【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

意志力を節約する5つのルール

2択ルール

2択ルールとは、意思決定に境界線を作る方法です。つまり、イエスとノーの境界線を作るのです。

たとえば、僕はたまに飲みに誘われることがあるのですが、誘われた飲みに行くか?行かないか?をある境界線を基に判断しています。それは勉強になるかどうか?です。つまり、その人と飲みに行くことで何か大きなアイディアや新しい知識を得ることができるかどうかです。

他にも、営業や集客などの相談がfacebookのメッセンジャーやYouTubeから来ることもありますが、これにもある境界線を設けています。それはクライアントであるかどうか?またはお金を払っているかどうか?です。基本的にお金を払ってくれている人にしか相談にお答えすることはしていません。

さらにさらに、ビジネスパートナーを組む時にもある境界線を設けています。それは勉強し続けているかどうか?です。読書をしたり、コンサルを受けていたり、ニュース系のアプリで情報を仕入れているかどうかでその人とパートナーを組むかどうかを決めています。

このように2択ルールを設けることで、意思決定に使う時間を最小限にできるだけではなく、お金・時間・労力の節約も一緒にすることができるようになるのです。

 

優先順位ルール

優先順位ルールとは、意思決定に優先順位を設けて、優先順位の高いものから意思決定していく方法です。

たとえば、僕には日々取り組むべきタスクがありますが、それらに優先順位を設けています。基本的に僕が毎日行っているタスクはコンサル・クライアントへの返信・動画・ブログ・ライブ配信 です。

上記のタスクは優先順位の高い順に表記していますが、もしもコンサル・クライアントへの返信・動画に時間を取られすぎてしまったら潔くブログとライブ配信は諦めます。このように優先順位の高いものから意思決定していくのです。

・・・・・続きはオンラインサロンをチェック!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

 

科学に基づく信頼関係構築のテクニックが全て学べる最強の1冊を1,980円で手に入れられる!

 

毎月ビジネス本1冊の値段で科学のセールス戦略が学べるオンラインサロンがついに開講!

あなたも『知』を愛するビジネスマンになりませんか?