悪い習慣を断ち切る【瞑想のコツ】を解説

“オオタニ”
本日はやっちゃいけないとは分かっているんだけど、ついついやってしまう悪い習慣を断ち切るための瞑想のコツについてお伝えします

ビジネスの成功は良い習慣にあり

ビジネスで成功するために非常に重要になるのが良い習慣です。

なぜなら日々の行動が大きな成果に繋がるからです。

たとえば「毎日読書をする!」「毎日ブログを書く!」「毎日動画を撮影する!」「毎日運動をする!」

これらの行動、習慣は将来的に大きな成果を手にするために絶対に切り離せない重要な要素になります。(ビジネスモデルにもよります)

 

しかしそうとは分かっていてもついつい目の前の快楽に溺れてしまうのが人間です。

たとえば「長時間ゲームをしてしまう・・・」「長時間スマホが手放せない・・・」「タバコがやめられない・・・」「ついつい食べ過ぎてしまう・・・」「怒りをコントロールできない・・・」

これは人間の脳の構造上仕方がないことですのでなんとも言えない部分がありますが・・・

 

ではこれらの悪い習慣を「まぁ仕方ないよね〜」なんて言って見過ごしたままで良いのでしょうか?

決してそんなことはありません。

なぜなら悪い習慣を送って行くと良い習慣を送るための時間も削られますし健康状態も悪化してしまうからです。

だから本気でビジネスの成功を目指すのであれば、悪い習慣良い習慣に変えていく必要があるのです。

 

悪い習慣を断ち切る瞑想

では悪い習慣を良い習慣に変えるための第一歩として、次に「悪い習慣を断ち切るための方法」についてお伝えします。

今回お伝えする方法は「マインドフルネス」です。

マインドフルネスとは瞑想めいそうというイメージを持つ人も多いですが、正確には「今現在に全意識を集中させること」をさします。(もちろん瞑想でも間違いではありません)

ちなみにマインドフルネスを科学的に証明した人物はマサチューセッツ工科大学医学部准教授ジャドソン・ブルワーです。

もしもマインドフルネスについて詳しく知りたいという方はこちらの本を参考にして見てください。

きっとこれを聞くと「スピリチュアル的でなんか気持ち悪い・・・」と感じてしまう人も多いと思います。(僕も最初そう思っていました。笑)

しかし昨今ではマインドフルネスが人間の脳に効果的があるということが数々の論文で分かってきています。

これ以降ではそんな科学的に根拠のある・・・・・・・・・『RAIN』というマインドフルネスについてお伝えして行こうと思います。

このRAINには衝動的な渇望感(グレーヴィング)たとえば「食べたい!」「タバコを吸いたい!」「殴りたい!」を和らげる効果があります

なので悪い習慣を断ち切るにはかなり効果的だと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

RAINとは?

RAINとはアメリカの有名な瞑想トレーナーであるタラ・ブラッシュが考案した方法で、

  • Recognize(認識)
  • Allow(許可)、Accept(受け入れ)
  • Investigate(調査)
  • Note(言葉にする)

という頭文字を4つのステップにしたものです。

たとえば誰かに怒られた時、扁桃体という感情を司る脳が暴走し、アドレナリンを分泌させます。すると理性では行動できなくなり、相手を罵倒したり手が出てしまったりということが起きてしまうわけです。

(この扁桃体に体が支配されてしまう現象を扁桃体ジャックといいます)

 

しかしこのRAINを行うことで扁桃体の活動を沈静化させることができるということが科学的に証明されたのです。

このように何かの渇望感を感じたり、怒りを感じたりした時にRAINを使うことでそれらを沈静化させることができるようになるのです。つまり欲求に抗えるようになるわけですね。

ではそれぞれの4つのステップについてしっかり解説して行こうと思います。

1ステップ:認識

認識とは、今自分が感じている欲求に気づくことです。

たとえば

  • 怒っているのであれば「怒っているんだなぁ〜」
  • facebookを見たいと思っていたら「facebookを見たいと思っているな〜」
  • ダイエット中にケーキが食べたいと思っていたら「ケーキを食べたいと思っているな〜」

という感じで自分の渇望感に気が付くようにしましょう。

 

2ステップ:許可、受け入れ

許可、受け入れとは、自分がその欲求を感じていることを許し受け入れるということです。

よく何かに欲求を感じた時に、それと逆のことを考えるようにする人がいるのですが、それは逆効果です。

なぜなら逆のことを考えてしまうと、逆にその欲求が増大するからです。

この現象を心理学者のダン・ウェグナーは皮肉な「リバウンド効果」と呼んでいます。

たとえばダイエット中に、目の前に美味しそうなケーキが出てきて、それに対して「私はケーキなんか食べたくない!」と欲求に争うようなことをすると余計に食べたくなってしまうのです。

このように何かに欲求を感じたら、無理に拒否せず、許可して受け入れるようにしましょう。

 

3ステップ:調査

調査とは、ある欲求を感じた時に自分の身体や心にどのような反応が起きているのかを観察することです。

 

たとえば「タバコを吸いたい」と感じた時、

「手が震えているな」「貧乏ゆすりが増えてきたな」「やたら口の中が乾くな」などの身体的な変化を観察するのです。

 

4ステップ:言葉にする

言葉にするとは、身体や心に起きている現象を簡単な言葉にすることです。

こうすることで、今自分に起きている渇望感を他人事のように切り離すことができるようになります

 

たとえば「タバコを吸いたい」と感じた時、

「手が震えている」「貧乏ゆすりが増えてきた」「やたら口の中が乾く」などの言葉にしましょう。

 

最後に

普段、習慣化するための方法についてはブログにしているのですが、悪い習慣を断ち切るための方法についてはそこまでブログにしていませんでした。

今期のRAINは悪習慣を断ち切るために幅広く使える瞑想法ですので、実践で使えるようにしていただければと思います。

もしも「読書を習慣化させたい!」「ブログを習慣化させたい!」「動画を習慣化させたい!」などの日々の習慣にしたいことがあれば下記の記事を参考にしていただければと思います。

瞑想 コツ
有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン