【習慣化】って簡単に言うと?

let's share
“オオタニ”
本日は習慣化についてお伝えします!

本日のブログテーマ
・習慣化の仕組みにを理解する
・習慣化の方法を実践する

習慣とは?

習慣とは、意思決定ゼロの行動のことをです。

意思決定ゼロの行動と言われると想像し難いと思うのですが、これは簡単に言うと「やる!やらない!」ですね。

では具体的に意思決定がゼロの行動ってどのようなものなのでしょうか?

たとえば「歯磨きをする」「通勤をする」「携帯を触る」などですね。

これらの行動に対して意思決定ってしないですよね?

「よし!歯磨きをするぞ!」「今から会社に行くぞ!」「携帯を触るぞ!」といちいち決断をしていないですからね。笑

このように習慣の定義をもう一度繰り返すと、習慣とは意思決定ゼロの行動のことです。

 

日々のタスクを習慣化しよう!

習慣についてはしっかり理解していただけたでしょうか?

ではここからはこのブログでの僕の主張をお伝えしようと思います。

それは「日々のタスクを意思決定ゼロで行動できるようにしよう!」ということです。

なぜなら意思決定をゼロにすることで脳のエネルギーを節約することができるからです。

僕たちは意思決定を繰り返すことで前頭葉という脳が1日の中で筋肉のように疲労してしまいます

この前頭葉は意思決定以外にも計算、推論、集中、自制心など様々なことに使われる大切なエネルギー源なのですが、これらをあまりにも使いすぎると前頭葉のエネルギーが枯渇して、先延ばし自制心低下の原因となってしまうのです。

 

たとえば僕が起業したての時、facebook集客をしていたのですが、その当時インスタグラム、ブログ、YouTube、動画編集などもかなり熱くなって来ていたので、facebookと同時にそれらの媒体も使い始めることにしたのです。

しかしこれらの慣れないことを一気に始めると、1日の中での意思決定の数が非常に多くなったわけです。

「facebookやろう!」「インスタグラムやろう!」「ブログ書こう!」「YouTube撮ろう!」「動画編集しよう」・・・

昔のタイムスケジュールを簡単に書くとこのような感じです

タイムスケジュール

  • 10:00〜facebook(20〜30分)
  • 11:00〜インスタグラム(20〜30分)
  • 14:00〜ブログ(3〜4時間)
  • 19:00〜YouTube(1時間)
  • 20:00〜編集(2時間)

その結果、意思決定の数が増えたことにより、YouTube編集を先延ばしにしてサボってしまうことが増えたのです。

タイムスケジュール

  • 10:00〜facebook(20〜30分)
  • 11:00〜インスタグラム(20〜30分)
  • 14:00〜ブログ(3〜4時間)
  • =前頭葉のエネルギーが枯渇=
  • 19:00〜YouTube(1時間)
  • 20:00〜編集(2時間)

このように1日の中で意思決定の数が多くなると、脳のエネルギーが枯渇してしまいそれ以上の意思決定ができなくなってしまうのです。

 

習慣化に必要なこと

習慣化に必要なことは簡単です。それは何度も繰り返すことです。

なぜなら何度も同じ行動を撮り続けることで脳がその行動を「意志の力」から「習慣の力」でできるようにシステム化してくれるからです。(大脳基底核と小脳で記憶)

たとえば「歯磨き」「通勤」「携帯を触る」という行動も最初は「意志の力」で何度も繰り返していましたが、何度も繰り返した結果、今では「習慣の力」つまり意思決定ゼロで行動することが出来たのではないでしょうか?

子供の頃、最初は歯磨きが嫌で慣れるまで時間がかかりましたが、その行動を繰り返した結果、今では朝起きたらすぐに洗面台に向かい歯を磨くという習慣が送れているのではないでしょうか?

このように習慣化したい行動を何度も繰り返すことで、それを脳がシステム化してくれされが最終的に「習慣の力」でできるようになるのです。

習慣化と目標の大きさ

しかし上記のような話をするとこのような疑問を抱く人も中にはいるのではないでしょうか?

「いや、『習慣の力』で行動できるようになるまでの行動が出来ないんだけど?」と。

おっしゃる通りだと思います。笑

そこでここからは「習慣の力」で行動できるようになるためのコツについて少し解説して行こうと思います。

先ほどもお伝えした通り、「習慣の力」で行動できるようになるために、最初は「意志の力」を必要とします。

つまり「意志の力」による行動を繰り返した結果、「習慣の力」で行動できるという方程式ですね。

 

しかしほとんどの人たちが「意志の力」による行動から「習慣の力」による行動に移行される前に挫折してしまいます。

ではなぜ挫折してしまうのでしょうか?

それは「目標が大き過ぎる」からです。

逆に言えば「目標を小さくする」ことで「意志の力」で行動することができるようになるのです。

なぜなら目標が小さくなると、意思決定が簡単に行えるからです。

たとえば僕があなたに「明日から300文字のブログを毎日書いて!」と言われるのか「明日から3000文字のブログを毎日書いて!」と言われるのとではどちらの方が簡単そうですか?

ほとんどの人たちが前者を選択するかと思います。

それはなぜかというと意思決定に使うエネルギーが小さいからです。

このように目標を小さくすることで、意志決定に使うエネルギーを小さくすることができるようになります。

ちなみにこれは僕の人生を変えてくれたスティーブン・ガイズ著の『小さな習慣』でも科学的に解説されています。

もしも何か習慣化させたいことがあれば、読んで見てください。

 

ちっぽけな目標が習慣になる

この小さな目標の話をすると必ずこのような質問をいただきます。

「そんな小さな目標で大きな目標を達成できるようになるの?」

先ほどの質問と同様、この質問をする気持ちも分かります。笑

しかしこれも脳の性質を理解すれば簡単に理解出来ます。

 

先ほどの話をおさらいすると、

「習慣の力」で行動できるようになるためには最初は「意志の力」を使わないといけません。

しかし「意志の力」では大きな目標を達成できません。理由としてはそれだけ脳のエネルギー消費が多くなるからです。(300文字 or 3000文字のブログ)

そこで目標を小さくすることで「意志の力」をなるべく最小限にしましょう

というお話でした。

では話を元に戻します。

果たして「小さな目標」から「大きな目標」を達成することはできるようになるのでしょうか?

結論から言うと「はい、できます!」

なぜなら人間の脳はある一定の行動を撮り続けるとエスカレートするようにできているからです。これは主にやる気を高めてくれるドーパミンが影響しています。

たとえばあまり心地の良い例ではありませんが、イジメってどんどんエスカレートしていくものです。

最初は足をかけたり罵声を浴びせるレベルのイジメだったが、気づくとトイレに閉じ込めて水をぶっかけるレベルのイジメに発展してしまうことがあります。(ドラマの見過ぎですね。笑)

このように人間の脳は同じ行動を繰り返すのですが、同じレベルの行動ではいられず無意識のうちにそのレベルが上がるという現象が起きるのです。

 

もう一つ僕の例をお伝えすると、

僕は最初ブログを300文字からスタートさせました。正直最初は300文字でも挫折する時はあったのですが、そんな時はSNSを使って短い文章(100文字程度)を作るということを繰り返したのです。

結果、その行動をコツコツ繰り返して行ったことで、今では3000〜5000文字ほどのブログを毎日継続して書けるようになったのです。

“オオタニ”
人間の脳は面白いものです

 

習慣化させるためには

本日のテーマをまとめようと思います。

目標を小さくする

「意志の力」で継続する

脳が覚える

「習慣の力」で行動できるようになる!

このような形で習慣化するようにしましょう。

もうお分かりだと思いますが、一番辛いのは上から2つ目の「意志の力」で継続することです。

ここを乗り換えるための話もしましたが、ここで簡単に解説すると、「意志の力」で継続するためのポイントは意思決定の「数」と「質」です。

1日の中で意思決定の「数」を減らし、「質」を小さくすることで「意志の力」でも行動し続けることができるようになります。そしてそれは気づいたら「習慣の力」つまり意思決定ゼロの行動になっているでしょう。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

最後に

もしも習慣化についてもっと詳しく学びたいと言う方は、先ほども紹介したスティーブン・ガイズ著の『小さな習慣』を読んでみてください。

きっとあなたにとって一生の1冊となると思いますよ!

他にも習慣化に関するブログ記事を書いていますので、ご興味のある方は下記のブログ記事をご覧いただければと思います。

let's share
習慣化
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら