習慣化したいのであれば、行動の選択肢を減らせ

“オオタニ”
本日は習慣化についてお伝えして行こうと思います

本日のブログテーマ
・選択肢を減らすことによる習慣化のメリット
・選択肢を減らすための方法

 

習慣化に必要なこと

僕はツイッター、ブログ(3000~5000文字)、YouTube(10分程度)を習慣化させることができているのですが、あなたにも何か習慣化できていることはありますか?

たとえばウォーキング、筋トレ、半身浴、読書、日記などなんでも大丈夫です。

もしも今あなたが習慣化させたいことを簡単に習慣化させることができているのであれば、もうこのブログを閉じてもらって大丈夫です。

しかし、もしも「習慣化させたいんだけど、なかなかできなくて・・・」と自分の自制心のせいにしてショックを受けているのであればこれ以降の内容をしっかり読んでいただければと思います。

習慣化

ではこのブログ全体の主張から先にお伝えさせていただきます。

それは「行動の選択肢を減らしましょう!」ということです。

なぜなら僕たちは行動があらかじめ決められていないと、それを決めるまでに多くの時間を浪費したり、それを選択している間に先延ばししてしまったりするからです。

 

たとえば朝起きて歯を磨き終わってからフと時計を見ると出社までまだ20分もあります。

さて、この20分であなたはどのような行動をするでしょうか?

筋トレ、読書、ツイッターなど20分もあればできることはたくさんあります。

 

しかしほとんどの人たちはこの20分という貴重な時間をどのように過ごすと思いますか?

行動の選択に迷うという無駄な時間を過ごしてしまうのです。

その結果、20分もあった時間が、残り15分・・・、10分・・・、5分・・・、1分・・・と刻々と過ぎ去ってしまうわけですね。

最悪のケースだと残り5分ほどになると「もう時間ないし、YouTubeでも見るかぁ〜」という娯楽に走り、本来取りたい行動を先延ばししてしまうことになってしまうのです。

 

このように人間の脳はその時に・・・・取るべき行動が明確になっていないと、行動を起こすことができず、最悪の場合「YouTube見よ〜」「facebook見よ〜」「お菓子食べよ〜」と娯楽に走ってしまうということにもなりかねないのです。

これまでの内容をまとめると

選択肢を減らす

行動に迷いがなくなる

行動ができるようになる

というロジックで習慣化させることができるようになるということになります。

どうやって習慣化させる?

では行動の選択肢を減らすためには何をすれば良いのでしょうか?

それは「あらかじめ行動を決めておくこと」です。つまり事前の行動計画を立てておくということですね。

では行動計画を立てる上でのコツをお伝えしようと思うのですが、それは「いつ?どこで?」というトリガーで行動計画を立て方法です。

ただこれだけでは分かりにくいかと思いますので、僕が日々習慣にしているツイッター、ブログ、YouTubeを具体例にして行動計画について解説していこうと思います。

 

ツイッター

僕はツイッターを起床したら・・・・・(いつ?)すぐに行うようにしています。数としてはだいたい5〜10ツイートですね。

最近は『social dog』というアプリを使って、予約投稿をするようにしています。

たとえば5ツイートするのであれば、

  • 18:00〜
  • 18:30〜
  • 19:00〜
  • 19:30〜
  • 20:00〜

という感じで朝起きた時点であらかじめ多くのツイートをします。

習慣化

ちなみに僕はこれを朝ツイッターと呼んでいるのですが、これには日々のタスクをこなす上であるメリットがあります。

それは1日の仕事へのモチベーションを高めることができるというメリットです。

人は何かを達成すると、モチベーションを高めてくれるドーパミンが脳内に分泌されます。

すると次の仕事へそのモチベーションをキャリーオーバーさせることができ、次の仕事も捗るようになるのです。

つまり仕事をする時は「難しいタスク→簡単なタスク」ではなく、「簡単なタスク→難しいタスク」という順番で計画すると良いというわけです。

他にも理由があるのですが、その詳しい内容はこちらのブログを参考にしていただければと思います。

 

ブログ

僕はブログをファミリーレストランで・・・・・・・・・・・(どこで?)書くようにしています。

朝起きたら5〜10ツイートした後に、30分から1時間ほどウォーキングに出かけるのですが、そのウォーキング先はサイゼリアかガストです。(気分で変えます)

習慣化

そしてファミレスに到着すると朝食を食べて、そこからブログをスタートさせます。

そしてブログを書いている時にも工夫を凝らしており、25分の集中と5分の休憩を交互に行うポモドーロ・テクニックという集中力を最大化させるための方法を使っています。(MacBookの方はFocus』というアプリがオススメ)

そして、僕はその5分の間でYouTubeの動画を見ています。(娯楽系、教育系など)

このようにブログでは、ブログを書く場所・・と、集中する時間・・・・・・を事前に計画しています。

 

YouTube

僕はYouTubeの動画を帰宅したら・・・・・(いつ?)即行うようにしています。

ファミレスでブログを書き終えたら、すぐに帰宅するのですが、自宅に到着したらすぐにあらかじめ設置してある三脚に携帯を置いて動画を撮り始めます。

習慣化

そしてここでもあるポイントがあります。

それは「帰宅までにウォーキングをしてドーパミンが分泌されているということ」です。

帰宅する時も当然、30分〜1時間ほどウォーキングをすることになるのですが、このウォーキングによりファミレスでじっと座ってブログを書いていた疲れが一気に吹き飛ぶのです。

なぜなら運動時は脳内に先ほども登場したドーパミンやアドレナリンが分泌されるからです。

これにより脳はスッキリして、帰宅した頃には、やる気や集中力が高い状態で動画を撮影することができるようになるのです。

つまりハイパフォーマンスで仕事に取り組むことができるようになるのです。

すぐに習慣化させましょう!

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

ここまで読んでいただけたら、もう習慣化のために何をするべきなのかはしっかり理解していただけたかと思います。

それは今すぐに行動計画を立てることです。

しかしここまで言っても行動しない人も中にはいます。そこで最後に1つ僕からメッセージを伝えようと思います。

それは「小さなことが大きな差となる」です。

 

実は行動計画を立てるメリットは「選択に迷いがなくなる」他もう1つ存在します。

それは脳のエネルギーの節約です。

人間の脳は意思決定をしている時、つまり「やる!やらない!」を選択している時に意志力という脳の前頭葉のエネルギーを消費します。

この前頭葉のエネルギーは1日の中で限界があり、あまりにも使いすぎると枯渇してしまいます。

するとそれ以降、前頭葉の活動が停止してしまうことになるのです。

では前頭葉の活動とは、どのようなものなのでしょうか?

それは集中、思考、理解、記憶、判断、推論などの力を発揮するという活動です。

習慣化

これらの力はビジネスにおいて非常に重要な力で、枯渇してしまったら大変なことになってしまいます。

ではいわゆる成功者と言われている人たちはこの1日の中の掛け替えのない力をどのように節約しているのでしょうか?

たとえばAppleの創始者であるスティーブ・ジョブスは「毎日同じ服を着る」という形で脳のエネルギーを節約しています。

スティーブ・ジョブスと言えば、タートルネックにジーパンというイメージがあると思うのですが、それは彼が毎日同じ服を着ているからです。

毎日服を選ぶという無駄な選択に脳のエネルギーを使うのであれば、ビジネスでの意思決定に脳のエネルギーを使った方が良いという発想から毎日同じ服を着るという行動になっているわけですね。

 

このように何気ない小さなことが、大きなさを生んでいるわけですね。

今回で言うのであれば、行動計画を立てると言う小さな行動が、ライバルとの差をつけるということです。

事前の行動計画を立てることがビジネス活動において非常に生産的な行為であるということを忘れずに、今すぐに事前の行動計画を立てていただければと思います。

もしも習慣化についてより詳しく学びたいという方はこちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

そして本日の参考図書はこちらになります。

僕たちの日々の選択を科学的に解説している本で、かなり面白いのでぜひ参考にしていただければと思います。

習慣化