広告費ゼロで【月収320万円】稼げた理由

“オオタニ”
本日は「コーチ・コンサル・セラピストとして独立したものの、全くお金が稼げない・・・」という悩みにお答えして行きます!

少し僕の自慢をさせていただくと、

僕は営業コンサルタントとして独立してから、広告費ゼロで最高月収320万円を稼ぐことができました。

さらに、だいたい毎月120〜160万円はコンスタントに稼げていました。

きっとコーチ・コンサル・セラピストの中では稼いでいる方に入っていたのではないかと思います。(もっと稼いでいる人がいたらすみません。笑)

 

そこで今回は

  • 「僕がどういう戦略でこれだけのお金を稼ぐことができたのか?」
  • 「僕がどのような集客媒体を使っていたのか?」
  • 「僕がどのような習慣を送っていたのか?」

みたいなところを詳細にお伝えして行こうと思います。

コーチ・コンサル・セラピストとして稼ぐには?

コーチ・コンサル・セラピストとして稼ぐにはある3つの戦略・・・・・・・を構築しなければなりません。

それは商品・集客・営業です。

これら3つのことがしっかりできていないと、売上を伸ばすことはできません。

最近では「マーケティングはセールを不要にする!」というピーター・ドラッカーの言葉を真似して、「営業はいらない!」なんて言う人もいますが、僕は全くそうは思いません。

なぜなら参入して間もない個人にはブランドや知名度などは全くないからです。

僕が営業コンサルタントとして独立した頃に、先ほどの「マーケティングはセールを不要にする!」を意識して、営業に力を注がない時期がありましたが、もちろん売上はボロボロでした。

お客様からは「検討します」の連続で、結果不成約になることが立て続けに起こりました。

 

詳細は後ほどお伝えしますが、このようにこれらは全て欠かすことができない重要な要素となります。

ではこれ以降では、それぞれの要素のポイントを僕の経験談込みでお伝えしていこうと思います

 

商品戦略

僕が商品で意識したところはたった1つです。

  1. 高単価

ではこの高単価について詳しく解説して行こうと思います。

 

高単価

独立して間もない頃には、必ず高単価商品を作るようにしましょう。

しかしこのような話をすると、必ずこのような質問をされます。

それは「独立したてで、高単価にしたら、逆に売れなくなるじゃないですか!?」

 

確かに矛盾していますよね?

だって、まだ自分の作った商品に自信がない場合、低価格にするのが普通ですからね。

しかしことコーチ・コンサル・セラピストの業界に関しては、高単価で商品を販売することを強くオススメします。

 

ではなぜ独立したてであるにも関わらず高単価で販売をしなければならないのでしょうか?

その理由は2つあります。

  1. 集客数が少ないから
  2. 徹底的にサポートできるから

では次にこの2つの要素についてそれぞれお伝えして行こうと思います。

 

⑴集客数が少ないから

基本的に独立してすぐは、大量の集客を行うことはできません。

なぜなら現代は情報過多で、あなたの発信した情報は簡単に埋もれてしまうからです。

これはあなたもfacebookやInstagram、Twitterなどで情報を発信していて感じているのではないでしょうか?

では一気に大量の集客を行うためには何をすれば良いのでしょうか?

それは広告です。

Googleやfacebookにお金を払うことで、一気に!多くの人たちに!あなたのことを知ってもらうことができるようになるからです。

 

さらに広告には、大量の集客ができる以外にもう1つメリットがあります。

それはテストマーケティングを高速で行うことができるというところです。

ちなみにテストマーケティングを簡単に解説すると、作った商品が市場で売れるのかどうかを確かめる作業です。

たとえば毎月広告にお金を投下することで、

商品を作る

テストマーケティングする

商品を作り直す

テストマーケティングをする

商品を作り直す

テストマーケティングをする

売れる商品完成!

というような仕組みで、高速で売れる商品にすることができるようになるのです。

これをSNSなどの無料媒体で行うのは非常に困難です。

なぜなら基本的に無料媒体のSNSで多くの人たちに知られるようになるには、それなりに時間がかかるからです。

 

しかしここで考えてもらいたいのが、

独立してすぐに広告をかけるお金があるのか? というところです。

もちろん、退職金などでお金がある人もいますが、特に20代では何度も何度も繰り返しテストマーケティングするお金をかけることが出来ない方もいます。

そう考えると、売れる商品を作るために広告をガンガンかけるのも良い考えではありますが、得策ではないような気がしますね。

では広告の道も閉ざされた今、どうすれば良いのでしょうか?

そこで行うのが「コア集客」です。

コア集客とは、少ない人数を集客するという戦略です。

コア集客は非常に簡単で、無料のSNS媒体やブログ、YouTubeなどを使ってコツコツ集客していくだけです。(なので時間はある程度必要です)

僕の場合、facebook、Instagram、YouTube、ブログを使って6ヶ月で安定した売上を上げることができました。(とりあえず数打ちました)

 

ではこれが高単価と何の関係があるのでしょうか?

ではここで僕の月収320万円の秘密についてお伝えしていこうと思います。

 

僕は当時80万円〜100万円の個別コンサルを販売していました。

メインは80万円の商品でした。

では月収320万円をどのように達成したのかについて話をしようと思います。

ここでは3つの数字を詳しく見て行きます。

  • 売上
  • 契約
  • 集客

 

では月収320万円を達成した時のそれぞれの数字を見て行きましょう。

商品80万円

  • 売上:320万円
  • 契約:4件
  • 集客:6件

このような感じですね。

カラクリを理解出来ましたか?

 

ここで何が伝えたいのかというと、僕は別に多くの人数を集客していたわけではないということです。

320万円を達成した月、

僕が集客していた人数はたった6名で、その中で4件契約(契約率66%)を取っていただけです。

 

ではもう少し数字を使ってお話をして行こうと思います。

もしも僕の販売していた商品の価格が10万円だったらどうなっていたと思いますか?

商品10万円

  • 売上:40万円
  • 契約:4件
  • 集客:6件

このように価格を80万円→10万円にしたら、当然のことながら売上も1/8の40万円になります。

 

しかしこの話をするとこのような質問をもらうことがあります。

「でも価格が安くなったら、契約率ももっと上がるでしょう?」

 

確かにそうですね。

しかし、残念ながら価格を低くしても契約率はアップしますが、オンライン上で価格を公開していない限り、集客の人数が増えることはないですよね?

つまり価格を安くしようが、高くしようが集客人数に差が出るわけではないということです。

 

仮に低価格にして契約が全て決まったとしても、その売上はたかが知れています。

商品10万円

  • 売上:60万円
  • 契約:6件
  • 集客:6件

 

このように独立してすぐは広告でもかけない限り、大量の集客を行うことは出来ません。

しかし高単価でコア集客さえできれば、少ない集客でも大きな売上を上げることができるようになるわけです。

 

⑵徹底的にサポートできるから

売上に欠かすことができない要素があります。

それは「お客様の実績」です。

なぜならお客様の実績が豊富にあると、社会的証明の効果を使うことができるからです。

社会的証明とは、簡単に言うと「多数派の意見に従いたいという欲求」のことです。

「80%の人たちに、こちらの機種をお選びいただいてあります」などと言われると、安心してそれを選択してしまうなんてことありませんか?

これは社会的証明になるのですが、「お客様の実績」があるとこの効果を存分に使うことができるようになるのです。

ではこんな貴重な「お客様の実績」を作るために何をすれば良いのでしょうか?

それは徹底的なサポートです。

質の高いサービスを届けることで、徹底的にクライアントのサポートをして成果を出させるのです。

 

では質の高いサービスとは一体なんなのでしょうか?

それは個別サポートです。

個別サポートは一番質の高いサポートになります。

最近ではオンラインでのサポートが増えていますが、それだけで徹底的に結果にコミットすることは非常に困難です。

なぜなら、その人・・・にあったコンテンツに作られていないからです。

たとえばRIZAPでは、目標や体質、身長、体重などに合わせてその人オリジナル・・・・・・・・のプログラムが組まれますが、これによってRIZAPは結果にコミットしているわけですね。

 

このように成果を出させるためにはその人オリジナルのプログラムを提供する必要があるわけですね。

それゆえ独立したての時は、徹底個別でサポートすることで「お客様の実績」を作るようにするのです。

 

ちなみに先ほど高単価にしなければならない理由の1つとして、「集客数が少ないから」というものがありましたが、このテーマとかなり関連性があるので少し触れていこうと思います。

論理構造としてはこのような感じです。

独立してからは「お客様の実績」を作らなければならない

徹底個別でサポートしなければならない

徹底個別だと多くの人数を見ることは難しい

高単価でコア集客にしなければならない

以上のような論理構造が成り立ちます。

 

先ほど「徹底個別でサポートしましょう!」とお伝えしたものの、徹底個別ではそれなりにサポートに時間をかける必要が出てきます

僕の例でお伝えするのであれば、月収320万円を獲得した時には、4名のクライアントを獲得しました。

つまりその月に4名のサポートが増えたということになります。

基本的に僕のサポートは以下のようなものでした。

6ヶ月サポート

  • 1ヶ月目:4回
  • 2ヶ月目:2回
  • 3ヶ月目:2回
  • 4ヶ月目:2回
  • 5ヶ月目:2回
  • 6ヶ月目:2回  (計14回) 1回2時間

このサポートで4名のクライアントを取ったということは初月に関しては32時間をサポートに回したという計算になります。

もしもこれを低価格同じサポートだったら、どうなりますか?

サポートで追われ、売上は少ないというコーチ・コンサル・セラピストとしては最悪な結末を迎えることになるのです。

 

このように徹底個別でサポートをすればそれだけ時間を奪われることになります。

これはすなわち、それだけ新規顧客を開拓するための時間も奪われてしまうということが言えます。

たとえば、ブログを書いたり、SNSを更新したり、イベント・セミナー・交流会に行ったりという時間ですね。

 

ここまでで商品に関する話は終わりますが、以上のことから「高単価」は非常に重要な戦略になりますので、「自信がない・・・」と言わず自分のスキルを信じて積極的に高単価にするようにしましょう。

これ以降では「集客」と「営業」についてお伝えして行きますが、これらについてはまた明日お伝えしていこうと思います。

もしもビジネスの戦略を全て知りたいという方はこちらの記事を参考にしていただければと思います!

有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン