「過去」や「未来」は「今」を全力で生きないための言い訳という話

let's share
“オオタニ”
本日は「行動しようと思っているんだけど、なかなか行動できない・・・」という悩みにお答えして行こうと思います!

僕は先日下記のようなツイートをしました。

本日はこのツイートの内容を深掘りして行こうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

「過去」と「未来」とは

 

まずはこのブログ全体の僕の主張をお伝えすると、「今」を全力で生きるのに、「過去」や「未来」は関係ありません

なぜなら「過去」や「未来」は行動しないための言い訳にすぎないからです。

きっとここまでの内容を読んでいて、「いや!そんなことないだろ!」と感じている人も中にはいると思いますが、そう感じた方ほど最後まで読んでいただければと思います。

 

たとえば

人見知りのAという男性がいたとします。

彼は「友達が欲しい!人生初の彼女が欲しい!・・・」と常に思っているのですが、それを叶えるための行動をなかなか取れずにいます。

ではここで彼の「過去」と「未来」を見て行きましょう。

  • 過去:学校でイジメを受けていた
  • 未来:「もしかしたら、またひどい仕打ちを受けるかも・・・」

 

ではあなたに質問をさせてください。

彼が友達や彼女を作るための行動を取ることができないのは「過去」や「未来」によるものなのでしょうか?

きっとほとんどの人はこの質問に対して「もちろん!」と答えると思います。

しかし僕はこの考えを一切認めません。

その理由を詳しく解説して行こうと思います。

 

そもそも彼は「人と関わらない!」という目的を持っているのです。

そしてその目的を達成するために「過去」「未来」を行動しないための、つまり「今」を全力で生きないための材料にしているのです。

もしも彼が本気で「友達が欲しい!、彼女が欲しい!」と思っているのであれば、コミュニケーションの学校に通ったり、街コンに足を運んでみるなどの行動を起こしているはずです。

しかしこのような行動には全て勇気が必要ですし努力が必要です。

なので「過去」や「未来」を言い訳にすることで、その勇気をふり絞ったり、努力もしなくて済むようになるわけですね。

このように「過去」や「未来」は「今」を真剣に生きないための言い訳であり、そのための材料と言えます

他にも僕の例で解説すると

僕は集客のため「YouTube動画を始めたい!」と思っていたのですが、それをなかなか行動に移すことができずにいました。

では僕のその時の「過去」と「未来」を見ていくことにしましょう。

  • 過去:昔から話すのが苦手だった
  • 未来:「アンチに誹謗中傷されてしまうかもしれない・・・」

 

きっとこの「過去」と「未来」を見て「分かるわぁ〜」と共感してくれる人はたくさんいらっしゃると思います。

しかしまだYouTubeを始めていなかった当時を振り返ると、僕はそもそも「過去」も「未来」も関係なく、ただ「YouTubeを始めない!」という目的を持っていました。

なぜならもしもYouTubeの動画を始めるとなると、先ほどの例と同じくそれなりの勇気を振り絞り、努力をしなければならないからです。

 

ではそのような勇気をふり絞らず、努力をしないようにするためにはどうすれば良いのか?

「過去」と「未来」を上手く使って「今」を全力で生きないための言い訳をすれば良いのです

 

「過去」は関係あるだろ?

しかしこのような話をすると、こんな質問が来ます。

「流石に過去は関係あるだろ?」

 

確かに、「過去」が「今」に何らかの影響を与えているということは認めます。

過去にイメジを受けていた人が、人とコミュニケーションを取ることに苦手意識をもったりするのは当然だと思っています。

しかし僕がここでお伝えしたいのは、そういうことではありません。

僕が言いたいのは、「過去」は「今」に少なからず何らかの影響は与えていますが、「過去」によって「今」が既定されるということではないということです。

 

たとえば

昔、学校でイジメを受けていた人が、引きこもりになるということはよくあることだと思います。

しかし過去にイジメを受けていた人たちの全員が全員引きこもりになっているのかと言われればそうではないですよね?

たとえイジメを受けていた人でも、引きこもりを経験せずに、それを糧に何かしらで大成功している人たちはいくらでもいます。

 

このように「過去」は「今」に影響は与えますが、「今」を既定する力は持っていません

つまり「今」はいくらでもコントロール可能ですし、たとえば「過去」に何があろうと、それが行動しないことの理由には一切ならないのです。

 

「未来」への不安は?

もう一つこんな質問をご紹介します。

「未来に不安を抱えていて行動できない人はどうすれば良いんですか?」

 

僕もよくこのような質問をもらうことが多々あります。

  • 「起業したいと思っているんですけど、かなり不安です・・・」
  • 「転職を考えているんですけど、これで良いのでしょうか・・・」

などですね。

 

しかし不安を抱えるのは、初っぱなから大きな行動をしようとしているからです。

なので「未来」に不安を抱えてるけど行動したいと思っている人はまず小さな行動から始めてみてください

たとえば、僕がYouTubeを始めようと思った時は「YouTubeに動画を上げず、とりあえず1分間の動画を撮影すること」から始めました。

これだとオンライン上で公開されることはないので、安心して動画を撮影することができました。

そしてこのように動画を撮り続けて行くと、だんだんそれでは物足りなくなり、動画の時間が徐々に延びて、編集もちょっと遊び心を入れるようになり、最終的には動画をYouTube上にアップするようになるのです。

「今」が「未来」と「過去」を変える

これで本日の内容は以上となるのですが、最後に1つだけお伝えしたいことがあります。

それは「今」を全力で生きることが「未来」と「過去」を変えるということです。

 

たとえば先ほども例にありました通り、僕は最初YouTube動画を始めたいと思ってはいましたが、行動に起こすまでにかなり時間がかかりました。

その時の「過去」と「未来」は下記の通りです。

  • 過去:昔から話すのが苦手だった
  • 未来:「アンチに誹謗中傷されてしまうかもしれない・・・」

 

しかし「小さな行動」を積み重ねることで、もうすぐ夢のチャンネル登録者数1000名を達成しようとしていますし、

「昔から話すのが苦手だった」という過去は、今では「ただ話す訓練をしていなかっただけだった」という解釈に変わりました。

 

このように「今」を真剣に生きることこそが「未来」を変え、「過去」の解釈を変えることができるのです。

本日のブログを読んでくれて「もう人生に言い訳しないよ!」と思ってもらえたら幸いですが、

もしもまだいまいち理解できないと思っている方はアドラー心理学の『嫌われる勇気』を読まれることをおすすめします。

ぜひ本書の内容である「目的論」という考え方をマスターして、「今」を全力で生きれるようにして行きましょう!

 

もしもアドラー心理学についてブログでも確認したいという方はこちらのブログを参考にしていただければと思います。

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら