【習慣化】したいのであれば、「質」よりも「量」を取れ!

“オオタニ”

本日は

  • 「なかなか行動できません・・・」
  • 「質を気のし過ぎてしてしまって、前に進めません・・・」

という悩みにお答えして行こうと思います!

先日は僕は下記のツイートをしました。

本日はこの内容を深掘りして行こうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

習慣化を気にするのであれば「量」を取れ

習慣化

まずはこのブログ全体の僕の主張をお伝えしようと思います。

それは「導入期は『質』より『量』を取れ!」ということです。

※導入期とは、何か新しいことを始める時期のことです

なぜなら「質」ばかりを気にしていたら、いつまで経っても習慣化できないからです。

※習慣化とは、「意思決定ゼロの行動」のことです

 

たとえば、あなたは毎日歯を磨いていると思うのですが、歯を磨く前にいちいち「意志の力」で、たとえば「よし歯を磨くぞ!」と気合いを入れたりしますか?

きっとほとんどの人たちが朝起きたら、自動操縦で洗面台に向かい、歯磨き粉を着けて、歯を磨くはずです。

ではどのようにすれば、このような自動操縦での行動を取ることができるようになるのでしょうか?

それは「大量行動」です。

このように大量の行動をすることで、それが自動操縦の行動、つまり習慣化された行動になるのです。

「意志の力」による大量行動

「習慣の力」による行動

 

僕は今となっては、ツイッター、ブログ、YouTubeを「習慣の力」で行動できるようになっていますが、最初は「意志の力」による大量行動でした。

だから最初は「面倒臭いなぁ〜」「今日はやめておこうかなぁ〜」などと行動することが億劫おっくうで仕方ありませんでした。

しかし「大量行動」によって今では

  • 毎日10ツイート
  • 毎日ブログ記事を1本作成(3000〜5000文字)
  • 毎日YouTubeを1本作成(10分以上)

ときっと誰もが羨む(?)行動が取れるようになったのです。

習慣化とは?

習慣化とは、意思決定ゼロの行動のことです。

実は僕たちは日々の中で意思決定を何度も繰り返すことで、脳の前頭葉から生まれる「意志力」というエネルギーを消費します。

たとえば「ブログを書こう!」「ツイートしよう!」「YouTube動画を撮ろう!」などの意思決定に意志力を使います。

この意志力は他にも思考、理解、記憶、集中する上での大切な燃料となっています。

しかしこの意志力は容量が少なく使い過ぎてしまうと枯渇してしまいます。

つまり意志力が枯渇してしまったあとは、それ以上の思考、理解、記憶、集中、意思決定ができなくなってしまうわけです。

このような状態がいわゆる脳疲労のような状態ですね。

 

しかし「意志の力」ではなく、「習慣の力」は意志力を使うことなく行動することができるようになるので、意志力を節約させながら行動できるようになるわけです。

そして、その余った意志力を他のことに使うことができるようになるわけです。

そのためにも「大量行動」して、いち早く「習慣の力」で行動できるようにしましょう。

 

「質」はいつ上げるの?

習慣化

このような話をしているとこんな質問をもらうことがあります。

それは「質はいつ上げるの?」というものです。

これ以降ではこの質問にお答えして行こうと思います。

 

先に結論からお伝えすると、質を上げるのは習慣化し終わったあとです。

だから方程式にするのであれば、こんな感じです。

  • 1ステップ:大量行動
  • 2ステップ:習慣化される
  • 3ステップ:質を上げる

先に「質」ばかりを気にしてしまうと、いつまで経っても行動のハードルを下げることができません。

なので、まずは「大量行動」をすることで、習慣化させ行動のハードルを下げるようにするのです。

この3ステップを僕のツイッターを例にお話して行こうと思います。

1ステップ:大量行動

ツイッターで僕がまず始めにしたことは「鬼ツイ」です。

「鬼ツイ」とは鬼のようにツイートしまくるという意味で、習慣化させることを目的にツイートをしまくりました。

とにかく「思ったこと」「本で読んだこと」「友達から聞いたこと」などをランダムにツイートしまくったのです。

 

2ステップ:習慣化

1ステップを何度も繰り返した結果、約1ヶ月くらいでツイートに対するハードルが一気に下がり、暇さえあればツイートするくらいのレベルになりました。

この時は「義務」のような感覚は一切なく、ツイッターをしないと気持ちが悪いくらいのレベルになっていました。

まさに習慣化ですね。

 

3ステップ:質を上げる

ここまで来たら、日々の中で「ツイートしない」という選択肢はもうなくなっているわけです。

しかしこのままただ鬼ツイし続けても「質」が悪いので、次は「いいね数」や「リツイート数」が多いインフルエンサーのツイートを調査しました。

そして彼らのツイートの特徴を徹底的に洗い出して、それに沿ったツイートをしまくりました。

するとさらに1ヶ月ほどで、いつもは「いいね数」が0か1だったのですが、今では5〜10はもらえるようになったのです。

(まだまだ頑張ります)

 

習慣化するまでにつまずいてしまうのは?

習慣化

そしてさらにこのような話をするとこんな質問をいただきます。

それは「習慣化するまでの大量行動で躓いてしまうのですが、どうすれば良いですか?」という質問ですね。

これ以降ではこの質問にお答えして行こうと思います。

 

習慣化の大量行動で躓いてしまうのは、最初から行動のハードルが高いということが考えられます。

たとえば、導入期に「明日からブログ3000文字書くぞ!」「10ツイートするぞ!」などと目標を高く設定している可能性があります。

だから導入期はそのようなハードルの高い目標を掲げるのではなく、目標を小さくして行動のハードルを下げることから始めましょう

 

実際にツイッターを始めた当初の僕の目標は「毎日1ツイート」でした。

1ツイートってだいたい140文字なので、きっと誰でも簡単にできると思います。

そしてこの1日1ツイートを継続して行くと、途中で物足りなくなる時期が来ます。

「もう1ツイートしたい!」と目標が自然とエスカレートして行くのです。

すると最初は1ツイートだったのが、2ツイートとなり、5ツイート、10ツイートとなったわけですね。

ちなみに先日の僕のツイート数は以下の数字です。

ツイッター以外にブログ、YouTubeでも目標を小さくすることによる成果は出ています。

ブログは最初300文字からスタートしていますし、YouTubeの動画も1分以内から始めています。

これらを継続し続けた結果、

今ではブログ3000文字、YouTubeの動画10分以上という目標を、気合いを入れることなく達成できています。

習慣化には「量」がカギ

以上の内容をまとめると、

まずは「質」なんてほとんど気にする必要はないので、目標を小さくして「大量行動」してください。

すると、それがいつの間にか「意志の力」ではなく「習慣の力」で行動できるようになります。

そして一度「習慣の力」で行動できるようになったら、そこから「質」を気にして特定の目標を達成すればいいのです。

僕のツイッターでいうのであれば、

鬼ツイ

「習慣の力」で行動できるようになる

インフルエンサーの調査で「質」を上げる

のような感じですね。

本日の内容はこれで以上になりますが、

もしも習慣化についてより詳しい内容を知りたいという方はこちらの記事もぜひ参考にしていただければと思います。

習慣化

【習慣化】って簡単に言うと?

2019年6月4日
習慣化