【パクる】ことが、成功のカギ【成功法】

“オオタニ”

本日は

  • 「行動したいと思っているけど、なかなか行動できない・・・」
  • 「その業界でもっとオリジナリティを出したい・・・」

という悩みにお答えして行こうと思います!

先日僕は下記のようなツイートをしました。

本日はこの内容を深掘りして行こうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

学ぶは真似る

このブログでの僕の主張をお伝えしようと思います。

それは成功したいのであれば「人の真似をしよう!」です。

昔から「学ぶは真似る」なんてコトワザがありますが、これには僕も同感です。

 

ではなぜ真似ることがそこまで重要なのでしょうか?

それは行動に初速をつけることができるからです。

 

たとえば初めてアメリカに行くとなった時、どのようにしてアメリカに行こうとしますか?

もちろん初めてなので、アメリカまでの行き方は分かりません。

そんな時、きっとあなたはGoogle先生を使って、アメリカまでの行き方を検索すると思います。

これは言わば、今までアメリカに効率良く行けた人の真似をする・・・・・という行為になります。

 

では一方でこんな人はいるでしょうか?

Google先生の力を一切借りずに、アメリカに行くための方法を独自に発見しようとする人が・・・

きっとこのような人って特に今の時代一人もいないですよね?

こんな感じで独自の方法を調べていると、

いつまで経ってもアメリカに行けず最終的に「やっぱりアメリカに行くのやめよ〜」と途中で挫折してしまったり、または間違った所に到着してしまい迷子になってしまうなんてことになりかねません。

 

このように人の真似をすることで、素早く行動することができるようになるのです。

僕もツイッターを始めた時は、ある人・・・を真似することで、毎日1ツイートすることができるようになりました。

つまり真似をすることで素早く行動することができるようになったんです。

それも今では毎日10ツイート以上することができるようになり、「フォロワー」や「いいね数」などもどんどん伸びています。

 

繰り返しになりますが、このように「行動に初速をつけたい!」と感じているのであれば、まずは真似ることからスタートさせましょう

 

真似をする対象

このような話をすると、こんな質問をいただくことがあります。

それは「どんな人を真似すればいいですか?」という質問です。

 

これ以降ではこの質問にお答えして行こうと思います。

まず結論から言うと、その業界のインフルエンサー(影響力のある人)を真似すると良いです。

言うまでもありませんが、インフルエンサーとは何かしらの理由があってインフルエンサーになっているからです。

つまりそのインフルエンサーとなっている理由の部分・・・・・を真似すればよいわけですね。

 

しかしこれだけではイメージが湧かないと思いますので、

これ以降では僕が真似しているインフルエンサーを3名ご紹介させていただき、⑵どの部分を真似しているのか?についてお伝えして行こうと思います。

 

マナブさん

マナブさん(@manabubannai ‏)はブログ界隈でのインフルエンサーになります。

実はマナブさんからは参考にさせてもらっているところがたくさんあるのですが、特に参考にさせてもらっているのが「prep法」です。

prep法とは、ライティングやトークで使う「型」のようなものなのです。

下記のような感じです。

主張

理由

具体

主張

マナブさんはこの文体を

  • ツイッター
  • ブログ
  • YouTube

などに使っているのですが、ブログもYouTubeも非常に分かりやすかったため、僕も愛用させていただくことになりました。

 

メンタリストDaiGoさん

メンタリストDaiGo(@Mentalist_DaiGo)さんは昔はメンタリズムでメディアを盛り上げてくれて、今ではニコ生やYouTubeで大活躍している方です。

僕がDaiGoさんから参考にさせてもらったのは「論文による根拠付け」です。

論文とはたとえば、「ハーバード大学の研究で〜」「ボストン大学の研究によると〜」などの世界でも有名な大学による研究のことです。

このように権威のある大学などの力を借りることで、自分の説得力を上げることはできるということをDaiGoさんから学ばせていただき、そこからは本を読んで論文があれば、チェックするようにしています。

 

ヒカキンさん

ヒカキンさん(@hikakin)はもう誰もが知っているYouTuberで、

僕のYouTubeを見てくれている方はきっと「どこを参考にしてるの?」と疑問を抱くと思うのですが、もちろんヒカキンさんからも参考にさせてもらっていることはあります。

それは「編集で効果音を使う」というところです。

以前の僕の動画を見てもらえれば分かるのですが、以前は無編集で、音無しで、動画全体もシラけていました。

しかしヒカキンさんの「ボヨ〜ん」「ビシ!」「ボー〜ん」などの効果音を参考にさせていただき、YouTubeの視聴時間を伸ばすことができました。

動画コンテンテンツは勉強することもそうですが、楽しみながら視聴するということも大切なんだということに気づかされました。

真似とオリジナリティー

上記のような話をしているとこんな質問をされることがあります。

それは「真似ばっかりしてたら、オリジナリティーなくならないですか?」という質問です。

これ以降ではこの質問にお答えして行こうと思います。

 

ではまず結論からお伝えすると、真似するからこそ、オリジナリティーが生まれます

なぜなら、新しいものはマネの掛け算で生まれていることがほとんどだからです。

たとえば下記のような感じです。

  • 「猫」×「カフェ」=猫カフェ
  • 「動画」×「インスタグラム」=TikTok
  • 「投げ銭」×「路上ライブ」=17(イチナナ)

このように何か新しいもののほとんどが「パクリの掛け算」で生まれています。

なので、たくさんのインフルエンサーのブログ、YouTubeなどからエッセンスを抽出して、それをパクることをし続けて見てください。

するとそれが自然とあなたのオリジナリティーとして、周りから評価され売上を上げることができるようになるわけですね。

 

これは僕で言うのであれば

「マナブさん × DaiGoさん × ヒカキンさん」

という感じですね。

それぞれのエッセンスを上手く抽出して、周りから肯定的な評価をされるビジネスマンになっていただければと思います。

僕もこれからも様々なインフルエンサーの人たちからエッセンスを抽出して、それをパクリの掛け算の中に入れて行こうと思います。

有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン