SNS集客で感じたことを公開【facebook・Twitter・Instagram・YouTube】

let's share
“オオタニ”
本日は「SNSってたくさんあるけど、集客ではどれを使ったらいいの?」という悩みにお答えして行こうと思います!

先日僕は下記のツイートをしました。

本日はこのツイートの内容を深掘りしてお話して行こうと思います。

 

最近のSNSの違いは?

結論からお伝えすると、最近のSNSのアルゴリズム(後ほど解説)はほとんど一緒のように思えます。

 

たとえば、ツイッターはちょっと前までは「いいね」をしてもそれがニュースフィードに時系列順に拡散されていたのですが、今ではエッジランク(後ほど解説)を採用している感じがします。

これってfacebookのアルゴリズムに非常に似ていますよね?

じゃあInstagramはどうかというと、facebook社に買収されてからは、facebookのアルゴリズムとほぼ一緒です。

 

このように最近のSNSでは細かいところは置いておいて、基本的なアルゴリズムはほとんど一緒になってきているように思います。

でもこれは「友達作り」という視点で考えればfacebookの採用しているアルゴリズムになるのも当然って感じですよね。

 

そこでここからはSNSを詳しく勉強するための基本的なアルゴリズムについてfacebookを使って解説して行こうと思います。

facebookのアルゴリズムを覚えておけば、基本的にどのSNSも使えるようになりますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

SNSのアルゴリズム

ルゴリズムとは、簡単に言うと「計算式」や「やり方」のことです。

 

たとえば、facebook上であなたの知らない人の投稿が、ニュースフィード(友達の投稿が見れる画面)に表示された経験ってありませんか?

他にも、頻繁にある人の投稿があなたのニュースフィードに表示されているなんてこともありませんか?

これらの現象は全てfacebookのアルゴリズムによるものです。

 

このように「あなたの投稿した記事」や「他者の投稿した記事」はfacebookのアルゴリズムによって表示されたりするのです。

つまり、このアルゴリズムを知ることで、より多くの人たちから「いいね」をもらえたり、より多くの人たちに拡散されるようになるのです。

結果、それがあなたのピーアールとなり、集客に繋がって行くのです。

ではここからはfacebookの基本的なアルゴリズムについてお伝えして行こうと思います。

 

アルゴリズム①:エッジランク(関係性)

ッジランクとは、SNS上で友達になった人との関係性ですね。

リアルでも「仲の良い友達」と「そうでもない友達」っていますよね?

これと全く一緒です。

 

基本的にfacebookでは、5000人まで友達を作ることができるのですが、あなたの投稿した記事がこれら全ての友達に表示されるわけではありません。

※もちろんあなたのタイムライン(あなたの投稿画面)に行けば投稿を時系列順に見ることが可能です

先ほどお伝えした「エッジランク」に基づいて優先的に表示されるのです。

つまり「仲の良い友達」に優先的に投稿されるわけですね。

 

ではこのエッジランクを上げるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

基本的には「いいね」「シェア」「コメント」の回数を増やすことでエッジランクを上げることができるようになります。

たとえば、「僕」と「あなた」がお互いに「いいね」や「コメント」をしまくっているとしますよね?

するとこれがfacebookから評価されて、お互いの投稿が他の友達よりも時系列関係なく・・・・・・・、優先的に表示されるようになるのです。

 

このように多くの友達とのエッジランクを上げることで、あなたの投稿が優先的に友達のニュースフィードに表示されるようになるわけですね。

しかしこれは裏を返せば、友達になったとしても、エッジランクが低い状態では、ずっとその友達のニュースフィードに表示されないという言い方もできます

 

もちろん、こちらからアプローチをかけても、相手からなんのアクションも無いことも多々ありますが、そのような場合、相手の投稿はあなたに表示されますが、あなたの投稿が相手に表示されることはほとんどありません。

なのでfacebookの場合は友達に5000人という縛りがありますので、友達整理することをオススメいたします。

 

アルゴリズム②:「いいね」と「シェア」

「いいね」と「シェア」も集客においてかなり重要な概念になりますので、ここで整理しておこうと思います。

 

「いいね!」

ある友達の投稿を「いいね」をすることで、その投稿が自分の友達に拡散されます。

しかしここでもエッジランクが登場します。

「いいね」をした投稿が5000人全ての友達に表示されるのではなく、エッジランクによって「仲の良い友達」には表示され、「そこまでの仲の友達」には表示されません。

 

「シェア」

では次にシェアについて解説して行こうと思います。

友達の投稿をシェアすることで、自分のライムライン上に、自分が投稿した扱いとして表示されます

つまりこの場合だと、あなたのタイムラインに訪れた友達は、あなたのシェアした投稿を削除しない限り見ることができます。

先ほどの「いいね」と違うのは、「いいね」は一時的な拡散であるのに対して、「シェア」はあなたのタイムラインに残り続けます。

もちろん「シェア」した投稿も「いいね」と同じように一時的な拡散効果はあります。

なので「シェア」は「いいね」の最強バージョンと考えてもらえればと思います。

 

facebook・Twitter・Instagram・YouTube

ここまでで一応SNSを利用する上での基礎的なアルゴリズムについてのお話は終わろうと思います。

では次は有名なSNS媒体のちょっとした特徴についてお伝えして行こうと思います。

本日お伝えするSNSは以上4つの媒体です。

  1. facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. YouTube

僕は今までこれら4つの媒体を全て使った経験から、その強み・弱みを解説して行きます。

 

facebook

facebookのメリットとしては、やはり気楽に投稿を拡散できる機能ですかね?(今ではInstagramもTwitterも採用している?)

この内容は前述しましたので、割愛させていただきます。

 

僕はfacebookは投稿以外にも、ライブ配信で使っています。(今後はYouTubeで配信いたします)

これはどのSNS媒体でも言えることですが、ライブ配信はエッジランクに関係なく、友達全員に通知が行くので、視聴してもらえる確率が非常に高いです。

なので、まだライブ配信をやっていない方はこれを機に始めてみてください。

 

facebookはちょっと前まではブログ寄りの使い方で、「多くの文字を書かなければならない」という感じがありましたが、

最近では「一言投稿」ができたので、Twitterのように気楽に投稿できるようになりました。

唯一、facebookのデメリットを挙げるのであれば、友達の人数に5000名と制限があるところですかね?

でもこれはfacebookを質の高いユーザーでいっぱいにするという意味ではかなりポイントは高いのです。

集客という話になると5000名超えた辺りから「友達整理」をしなければならないので、少し手間がかかりますね。

 

Instagram

Instagramのメリットは先ほどfacebookで挙げたので、ここではデメリットについて触れて行こうと思います。

Instagramのデメリットは、写真がメインの集客媒体であるというところですね。

だから文章はほとんど読まれることがなく、ブログやYouTube、メルマガなどの導線として少し弱い部分があります。

Instagramでメルマガに誘導する場合以下のような手順で登録を勧めてもらわなければなりません。

この工程を経てやっとあなたの誘導したいところに誘導できるわけです。

Instagramは記事内に誘導したいURLを入れることができないのです。

しかしfacebookやTwitterでは記事の中にURLを入れることができますので、読者に負担を掛けさせることはく、誘導することができるようになるのです。

Instagramはここだけ惜しいですね・・・

 

Twitter

僕は毎日Twitterで10〜15ツイートほどしています。

これは冒頭でもお伝えしましたが、最近ではfacebookとInstagramとのアルゴリズムの違いがそこあまでありません。

(昔は時系列順でフォロワーに投稿が表示されていたため、たくさんツイートする必要がありました)

facebookはライブ配信でしか使いませんし、Instagramは1ミリも手を付けていません。

では僕がなぜTwitterを使っているのかというと、文字制限が140文字以内で、気楽に使えるからです。

僕はツイッターは以下の5つの目的で使っています。

  1. アウトプット
  2. メモ
  3. アイディア出し
  4. ライティング力の強化
  5. トーク力の強化

もしもこれらの要素を詳しく知りたいという方は下記のブログをご覧になっていただければと思います。

デメリットとしては、140文字という制限くらいですかね?だからブログのように使うことはできませんが、ブログのように使いたいのであれば、facebookかブログを始めればそれで問題は解決されます。

 

YouTube

YouTubeは申し分ないくらい最強の媒体ですね。

正直メリットしかないと思います。

動画コンテンツの何が良いかというとそれは「信頼性」ですよね。

 

少し想像してもらいたいのですが、facebookからセミナーの告知をされるのと、YouTubeでセミナーの告知をされるのとでは、どちらの方が信頼がありますか?

きっとほとんどの人が後者を選択するかと思います。

 

しかしそれは当然です。

なぜなら、判断する材料が多いからです。

 

facebookなどのSNSは「文字」だけで相手を評価できません。

しかしYouTubeは「表情」「声」「ボディーランゲージ」などの多くの材料から相手を評価することができます。

このように相手を判断する材料が多くなればなるほど、信頼が高まります。

きっとこの文章を読んでいるあなたも、ブログよりもYouTubeで僕を見た方が信頼性は高めるかと思います。(もちろん、がっかりする可能性もあるので注意。笑)

なので動画は必ずやった方が良いですね。

 

デメリットとしては、参入障壁が高いというところですかね?

やはり自分の顔を晒すことになりますし、自分の話し方や声などに自信がない人は、特に難しいかもしれませんね。

 

しかしそんな時は僕の過去の動画と今の動画を見比べてもらえたら、自信がつくかと思います。笑

正直1年前まではクソだったので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 
let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら