【攻略法】YouTubeのチャンネル登録者を増やす5つのコツ【登録者1000名】

“オオタニ”

本日は

  • 「チャンネル登録者が全く増えない・・・」
  • 「早く1000名を達成したい・・・」

という悩みにお答えして行こうと思います!

チャンネル登録者を1000名超えることができれば、デフォルトにプラスして、いくつかの便利な機能を使うことができるようになります。

たとえば、ほとんどの方が望んでいるであろう広告」がかけられるようになります。

さらに僕が一番便利だと感じているのが「コミュニティー」という機能です。

※「コミュニティタブ」はチャンネル登録者が1000名超えてしばらくすると出現します

YouTube チャンネル登録 増やす

「コミュニティ」という機能は、facebookなどのようなアンケートを取ることができたり、テキストで告知をすることが可能になります。

(もちろん、他にも様々な機能を使うことができるようになります)

YouTube チャンネル登録 増やす

このようにチャンネル登録者が1000名を超えると、様々な機能を使って、さらにYouTubeで稼いだり、集客を加速させることができるようになるわけです。

 

ちなみに、僕は約1年ほどかけて動画を360本アップし、チャンネル登録者を1000名にすることができました。

このスピードが早いのか?遅いのか?は正直なところあまりよく分かりません。

なぜならコンテンツにもよるからです。なので参考程度に考えてもらえればと思います。

YouTubeのチャンネル登録を増やすには?

YouTube チャンネル登録 増やす

ではここからは

「ここをしっかり押さえておけば、あとは継続するだけで自然とチャンネル登録者1000名を達成することができるよ!」というコツについてお伝えして行こうと思います。

本日お伝えする内容は下記の内容になります。

 

①:SEOを狙う

僕はYouTubeを始めてすぐにSEOを狙い始めました。

なぜなら、YouTubeはブログと一緒で、SEOで上位表示を狙うことができれば、頻繁に動画を更新することなく、閲覧されるようになるからです。

たとえばYouTubeで「営業トーク」(月間ボリューム数7500)と検索すると、僕の動画は5番目に表示されます。

(これはシークレットウィンドウで表示しております)

YouTube チャンネル登録 増やす

このようにSEOで上位表示されてから、チャンネル登録が一気に増えるようになりました。

どれくらいの変化が起きたかと言うと、毎日1名だったチャンネル登録者が、毎日20名ほどになりました

 

他にも「営業 コツ」(月間ボリューム数14200)と検索をすると、僕の動画は7番目に表示されますね。

(正直変動はありますが)

 

このようにSEOを狙いながら、動画を撮っていくと、SEOに上位表示された時、一気にチャンネル登録者数が増えるようになります。

YouTubeのボリューム数はGoogleの「キーワードプランナー」がオススメです。

お金をかけると、細かい数字まで見ることができますが、無料でも大体の数字は見ることができますので、問題ありません。

 

YouTubeは最近、流行に乗っているとは言うものの、⑴まだそこまで参入者はいませんし、⑵参入してきたとしても諦めてしまう人も多いので、SEOはかなり狙いやすいです。

 

②:他の媒体を使う

僕はYouTubeの他に、ブログTwitterも運用しています。

だから下記のような感じで、YouTubeに誘導して、チャンネル登録者を増やして行きました。

YouTube チャンネル登録 増やす

もちろん、ブログやTwitterではなくても、facebookInstagramからでも全く問題はありません。

あなたが今使っている媒体にYouTubeのURLを載せて、チャンネル登録まで誘導すれば大丈夫です。

もしもまだYouTube以外のSNS媒体を育てていないのであれば、YouTubeと同時並行で投稿することをオススメします。

さらにSNSについての理解を深めたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

ちなみに僕のオススメの媒体は「Twitter」です。

理由としては始めやすいからです。

Twitterはあくまでも「つぶやき」なので、気楽に投稿することができるのではないかと思います。

もしもTwitterについてより詳しく知りたいという方は下記の記事を参考にしてみてください。

③:サムネイルを工夫する

では早速、「昔」のサムネイル「今」のサムネイルを比較してみましょう。

昔のサムネイル

 

今のサムネイル

どうですか?全く違いますよね?

※ちなみにサムネイルは「パワーポイント」で作成しています

MacBookの方は「keynote」でも問題あありません

YouTube チャンネル登録 増やす

「昔」はサムネイルを作る時間を惜しんで、全ての動画のサムネイルが悪い意味で統一感を持っていました。

しかし右にもあります通り、文字だけ変えた同じようなサムネイルを連続してアップしてしまうと、リスナーからするとはかなり見ずらいですよね?

たとえばもう一度見たい動画があってそれを探そうとしても、文字だけ・・・・で探さなければならないので、ストレスを与えてしまうことになります。

このような小さなことがきっかけで、チャンネル登録の解除に繋がったりしますので、サムネイルは絶対に動画一つひとつに魂を込めて作ってくださいね。笑

しかし「今」はそのようなことは一切なくなり、右のようにカラフルな感じにすることで、動画を見返す際のストレスもほぼゼロになったと推測できます。、

理由としては、これ以降「視聴時間」と「再生回数」も一気に伸びたからです。

僕の配信するコンテンツをいくつも繰り返し見てくれるようになり、それがSEOの順位にも影響を与えたのか、チャンネル登録者数も増やすことができたのです。

 

ちなみに自分の切り抜きを綺麗に行いたいという方「removebg」をオススメします。

一瞬で綺麗に切り抜いてくれる優れものです。しかも無料で使えるので!

 

④:構成を意識する

ここで言う「構成」とは、話の構成のことです。

これはブログでもそうなのですが、基本的に文章やトークには「型」が存在します

ここでお伝えする「型」を使うことで、論理的で分かりやすいトークができるようになり、YouTubeのチャンネル登録者を増やすことができるようになります。

 

ではその「型」について詳しく解説して行こうと思います。

その「型」とは、「prep法」です。

僕のブログを何度も閲覧してくれている方は、もう理解していると思いますが簡単に解説します。

もしも詳しく内容を知りたいという方は下記の記事をご覧いただければと思います。

prep法

論理的に話せるようになる【PREP(プレップ)法】とは?

2019年5月22日

 

「prep法」とは、以下の4つの要素を上から順番に話していくトーク術です。

  • 主張
  • 理由
  • 具体例
  • 主張

ここでのポイントは「結論(主張)から先に伝える」ということです。

「視聴回数」や「視聴時間」を稼ぐことができない動画の特徴として挙げられるのは「前置きが長いこと」です。

なるべく前置きを手短に済ませて、すぐに本題に入るようにしないと、本題を視聴してもらう前に離脱されてしまいます。

なので繰り返しになりますが、必ず前置きは手短に済ませるようにしてください。

 

⑤:チャンネル登録を促す

チャンネル登録を促すとは、動画の途中や終わりに「チャンネル登録よろしくお願いします!」と行動要請するということです。

僕は「動画の途中」「動画の終わり」両方にチャンネル登録を促しています。

僕のYouTubeを見てくれている人は知っていると思いますが、その他にも「高評価」にも誘導しています。

⏬チャンネル登録の行動要請(動画途中)

YouTube チャンネル登録 増やす

⏬高評価の行動要請(動画途中)

YouTube チャンネル登録 増やす

 

ちなみにこの話をすると、いつもこんな質問をもらいます。

「行動要請ってする必要ありますか?」と言う質問です。

この質問にお答えして行こうと思います。

 

行動要請とは、別名CTAなんて言い方をします。

これは「Call To Action」の略で顧客が次に取るべき行動を示して上げるメリットがあります。

たとえば、「メルマガ登録はこちら」「今すぐ資料を請求する」「少しのぞいてみる」などのボタンがあったりしますが、これらがCTAです。

 

このようにCTAは顧客が迷子にならないようにするための戦略として重要な役割を担っているのです。

もちろん、CTAをしなくてもチャンネル登録をしてくれる人たちはたくさんいるとは思いますが、CTAを入れた方がさらに多くのチャンネル登録者を増やすことができるので、必ず入れるようにしましょう。

YouTubeのチャンネル登録者を増やすために大切なこと

YouTube チャンネル登録 増やす

以上で、YouTubeのチャンネル登録者を増やすための5つのコツについての話は終わろうと思います。

もしもこのブログ記事を見て、「よし!YouTubeを早速はじめるぞ!」と思ってくれたのであれば、本当に嬉しく思います。

 

もしも上記のように感じてくれた方は次に「YouTubeを習慣化させるための具体的な行動」を知る必要があります。

モチベーションだけでいきなり動画を撮影し始めてしまうと、途中で挫折してしまうことにもなりかねませんので、

本気でYouTubeを始めようと考えている方やチャンネル登録者数1000名を目指される方は下記の記事を参考にして、YouTubeを頑張っていただければと思います。

チャンネル登録者1000名までに意識したこと【YouTube初心者必見】

2019年6月9日
YouTube チャンネル登録 増やす
有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン