【ビジネス】「好きを仕事にする」に気をつけろ【人生甘くない】

let's share

先日僕は下記のツイートをしました。

本日はツイート文を深掘りして、お話して行こうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

ビジネスを甘く見ていると痛い目に・・・

まずこのブログ全体の主張をお伝えすると、

好きなことだけでご飯が食べられるほど、ビジネスの業界は甘くない ということです。

なぜなら、好きなことをする前は必ず、嫌なことをしなければならないからです。

 

たとえば、サッカーが大好きで、将来の夢がサッカー選手の男の子がいたとします。

ではサッカーの楽しみにってなんでしょうか?

もちろん、人にもよると思いますが、ほとんどの人はボールを蹴って、シュートを決めることだと思います。(ちなみに大谷はサッカーがあまり好きではありません。。。)

ではあなたに1つ質問です。

ただサッカーボールを蹴っているだけで、サッカー選手になることができると思いますか?

無理ですよね?

サッカー選手になるためには、毎日筋トレ、ランニング、ストレッチなどの基礎練習をしなければなりません。

 

僕も昔、バスケットボールをしていたのですが、

バスケットボールの楽しさはシュートを打つことで、シュートを決めた時のあの「シュパ!」という音がたまりませんでした。

特に3ポイントシュートを決めた時は本当に快感で、そのためずっとシュートを打っていたいと思っていました。

しかしもちろんのことながら、ずっとシュート練習をしていられるわけではなく、やっぱり先ほどのような基礎練習もしなければなりませんでした。

 

このように何か好きなことをする前には、必ず嫌なことをしなければならないのです。

最近ではSNS上で「好きを仕事にしよう!」などと、会社員たちを誘惑するような謳い文句を使う人たちが増えていますが、

もしも今、独立を考えられている人は、ちょっと足を止めてしっかり覚悟を決めることをオススメします。

「今から、さらに厳しいことが待っているんだ!」と。

 

大谷はこれが嫌い

僕は現在、起業家のプロデュースをメインに仕事をしているのですが(一応好きでやっています)、

この仕事でお金を稼ぐためには、嫌なこともしなければなりません。

僕が実際にやっている嫌なことは下記の作業です。

  • Twitterを10ツイート
  • 3000文字のブログを執筆
  • YouTubeの撮影
  • 動画の編集

僕はこれらの作業が本当に大嫌いです。

もしもこれらの作業がなければ僕は毎日

カラオケ、飲み、ボーリング、ダーツ、映画鑑賞をしていたいと思うくらいです。

 

このように僕も起業家のプロデュースでご飯を食べるために、

Twitter、ブログ、YouTube、編集というやりたくもない作業を毎日しているわけです。

つまり、好きなことをするためには、嫌なことをしなければならないというわけですね。

嫌いなことをやり続けるのがビジネス

ではなぜ僕は毎日Twitter、ブログ、YouTube、編集というタスクを毎日こなすことができているのでしょうか?

僕はただ我慢強いから継続することができるのでしょうか?

全く違います。

ではその理由を2つご紹介します。

  1. 習慣化しているから
  2. ゲーム感覚になっているから

ではこれら2つの理由についてさらに深掘りしてお伝えして行こうと思います。

 

①習慣化しているから

世の中には2つの行動があります。

それは「意思の力」による行動と「習慣の力」による行動です。

 

ではこの2つの力の違いは、なんなのでしょうか?

それは決断による、脳へのストレスの有無です。

 

「意思の力」には、決断が必要で、脳にストレスを与えますが、

「習慣の力」には、決断が不必要で、脳にストレスを与えません。

 

たとえば、

歯磨きをする時、「よし!歯を磨くぞ!」などと決断をすることはないですよね?

それゆえ脳にストレスのような感覚もないかと思います。

一方で、まだ慣れない読書筋トレなどをする時は、

「よし!読書をするぞ!」「よし!」筋トレに行くぞ!」と決断する必要があり、その決断は脳にストレスを与えるのです。

 

このようにずっと「意思の力」で行動をしていると、その行動は挫折に繋がる可能性がありますが、

「習慣の力」で行動し続けることができれば、それは歯磨きレベルの行動となり、継続し続けることができるようになるのです。

 

ではどのようにすれば、「意思の力」から「習慣の力」で行動できるようになるのでしょうか?

その方法は「意思の力」による大量行動です。

図で表すと下記のような感じです。

もしもその具体的な方法や理由について知りたい方は、下記の記事をご覧いただければと思います。

習慣化

【習慣化】したいのであれば、「質」よりも「量」を取れ!

2019年6月23日

 

このように「習慣の力」を使うことで、好き・嫌いで行動しなくなるのです。

僕も最初はTwitter、ブログ、YouTubeが、嫌で嫌で仕方がありませんでしたが、

今ではそのような感情もほとんど無く、歯磨きレベルの行動にすることができるようになりました。

「意思の力」による大量行動で、「習慣の力」で行動できるようになると、嫌な作業でも毎日こなすことができるようになるのです。

②ゲーム感覚になっているから

ゲーム感覚になることは、嫌なことを継続するのに、非常に有効なコツです。

僕の場合だと、YouTubeを例に上げると分かりやすいですね。

何度もそうですが、YouTubeで言うと、動画をコツコツ投稿していると必ずどこかで何かしらの「成果」が出ます。

たとえば、チャンネル登録者数などが分かりやすいと思いですね。

 

僕はチャンネル登録者数が1000名超えた辺りから(ここまではほぼ「意思の力」でした)毎日安定的に10名ほどのチャンネル登録が増えるようになったのですが、

それからというもの、これをゲームのように捉えるようになりました。

つまり「今日はチャンネル登録者10名超えられるかゲーム」という企画を自分だけで楽しむようになったのです。

だから「チャンネル登録者が増えるように毎日動画を出さないと!」と違うベクトルで行動するようになるのです。

 

ちなみに、このようなゲーム感覚になってしまう理由は、脳内のドーパミンという神経伝達物質によるものです。

これは「やる気」を高めてくれる脳内ホルモンなのですが、「何かを達成した時」または「おしい時」に脳内に分泌されます。

なので、チャンネル登録者10名を達成すると「よし!明日も動画を撮るぞ!」とやる気が高まりますし、

チャンネル登録者が7名でおしいケースでも「よし明日は絶対に10名達成するぞ!」とやる気が高まるのです。

 

なのでここでの「ゲーム感覚になる」というのはある程度の成果が出てからとなりますので、

現在「数字」で何かしらの変化がある人は、毎日その「数字」などをチェックされることをオススメします。

 

ビジネスの攻略法は嫌なことの「継続」

以上で本日の内容は終わりになりますが、ここでまとめをしようと思います。

まずビジネスとは、好きを仕事にすると言っても、そこには必ず嫌なことが付きまとうという話をし、

それゆえビジネスとは、「嫌なことを続けること」だと定義しました。

 

そして次に、「では大谷は何で嫌なことをずっと続けることができているのか?」ということにテーマを移し、その理由を2つにまとめました。

それは⑴「習慣化されているから」⑵「ゲーム感覚になっているから」という2つの理由でした。

以上この2つの理由をまとめる下記のような感じです。

何度も行動する

「習慣化の力」で行動できるようになる

成果が出る

ゲーム感覚で行動できるようになる

「習慣の力」が強化される(好きになるかも?)

これを見ても分かる通り、ここで重要なのは、「何度も行動する」つまり「大量行動」です。

なのでもしも「大量行動」するための方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしていただければと思います。

 

あなたも嫌なことをゾンビのように行動できるようになりましょう!

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら