【勝確】習慣の力×モチベーション=最強【自己啓発】

“オオタニ”
本日はモチベーションを高めるコツについてお伝えして行こうと思います!
本日の内容
  • 前半:「習慣の力」と「モチベーション」の関係
  • 後半:プライミング効果による、モチベーションを高める方法

先日僕は下記のツイートをしました。

これ以降はこの内容を深掘りして、僕が実際に行なっているモチベーションの高め方について解説して行こうと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

習慣の力とモチベーションで最高に

普段僕はブログで「習慣化」についての話をしていますが、そこでは基本的に「モチベーション」による行動を完全に否定しています。

それもそのはず、「モチベーション」には乱高下あるからです。

つまり、上がったら下がるという絶対的な法則があるのです。

 

ちなみにこの現象は主に、

脳内のドーパミンという神経伝達物質が影響しているのですが、これは「やる気(モチベーション)」を高めてくれる脳内ホルモンと言われています。

しかし、このドーパミンは一度分泌されたら、ずっと分泌され続けるということはなく、割と短時間で分泌が終わり、そこから先は下降の一途をたどります。

だから、高額な自己啓発のセミナーに出たとしても、家に帰ってしまえばそのモチベーションはどことやら?って感じになるのはそれが理由ですね。

 

このようにドーパミンに頼った行動は、

ドーパミンが分泌されている時は行動する が ドーパミンが分泌されていない時は行動しない

という方程式を作ることになってしまうのです。

だからモチベーションで行動することを否定しているのです。

モチベーション大事説が浮上

では前置きはこの程度にしておいて、早速このブログでの僕の主張をお伝えしようと思います。

それは

「習慣の力」で行動することも重要ですが、「モチベーション」で行動することも重要です!

 

きっと、ずっと僕のブログを読んでくれている人たちは

「結局モチベーションは大事なんかい!」とツッコミを入れたくなると思うのですが、それは大きな勘違いです。

なぜなら、僕の「モチベーション」に頼り切った行動は絶対にしない方が良い という主張は永遠にブレることはないからです。

 

いわば

「習慣の力」は、メインエネルギーで、「モチベーション」は、補助エネルギーです。

「習慣の力」というメインエネルギーに何か異常が起きた時に、この「モチベーション」という補助エネルギーが活躍するのです。

 

たとえば「なんか今日良くわからないんだけど、やる気が起きないなぁ〜」

いつもは「習慣の力」で行動できていることが、その日はなぜか行動できないなんてことありますよね?

そんな時は「モチベーション」という補助エネルギーが手助けをしてくれるのです。

僕も正直なことを言うと、たまに「今日は動画撮らなくてもいいかなぁ〜」と脳裏を過ぎることがあります。

しかし、そんな時は「モチベーション」を高めることで、行動できるようにしています。

僕は普段「習慣の力」が大切とお伝えしていますが、実は僕自身かなりモチベーションに助けられている瞬間も少なからずあるわけです。

だからこそ、モチベーションの高め方も知っておく必要があるわけですね。

 

モチベーションを上げるには?

では次にモチベーションを上げるコツについてお伝えして行こうと思います。

モチベーションを上げる方法は「自分が目指す目標をすでに叶えている人と一緒にいること」です。

たとえば、

アフィリエイトで稼ぎたいと思っているのであれば、アフィリエイトですでに稼いでいる人と一緒にいれば良いのです。

営業で稼ぎたいと思っているのであれば、営業ですでに稼いでいる人と一緒にいれば良いのです。

 

ではなぜ上記のようにすることが、モチベーションを上げることに繋がるのでしょうか?

それはその人と一緒にいることで、その人の行動や思考があなたに影響を与えるからです。

この現象をプライミング効果というのですが、

これは先行刺激(プライマー)によって後続刺激(ターゲット)が影響を受けるという心理現象です。

たとえば10回クイズとかがそうですね。

10回クイズ
“オオタニ”
「ピザ ピザ ピザ ピザ ピザ ピザ ピザ ピザ ピザ ピザ!」
お客さま
「ここは!?」
“オオタニ”
「ヒザ!」
お客さま
「正解はヒジでした!」

このように「ピザ」という先行刺激につられてしまって、「ヒジ」のことを「ヒザ」と言ってしまうわけです。

 

他にもプライミング効果に関するこんな面白い心理実験もあります。

被験者に心理テストとして、クロスパズルワードを解いてもらいます。

しかしそのクロスパズルワードを2つのグループに分けます。

  1. 年寄りを連想させるクロスパズルワード
  2. 普通のクロスパズルワード

そして被験者に、パズルを解いてもらった後に、廊下先にあるエレベーターまでの歩行速度を調べたのですが、

年寄りを連想させるクロスパズルワードを解いた被験者は、そうでない被験者よりも歩くスピードが遅くなっていたのです。

このように先行刺激がその後の刺激に影響を与えるということが分かりますね。

だからあなたも「自分が目指す目標をすでに叶えている人」と一緒にいることで、それがプライマーとなり、あなたにプラスの影響を与えることになるのです。

近くにプライマーがない・・・

しかしこんな話をしていると、下記のような質問をもらうことがあります。

それは「自分の目指す目標をすでに叶えている人が近くにいないんですけど・・・」という質問です。

確かにそうですよね?

というよりもそっちのパターンの人の方が多いのではないでしょうか?

 

もちろん、本当はすでに目標を叶えている人と一緒にいることが重要ではありますが、

そうでなくても、プライミング効果を利用することはできます。

その方法は「その人のブログや動画を見る」という方法です。

 

たとえば僕はモチベーションを高めるために毎日必ず2つの動画を視聴しています。

その人は

です。

 

ではなぜこの2名なのかというと、毎日ブログと動画を投稿しているからです。

このように毎日、ブログやYouTubeを投稿している人たちの動画を見ると、

「俺も負けてられないな!!!」

とモチベーションを高めることができるのです。

 

つまり、マナブさんイケハヤさんがプライマーとなり、僕にポジティブな影響を与えてくれるのです。

そのかいもあり、僕はブログを40日間連続で執筆(正直これから)、YouTubeを1年間で378本撮ることができたのです。

 

前述しましたが、このように「習慣の力」だけに頼っていると、

体や心に異常事態が起きた時に行動できなくなってしまったり、行動できたとしてもパフォーマンスが低下してしまうことがあります。

しかし毎日、良い刺激を継続的に受けることで「モチベーション」を高め、それが毎日のパフォーマンスの高い行動に繋がるのです。

 

もしもこれ以外にも、モチベーションを高める方法を知りたいという方は、下記の本を参考にしていただければと思います。

毎日最高のパフォーマンスでビジネス活動をして行きましょう!