【速報】ネタ切れと決別する3つのコツ【Twitter・ブログ・YouTube】

“オオタニ”
本日は「SNSやブログ、動画を始めても、すぐにネタ切れしてしまう・・・」という悩みにお答えして行こうと思います!

先日僕は下記のツイートをしました。

これ以降では、この内容を深掘りして、詳しく解説して行こうと思います。

今回の記事であなたもネタ切れとは無縁になる最強の発信者になることができるようになりますので、最後まで読んでいただければと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

ネタ切れとオサラバする

それでは、ネタ切れと決別するための3つのコツはこちらになります。

  1. インプット
  2. 焼き直し
  3. メモ

ではそれぞれのコツについて詳しく解説して行こうと思います。

 

①インプット

インプットとは、その名の通り、情報を仕入れることです。

ここではかなり当たり前の話をするのですが、

まだインプットの重要性に気づいていない人が多いので、ここで改めてお伝えさせていただきます。

 

基本的に、下記のような媒体で情報を仕入れる人が多いのではないでしょうか?

  • 読書
  • ブログ
  • 動画

 

インプットは本

これらの媒体で知識の仕入れをする人が多いと思うのですが、

僕のオススメはやはり「本」ですね。

なぜなら、信頼性が一番高い媒体だからです。

これはかなり当たり前の話に聞こえるかもしれないのですが、出版社はかなり信頼性の高い情報を読者に届けようとしています。

なぜなら、ウソが書かれた本を世の中にばら撒いてしまったら、

それがクレームとなりその出版社の株が大きく下がるからです。

だから、作家さんが書いた本の内容を、念入りに調べて世の中に出そうとします。

そのため、信頼性が非常に高いのです。

 

ネットの中はゴミだらけ

では一方で、ブログやYouTubeの情報はどうなのでしょうか?

正直ブログやYouTubeの情報は、無料で仕入れることができるメリットがある一方で、情報の信頼性が乏しいというデメリットが存在します

 

ではなぜブログやYouTubeの情報は信頼性が乏しいのでしょうか?

それは素人でも発信可能だからです。

 

Googleでよく見られる記事は、SEOで上位表示された記事なのですが、

SEOで上位表示された記事だからといって、その信頼性が高いとは限りません。

なぜなら、SEOの上位表示に情報の確からしさは関係ないからです。

 

なので、もしもSEOで上位表示された記事を参考にして、

ブログやYouTubeで情報を発信してしまったら間違った情報を読者に伝えてしまうことになるのです。

 

もちろん、ブログやYouTubeの情報だからと言って、その全てがウソまみれということではありませんが、

信頼の性の高い情報を届けて行きたいという方につきましては、本を読まれることを強くオススメします。

たったの1,500円で、あれだけ信頼性の高い情報をゲットできるなんていう、コスパの良い仕入先はありません。

②焼き直し

焼き直しとは、すでに発表されている作品をに手を加えて、新しい作品であるかのように仕立て直すことです。

ちょっと難しいですかね?

ではもう少し分かりやすく言うと、同じ内容の情報をまた発信するということです。

 

幻想を捨てされ

もしかしたら、このように言うと「同じ話ってしない方が良いのでは!?」と言う疑問を持つ方も多いと思うのですが、それは幻想です。

むしろ、大手の情報発信者のほとんどがこの焼き直しをしています。

 

たとえば、メンタリストDaiGoさんは、YouTubeで情報の配信を定期的に行っていますが、

引用している論文が違うだけで、基本的に僕たちに伝えている主張は、毎回の動画でそこまで変わってはいません。

つまり、主張は一緒なのですが、具体例は違うわけですね

これをもう少し詳しく解説して行こうと思います。

 

主張は一緒、具体は違う

少し話が逸れてしまうかもしれないのですが、ここでブログやYouTubeで発信する、ライティング・トークの型についてお伝えしようと思います。

それは「prep法」です。

もしもprep法について詳しく知りたい方は、こちらのブログを参考にしていただければと思います。

prep法

論理的に話せるようになる【PREP(プレップ)法】とは?

2019年5月22日

 

ではprep法について簡単に解説して行こうと思います。

prep法とは、下記のような形のライティング・トークをする型になります。

  • 主張
  • 理由

  • 具体

  • 主張

 

では焼き直しに話を戻そうと思うのですが

焼き直しとは、主張が一緒で、理由・具体例が違ったものを発信することです。

 

たとえば、次の2つの文章を見てみましょう!

文章①
与えることは重要です!(主張)

なぜなら、与えないと、相手から与えられることはないからです(理由)

たとえば、バレンタインデーにチョコレートをもらった男の子は、ホワイトデーに「お返しをしないと」と感じます〜(具体)
文章②
与えることは重要です!(主張)

なぜなら、与えることで他者に貢献することを実感できるからです(理由)

アドラー心理学では、これを貢献感と呼んでいるのですが〜(具体)

分かりますか?

このように主張は一緒でも、理由や具体例が違うだけで、これだけ違う作品になるのです。

なので今まであなたが執筆したブログや撮影した動画などのマインドマップなどがあれば、

それを見返して、焼き直ししてみてください。

 

ちなみに、このブログお僕のマインドマップはこちらになります。

マインドマップのダウンロードはこちらから

 

③メモ

メモとは、日常のアイディアを書き留めることです。

実は、ブログやYouTubeのネタって、意識していれば毎日降ってきていることが多いです。

しかしこのアイディアは浮かんだらすぐに消えてしまうと言う性質を持っているため、

どこかに書き留めて置かないと、すぐに忘れされれてしまいます。

 

アイディアを書き留める

ではあなたに質問をします。

その一瞬でひらめいたアイディアをすぐに書き留めるようにしていますか?

もしもネタが尽きてしまうという悩みを持っている方は、書き留めるクセがなかったのではないでしょうか?

なので、今日からは書き留めるクセを付けましょう。

 

しかしこのような話をしていると、それと同時にこのような質問を受けることがあります。

それは「どうやってメモをすれば良いですか?」という質問です。

 

なんのための携帯?

ではその方法を一瞬で!・・・・お伝えします。

それは「携帯のメモ機能を使う」 以上です。

現代は昔と比べると、メモ帳とペンを取り出さなくても、一瞬でメモれる時代になっています。

つまりアイディアが頭に浮かんだ瞬間に、立ち止まって携帯にメモをすることができるわけです。

ちなみに、下記は僕が書いたメモです。(これはパソコンのスクショですが、普段は携帯です)

こんな感じで適当でも良いので、とにかく頭に浮かんだアイディアを、書き留めるクセを付けるようにしましょう。

1日の中で浮かぶこれらアイディアを本当に大切にしています。

雨が降っていようとも、片道により携帯ですぐさまメモを取るほどです。

これら刹那的な宝物を大切にするかどうかが、ネタ切れするか?しないか?に大きな差を付けるのです。

 

ネタ切れがなくなる日を

今回は、ブログやYouTubeでネタ切れしないための

  1. インプット
  2. 焼き直し
  3. メモ

という3つのコツについてお伝えしてきました。

今後はぜひこれら3つのことを意識して、ブログの執筆、YouTubeの撮影をしてもらえればと思います。

 

そして今回最後にお伝えした「メモ」についてもっと詳しく知りたいという方はこちらの本を参考にしていただければと思います。

有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン