優良コンテンツとは?【粗悪コンテンツと合わせて解説】

let's share
“オオタニ”

本日は

  • 「ブログの閲覧数が伸びない・・・」
  • 「YouTubeの視聴回数・視聴時間が伸びない・・・」

という悩みにお答えして行こうと思います!

先日僕は下記のツイートをしました。

これ以降では、このツイート文を深掘りして、

価値の高いコンテンツの作り方についてお伝えして行こうと思います!

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

コンテンツとは?

コンテンツとは、情報の中身のことです。

たとえば、

ブログで言う所の「記事」、YouTubeで言う所の「動画」の中身のことになります。

当たり前の話ではありますが、このコンテンツの質によって、読者や視聴者からの評価は大きく変わります。

 

あなたの作成するコンテンツが粗悪なもの(粗悪コンテンツ)であれば、

ファンを作ることができず広告で稼ぐことも、集客をすることもできません。

 

しかし、作成するコンテンツが優良なもの(優良コンテンツ)であれば、

一気にファンを獲得することができますし、

もちろん、広告や集客でお金を稼ぐこともできるようになるのです。

優良コンテンツの定義

ではそもそも優良コンテンツとは、一体どのようなコンテンツを指すのでしょうか?

結論から言うと、

優良コンテンツとは、具体的な行動まで落とし込まれているコンテンツです。

「ん?」って感じですよね?

 

行動しないと変わらない

少し話題を変えまして、

そもそも人が良い変化をするためには、何をすれば良いのでしょうか?

 

たとえば、

  • 「お金持ちになりたい!」
  • 「自由な生活を手にしたい!」
  • 「素敵な恋人が欲しい!」

などの目標があるとします。

ではこれらのことを達成するためには、何をしなければならないでしょうか?

 

そうです、行動です!

人は行動することでしか、変化することはできません。

 

たとえば

恋人が欲しいと思っていて、家でじーっとしていても、恋人はできないですよね?

出会い系のアプリに登録して、アプローチしたり、街コンに行くなり、クラブに行く

という行動・・をしなければ、

恋人を作るきっかけを作ることはできないですからね。

 

粗悪コンテンツとは?

ではここで、粗悪コンテンツの例をあなたにお伝えしようと思います。

 

たとえば

僕があなたに対して下記のブログコンテンツを提供したとします。

人に何かを与えてもらうには、返報性の原理を使うと効果的です。

ちなみに、返報性の原理とは、

「お返しをしなければならないと思う心理法則」のことです。

たとえば

バレンタインデーにチョコレートをもらったら、そのお返しをしなければならないという義務のようなものを背負いますよね?

それが返報性の原理です。

だから、人に与え続けることで、たくさんの贈り物をもらえるようにしましょう!

>>返報性の原理についてはこちらの記事からどうぞ

 

さて、これはあなたにとって優良コンテンツでしょうか?

きっとこの情報を見た99%の人たちは、

「はぁ?ふざけてるの?」と感じるのではないでしょうか?

優良コンテンツとは?

では次に下記のブログコンテンツをご覧ください。

赤文字だけで大丈夫です。

人に何かを与えてもらうには、返報性の原理を使うと効果的です。

ちなみに、返報性の原理とは、

「お返しをしなければならないと思う心理法則」のことです。

たとえば

バレンタインデーにチョコレートをもらったら、そのお返しをしなければならないという義務のようなものを背負いますよね?

それが返報性の原理です。

↓↓↓↓↓↓
(ここから先)

では、この返報性の原理を営業現場で具体的に使うための方法をご紹介します。

それは「自己開示」に応用するのです。

実は、こちらから積極的に自己開示を行うことで、相手も自分の情報を開示してくれるようになるのです。

だから、何か質問をしたい際には、

「自己開示+質問」

という方程式を使うと、直球で質問するよりも、相手はスムーズに情報を開示してくれるようになるのです。

たとえば、相手の出身地について質問をしたいのであれば、

「僕は奈良県出身なのですが、〇〇さんはどちら出身ですか?」

という感じですね。

このように質問をすると、尋問のような質問にならなくなるので、

ぜひ「自己開示+質問」という方程式を忘れないようにしてください!

どうでした?

前者(粗悪コンテンツ)よりも情報量が多いというだけではなく、

後者(優良コンテンツ)は具体的な行動にまで落とし込めていましたよね?

 

このように行動レベルまでコンテンツが仕上がっていると、読者・視聴者が実際に行動を起こすことができるようになるわけです。

つまり、変化を起こすことができるようになるわけですね。

 

多くの感謝をいただいています

ちなみに、

僕は、毎週月曜日23:00~YouTubeライブをやっているのですが、

そこでは視聴者からいただいた

営業・集客・習慣化・勉強法・目標達成などの悩みに答えるということをしています。

(興味がある方はぜひ来てみて)

 

正直、グループコンサルレベルのサポートをしているのですが、そこでは、具体的な行動レベルにまで落とし込んだ内容をお伝えしています。

なので、ライブ配信をすると毎回このようなコメントをいただきます。

「大谷さんのおかげで、営業で成果を挙げることができました!

本当にありがとうございます!」

正直、最高に嬉しい言葉ですね。

 

もしも、

「どうせ嘘だろ〜」

と思われる方は、こちらのライブ配信のコメントを見ていただければと思います。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

優良コンテンツの作り方

ではここからは、

優良コンテンツの作り方についてお伝えして行こうと思います!

下記のステップを詳しく解説して行きます。

  • 1ステップ:悩みを書き出す
  • 2ステップ:解決策を書き出す
  • 3ステップ:行動レベルにする

 

1ステップ:悩みを書き出す

ここでのフェーズが一番大切です。

このフェーズをすっ飛ばしてしまうと、自己満足のコンテンツ(粗悪コンテンツ)になってしまいます。

 

基本的に、読者や視聴者は、悩みを解決したくて、あなたのコンテンツに時間を割いています。

なので、あなたの業界でよく起こる悩みについて理解する必要があります。

たとえば、

営業での悩みだとこんな感じです。

  • 「検討します」で契約が流れる

ここでは分かりやすいように1つしか書きませんでしたが、書ける人はどんどん書いてくださいね!

書き出せば、書き出すほど

優良コンテンツを作ることができますので、この作業は必ず行うようにしましょう。

 

2ステップ:解決策を書き出す

ここでは、先ほど出した悩みを解決するための手段を書き出します。

  • 「検討します」で契約が流れる

 

この悩みを解決するための方法はこちらになります。

  • コミットメントを取り付ける

コミットメントとは、約束のことです。

>>コミットメントについて知りたい方はこちらの記事を参考にしていただければと思います。

 

3ステップ:行動レベルにする

では先ほどの

コミットメントを、行動レベルに落とし込んでみましょう。

プレゼンテーションに入る前に、

「もしも、話を聞いてみて、ご納得していただけたら、この場でお返事をいただけますか?」

と聞くことで、

プレゼンテーション終了後に「検討します」という反論を封じることができるようになります。

なので、プレゼンテーション前は、必ず購入するしない関係なしに即決をしてもらうようにしましょう!

“オオタニ”
分かりやすいですね〜

 

  • 優良コンテンツ=行動レベルにまで落とし込んだコンテンツ
  • 優良コンテンツの作り方

1ステップ:悩みを書き出す

2ステップ:解決策を書き出す

3ステップ:行動レベルにする

 

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら