【ブログ初心者必見】モチベーションを変える前にブログを書こう【科学的根拠あり】

あなたは

  • モチベーションが上がる→ブログを執筆
  • ブログを執筆→モチベーションが上がる

さて、どちらが正解だと思いますか?

 

先日、僕は下記のツイートをしました。

ブログを執筆する際に、モチベーションを上げてから執筆しようとする人がいますが、ちょっとそれって勉強不足なんじゃないかな?って思います

ちょっと勉強している人は、行動から変えようとします

なぜなら、行動することで、思考が変わるからです

常に行動にフォーカスするようにしましょう☺️

 

僕の現在で344の記事を執筆しており105日の連続更新をしています。

自分でも割とすごいと思っています。笑

そこで今回はこの経験を元に、

毎日ブログを更新するためのコツについてお伝えして行こうと思います。

結論:ブログ執筆のコツは、行動を変えること

モチベーションを強引に上げようとするのって、ぶっちゃけ厳しくないですか?

僕は色々な自己啓発の会社で、コンサルを受けてきましたが、正直そこまで成果を出すことは出来ませんでした。

(もちろん、僕にも原因はありましたが・・・)

 

なぜなら、モチベーションを無理に上げようとするのは、基本的に難しいからです。

 

たとえば、「俺は出来る!」「俺は出来る!」「俺は出来る!」

といかに毎日アファメーションをしたとしても、

それってほとんどの場合、長続きしませんし、

実際にそれで目標を達成している人って見たことありません。

 

つまり、ここで何が言いたいのかというと、

強引にモチベーションを上げるやり方でブログを書くのは再現性がないってことです。

極端な言い方をすると、いつでも上手くいく「やり方」ではないわけですよ。

 

出来る人は行動を変える

では、どのようにすれば毎日ブログ執筆出来るようになるのでしょうか?

結論から言うと、行動を変えるだけです。

行動を変えることで、後からモチベーションが高まって行くのです。

 

実はこれは脳科学的にも証明されており、

ドイツの心理学者のエミール・クレペリンはこんな面白いことを言っています。

スポーツジムに行った後に、バーベルを上げることよりも、

「ジムに行くこと」の方が難しい

 

これってまさにブログにも当てはまりますよね?

ブログを書き始めて、文字を入力することよりも、「ブログを書き始める」ということが難しいわけです。

 

ブログを「書こうかなぁ〜、でもYouTubeの動画を見たいなぁ〜」と考えた挙句、ほとんどの人は動画の誘惑に負けてしまいがちですよね。

 

作業興奮

このような現象を、クレペリンさんは作業興奮と名付けました。

作業興奮とは、

ある行動を取ると、徐々にやる気が高まるという現象のことです。

 

脳科学的には、何かに取り組み始めてから、

5分でやる気が高まるということが分かっています。

つまり、

ブログを執筆し始めてから、5分もすればやる気が高まり、執筆作業がそこまで苦にならなくなるということです。

ブログを毎日更新をするコツはたったこれだけ

ここまでの内容で

  • ×モチベーション→行動
  • ◯行動→モチベーション

ということに関しては理解していただけたのではないでしょうか?

 

そこでここからは、

ブログを毎日更新するための具体的なやり方についてお伝えします。

 

その①:目標のハードルを下げる

ブログを始めようと考えるほとんどの人たちは、

いきなり3000~5000文字の記事を書き始めようとします。

 

もちろん、この気持ちは分かります。

ブログで成果を挙げているインフルエンサーの人たちは、

基本的にこれくらいの文字数で執筆しているので。

 

しかし、ここではそのようなやる気は一旦抑えてもらって

まずは150〜300文字でも良いので執筆を始めてみてください。

 

きっとこれを読んだあなたは

「はぁ?なめてんの?」と思われたかもしれませんが、

これは脳科学的にも分かっている事実です。

 

エミール・クレペリンさんの、スポーツジムの例を引用します。

スポーツジムに行った後に、バーベルを上げることよりも、

「ジムに行くこと」の方が難しい

 

これを図にするとこのような感じになります。

ジムに行くことを決断する(困難)

ジムに到着する

筋トレをする(楽勝)

 

つまり、ジムに行くことを決断することが困難なわけです。

ジムに到着して、ダンベルを持って5分もすれば、後は楽勝なわけです。

 

ではなぜ、ジムに行くという決断が困難なのでしょうか?

それは、ハードルが高いからです。

つまり、自分の現状のレベルよりも、ハードな目標を立ててしまっているからです。

 

このように、目標のハードルが高くなると「面倒くせ〜」と思ってしまい

なかなか行動に起こすことができず、結果ジムに行かなくなってしまうというわけです。

 

小さな習慣

だから、目標のハードルを下げないといけないわけです。

では、どれくらいハードルを下げれば良いのでしょうか?

これをスティーブン・ガイズさん著の『小さな習慣』ではこのように書かれています。

バカらしいくらい小さく

 

たとえば、毎日筋トレをする習慣を付けたいのであれば、

毎日1回の腕立て伏せ

とこの本には書かれています。

それが最終的に、30分の筋トレになったというのには驚きですよね。

 

この構造としては、下記のような感じです。

目標を小さくする

何度も行動する

脳が習慣の力で行動できるようにしてくれる
(小脳と大脳基底核)

行動がエスカレートする

目標が大きくなる

つまり、1回の腕立て伏せだったものが、継続しているうちに30分の筋トレになるわけです。

これは脳の構造を理解したあっぱれな方法論ですね。。。

 

ぜひ、今ブログを習慣化させたいと思っている方は、『小さな習慣』に目を通してみるのも良いかと思います。

ちなみに、僕はこれでYouTubeの動画も習慣化させることが出来ました。

様々なことに応用が出来ますので、1冊持っておいても良いと思います。

 

その②:行動のパターン化

ブログが習慣化されていない人の特徴として挙げられるのが

「いつ執筆するのか決まっていない」というものがあります。

 

ではブログが習慣化されている人たちは、どうなのでしょうか?

もうお分かりかと思いますが、いつ執筆するのか?が決まっています。

 

たとえば、僕の場合は朝起きてカフェに行くのですが、そこで必ず執筆作業をしています。

ここ半年は、他の場所で執筆作業をしていませんね。

つまり

カフェに到着する

ブログを執筆する

という行動がパターン化されているのです。

 

他にも

帰宅する

動画を撮影する

というパターンで動画を撮影したりもしています。

 

このような小さな工夫によって

  • ブログ:105日連続更新、全記事344
  • 動画:91日連続更新、全動画470

という成績を挙げることが出来ています。

 

ちなみに、この方法はメタ分析と呼ばれる手法で分析された

かなり信頼の性の高いものなので、ぜひ積極的に使ってくださいね。

 

こちらの参考としては、

習慣化の権威であるチャールズ・ヒュディックの『習慣の力』がオススメです。

ぜひこちらも合わせて読んでみていただければと思います。

 

継続すれば勝ちゲー

今回は、ブログをメインにご紹介しましたが、何かを毎日継続することは成功にとって必要不可欠です。

僕も、ブログを毎日更新してから、105日が経過しましたが、

毎日更新をするようになってから、アクセス数が伸びるようになりましたし、

 

YouTubeも、毎日更新したことで、かなりの功績を挙げることが出来ました。

>>YouTubeの功績はこちら

 

ぜひあなたも、目標は小さくても大丈夫ですので、

毎日継続してみることから始めてみてください。

有料note
科学の営業塾
科学のビジネスサロン