見込顧客だけを集めるSNS集客のコツ【仕組み化戦略】

let's share
“オオタニ”

はい、どうも〜大谷です!

本日は、SNS集客についてお伝えして行こうと思います!

 

先日、Googleフォームにて、下記のような質問をいただきました。

・名前

えっくん

・職業

英会話スクール事業

・相談内容

いつも動画拝見しております!

基本的にインスタやツイッターなどからアポイントまでの流れがうまくつかめていません。

テンプレ化するかどうかも悩みましたが、相手が直接会う動機が薄く感じます。

 

本日は、このツイート文を深掘りして

見込顧客だけと会うことが出来る「集客の仕組み」の作り方

についてお伝えして行きますので、

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

では、行こう!

 

見込顧客だけを集めるSNS集客のコツ

では、まずこのブログ全体の主張をお伝えします。

それは

今すぐ「集客の仕組み」を作ろう!

ということです。

 

なぜなら、「集客の仕組み」を作ることで

見込顧客とだけ会うことが出来るようになるから

です。

 

見込顧客とは、

あなたの商品・サービスの必要性に気づいている顧客のこと

なのですが、

 

見込顧客と商談することにより

  1. 毎月の商談数を減らせる
  2. 契約率を上げることが出来る

という最強のメリットを享受することが出来るようになるのです。

 

どうですか?

きっと「集客の仕組み」について

興味が湧いてきたのではないでしょうか?

 

しかし「集客の仕組み」と言われても、

あまり馴染みの無い人の方が多いと思いますので、

ここから先で詳しく解説して行こうと思います。

 

「集客の仕組み化」とは?

ではここからは「集客の仕組み化」についてお伝えして行きます。

「集客の仕組み化」とは、

簡単に言うと「集客の自動化」のことです。

 

つまり、

時間と労力をかけることなく自動的に

見込顧客と商談出来る流れを作ることです。

 

ではここからは具体例として

  • 自己啓発時代の集客
  • 起業家のプロデュース時代の集客

僕が経験した2つの時代を比較して、

「集客の仕組み化」について詳しく解説して行こうと思います。

 

自己啓発時代の集客

僕は自己啓発の営業マン時代、下記のような流れで顧客と会っていました。

紹介

商談①(2時間ほど)

商談②(1時間ほど)

契約

 

こんな感じで自己啓発の営業マン時代はリアルで集客をしていたのですが、

この時期はプライベートも無く、

お金を稼ぐために、毎日ただひたすら効率の悪い商談していました。

 

当時、僕は40万円のサービスを販売していたのですが、

毎日5名の顧客とそれぞれ2時間ほど商談をしていました。

つまり、月に約150名の顧客と商談していたのです。

 

そんな中、僕が作った最大売上は280万円でした。

これは40万円のサービスを7名に販売したという計算です。

つまり、契約率は4.6%ほどでした。

 

まとめると

  • 月間商談人数:150名
  • 月間最大売上:280万円
  • 契約率:4.6%

という感じですね。

 

起業家のプロデュース時代の集客

僕は起業家のプロデュース時代、下記のような流れで顧客と会っていました。

ブログ・SNS(facebook)

メルマガ(ステップメールで教育)

ビデオ通話で商談(1時間以内)

契約

 

こんな感じで、起業家のプロデュース時代は、

ネットで集客をしていたのですが、

この時期は精神的にも身体的にも非常に楽でした。

 

当時、僕は80万円のサービスを販売していたのですが、

月に5名の顧客とそれぞれ1時間ほど商談をしていました。

 

そんな中、僕が作った最大売上は320万円でした。

これは80万円のサービスを4名に販売したという計算です。

つまり、契約率は80%でした。

 

まとめると

  • 月間商談人数:5名
  • 月間最大売上:320万円
  • 契約率:80%

という感じですね。

 

2つの時代を比べてみる

ではここで

  • 自己啓発時代の集客
  • 起業家のプロデュース時代の集客

を分かりやすく比べて行こうと思います。

 

  • 月間商談人数:150名
  • 月間最大売上:280万円
  • 契約率:4.6%(契約7名)

🔽🔽🔽

  • 月間商談人数:5名
  • 月間最大売上:320万円
  • 契約率:80%(契約4名)

 

ご覧いただければすぐに分かると思うのですが、

「集客の仕組み」のおかげで、

時間と労力を減らしながら、

契約率や売上を高めることが出来るようになったのです。

つまり、集客面で楽が出来るようになったわけです。

 

集客の仕組みを作ってみる

ではここからは「集客の仕組み」を作るための方法についてお伝えします。

メインとしては、

  • なぜ楽な集客が出来るようになるのか?
  • どの集客媒体を使えば良いのか?

について詳しく解説して行こうと思います。

 

結論:「集客の仕組み化」は簡単

「集客の仕組み化」に必要なメディア媒体はこちらになります。

広告・SNS・ブログ

メルマガ

zoom(ビデオ通話アプリ)

契約

 

これだけ見ても、よく分からないですよね?

そこでこれ以降では、

それぞれのステップについて詳しく解説して行こうと思います。

 

広告・SNS・ブログ

まずはあなたの商品・サービスに興味がある潜在顧客にアプローチして行きます。

潜在顧客とは、まだあなたのことを知らない顧客のこと

>>潜在顧客に関する記事はこちらからどうぞ

 

広告

潜在顧客のアプローチでは、毎日の情報発信が重要になるのですが、

もしも自分で商品・サービスを作っていて

「早く売れる商品・サービスを作りたい!」を考えているのであれば、

広告はかなり強い味方になるでしょう。

 

なぜなら、

広告によって一気に大量のターゲットユーザーに、

リーチさせることが出来るからです。

 

広告をかけて反応が薄かったら、

商品を改善してどんどん売れる商品にして行くようにしましょう。

 

広告で特にオススメなのが

ユーザー情報がしっかりしているfacebook広告です。

 

SNS

SNSは誰でも無料で始めることができるというメリットがしますが、

それゆえ競合も多く、潜在顧客あなたのことを発見してもらうには、かなりの努力が必要になります。

たとえば、毎日の情報発信や記事作成、写真撮影などですね。

 

しかし、継続して更新し続け、改善をし続けることができれば、

多くのユーザーに情報を拡散させることができるようになります。

 

Twitterなどを見れば分かると思いますが、拡散がエグかったりしますよね?

これは、facebookやインスタグラムなどもほぼ同様なので、

あなたの商品・サービスやターゲットに合ったメディアを選択していただければと思います。

 

しかし、ここ最近のオススメはやはり動画ですね。

特にYouTube。

良い意味で、参入障壁が高いため、なかなか手を出せていない競合も多くいます。

 

なので、今のうちにマーケットを独り占めしたいのであれば、

これを機にYouTubeを始めることがオススメです。

 

さらに、YouTube検索で上位表示を狙うことが出来れば、

勝手に見込顧客が集まる仕組みを作ることが出来るようにもなります。

 

たとえば、下記のような感じです。

このような「営業 コツ」と調べると僕の動画が3番目に表示されるのですが、

このキーワードは月間で12,600回も検索されています。

 

すると、これ以降はほぼ何もしなくても

YouTube概要欄からLINE@やメルマガに登録してくれるようになるのです。

 

ブログ

ブログは自分で作ったWordPressによるブログがオススメです。

だから、「アメブロ」「はてなブログ」ではなくってことですね。

 

なぜなら、WordPressによるブログは、圧倒的にSEOに強いからです。

つまり、Googleでの検索に強いということです。

 

たとえば、あなたがパーソナルトレーナーをしているとして

あなたの書いたブログ記事が

「ダイエット 筋トレ」というキーワードで1位を取ることができれば、

 

ブログのアクセス数が伸びることはさることながら、

それ以降、記事を更新し続けなくても、

見込顧客を継続的に集めることが出来るようになるのです。

 

しかし、今からブログを始めるのであれば、

前述しましたが、YouTubeを積極的にやることをオススメします。

 

メルマガ

潜在顧客に認知してもらってからは、それらを興味顧客にする必要があります。

興味顧客とは、個人情報を取得している顧客のこと

>>興味顧客に関する記事はこちらからどうぞ

 

なぜメルマガなのか?

メルマガの役割は「教育」です。

つまり、メルマガに登録してくれた興味顧客に対して、

「私の販売する商品は、あなたにとって必要なんですよ!」

ということを伝え続けるわけです。

 

最近では「教育」の多くは動画コンテンツになっていますね。

テキストによる教育はほとんど見なくなりました。

 

では、ここからは少し

「集客の仕組み化」に関連したお話をして行こうと思います。

 

重要なのは「なぜメルマガなのか?」というところです。

こんな話をしているとよく質問されるのは

「LINE@ではダメですか?」という質問です。

 

結論から言うと

「集客を仕組み化」したいのであればメルマガが良いです。

なぜなら、メルマガにはステップメールという機能があるからです。

 

ステップメールとは、

あらかじめ設定しておいたメールを日に分けて配信出来る機能です。

 

たとえば

1日目にはAのメルマガを配信

2日目にはBのメルマガを配信

3日目にはCのメルマガを配信

という感じですね。

 

つまり、

一度配信するメルマガを作ってしまえば、

それ以降はちょっとした改善を加えるだけで、

時間や労力をかけなくても、勝手に「教育」してくれる仕組みが出来るのです。

これがメルマガの魅力の1つですね。

 

なので、「集客の仕組み化」を考えるのであれな、メルマガは非常に有効ですね。

 

zoom(ビデオ通話アプリ)

興味顧客を教育した後は、見込顧客にセールスをして行きます。

見込顧客とは、あなたの商品・サービスの話を聞きたいと思っている顧客のこと

>>見込顧客についての記事はこちらからどうぞ

 

昨今では、オンラインで営業をする時代になってきています。

『ベルフェイス』が有名ですね。

YouTubeなどを視聴する人は分かると思いますが、

照英さん出演の「もう足を運ぶ営業は古い」というメッセージの広告になります。

 

現代は、カフェに行って、一対一で商談をするという時代ではありません。

もうパソコンに向かって商談をする時代になっています。

そこで使うのが「zoom」というアプリです。

これは「skype」のようなビデオ通話機能を持ったアプリになります。

 

ビデオ通話のためのURLを相手に渡して、それをクリックしてもらうだけで、通話を開始させることができます。

特にURLを渡された側は、

「skype」のようにアカウント登録をする必要がないので、

楽にビデオ通話を始めることが出来るのです。

 

集客を仕組み化する

以上で本日の内容をまとめます。

広告・SNS・ブログ

メルマガ

zoom(ビデオ通話アプリ)

契約

このような流れを一度作ってしまえば、

見込顧客だけと商談することができ、時間や労力を節約することが出来るようになります。

 

もしもさらに「集客の仕組み化」について学びたい方は

山田竜也 著の『すぐに使えてガンガン集客!WEBマーケティング123の技』

を参考にしていただければと思います。

参考図書
let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら