YouTubeを攻略する!動画ネタ4選【ネタ切れ皆無】

let's share
“オオタニ”
YouTubeを毎日更新しようとは思っているけど、すぐにネタがなくなっちゃうんだよね・・・

本日はこちらの悩みにお答えして行こうと思います。

 

現在、僕のYouTubeの状態は下記のような感じです。

(この記事を書いている時)

  • YouTube歴:499日
  • チャンネル登録者:2804
  • 平均登録者数:20~30名/日
  • 連続更新日:123日
  • 動画本数:520本

とこのような感じです。

 

ちなみに、YouTubeのSEOに関しては下記のような感じです。

キーワード 検索順位 月間ボリューム数
営業 コツ 1〜3位 12900
営業トーク 1〜3位 7900
営業 クロージング 3位 2000
バーナム効果 3位 76500
バックトラッキング 3位 5500
ザイアンス効果 2位 2500
イエスセット 1位 900
ニーズ喚起 1位 1700
ラポール構築 1位 720
興味付け 1位 590
反論処理 1位 480

 

今回はこの経験と実績を活かして

YouTubeでネタ切れをしないための動画ネタ4選

をお伝えして行こうと思います。

1〜4位をランキング形式でお伝えします。

>>セールスyoutuberチャンネルはこちら

第1位:本

本ほどコスパが良い媒体は無いと言えるでしょう。

僕は毎月20~30冊の本を読んでいますが、ここから情報を仕入れることがほとんどです。

もしも、本を読む習慣が無い人は今のうちから、読書習慣を身につけておくことをオススメします。

>>読書のコツについてはこちらの記事をどうぞ

記憶の強化に適した読書法とは?【科学的根拠あり】

2019年9月16日

 

本を選ぶ

これは言われなくても分かると思いますが、あなたのチャンネルのコンセプトに合わせた本を選ぶことが大切です。

僕のYouTubeチャンネルでは「科学に基づく営業戦略」についてお伝えしているので、

  • 心理学
  • 脳科学

などの本を読むことが多いです。

 

たとえば最近、内藤 誼人さん著の『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

参考図書
 

という本を読んだのですが、この中で下記のような実験が掲載されていました。

ノースウェスタン大学&カリフォルニア大学のアメリカ国民の愛国心に関する研究

アメリカ合衆国がどのように生まれたのかを振り返ってもらう

被験者を2つのグループに分ける

  1. アメリカ合衆国が誕生していなかったら?(半事実的思考)
  2. アメリカ合衆国が誕生してどうなったか?(事実的思考)

事実的思考よりも、半事実的思考の方が、高いレベルで愛国心が高まった

  • 「もしも、自分が勤める会社に入っていなかったら?」
  • 「もしも、会社が生き残っていなかったら?」
  • 「もしも、商品を購入しなかったら?」

事実に反するシナリオを活用することで、その対象に肯定的になる

 

これにより、下記の動画が出来上がりました。

 

まとめ

本を読む

論文が出てくる

営業に応用できないか?考える

動画にする

 

なので「動画の素材となる情報を探す」という視点を読書の際には意識してみてください。

 

第2位:質問

YouTube以外のメディア媒体から、質問をもらうのがオススメです。

僕は主に

  • Twitter
  • ブログ
  • YouTubeコメント欄(育ってきたら)
  • YouTubeライブ(育ってきたら)

から質問をもらうことが多いです。

 

Twitter

Twitterの場合だと下記のような感じで、固定ツイートに「質問箱」という項目を入れています。

ブログ

ブログの場合だと下記のような感じで、グローバルメニューの左端に「質問箱」を設置しています。

一応、LINE@とGoogleフォーム両方から質を受け付けるようにしています。

 

YouTubeコメント

ブログの場合だと下記のような感じで、コメントから来た質問で「これは動画になる!」というものだけをピックアップしています。

 

YouTubeライブ

YouTubeライブは毎週月曜日23:00~1時間ほど配信しているのですが、

ここでは営業に関する質問にお答えるという「お悩み相談会」という企画をやっています。

ありがたいことに、ここでは毎回多くの質の高い質問がいただけるので、動画にすることも多々あります。

 

第3位:焼き直し

焼き直しとは、昔作成した動画をもう一度グレードアップして作成し直すことです。

これは割と重要です。

僕は2018年12月19日「ニーズ喚起」に関する動画を作成しているのですが、そのクオリティーは下記のような感じです。

 

しかし、この動画は2019年3月11日

つまり約3ヶ月の時を経て下記の動画に進化したのです。

 

まず見た目で言うと、サムネイルが進化しているのが分かりますね。

さらに、動画を見比べてもらえれば分かるのですが、

話し方もかなり論理的になり、分かりやすくなっているように思います。(個人的な感想です・・・)

あとは、なんと言っても編集技術が上がったことで、さらに動画が見やすくなっているのではないでしょうか?

 

まぁ動画の変化の感想はここまでとしますが、僕がここで何が言いたいのかというと

全く同じ内容の動画を作成したとしても、全く別の動画のように見えるということです。

 

むしろ、コンテンツの内容もグレードアップしているため、リスナーの方(動画視聴者)も喜んでくれます。

なので、積極的に焼き直しをして、常に視聴者に進化したコンテンツを届けるようにして行きましょう。

 

第4位:トレンド

トレンドとは、時事ネタ的なものですね。

たとえば最近では、

「N国党」や「青汁王子」「京アニ放火事件」など様々なニュースが飛び交っています。

このような時事ネタを題材にしても、動画を作成することが出来ます。

 

ちなみに、このような時事ネタの仕入れ方はどんな手段でも大丈夫です。

たとえば、下記のようなものがあります。

  • テレビ
  • 雑誌
  • 新聞
  • LINEニュース
  • Twitter
  • YouTube
  • News picks

時事ネタは、ネタが尽きるということが基本ありませんので、正直最強です。

なので、今のうちからチャレンジしておくことをオススメします。

 

ちなみに、かく言う僕も最近トレンドに乗っかった動画を作成するようにしました。

2つほどご紹介しようと思います。

 

「少年革命家のゆたぼん」

→YouTubeから仕入れ

 

「教師のいじめ問題」

→Twitterから仕入れ

 

YouTubeで成果を挙げたい方はチェック

これで今後、YouTubeでネタ切れすることはなくなるでしょう。

しかし、もちろんのことこれだけでYouTubeを理解したことにはなりません。

そこでYouTubeで成果を挙げるために大切なことを参考記事としてまとめておきました。

 

YouTubeを習慣化させるコツ

この記事では、YouTubeを毎日更新するための、脳科学に基づいた習慣化戦略についてお伝えしています。

「毎日動画を撮影&編集するのがつらいなぁ・・・」と感じている方にはかなりオススメの動画になります。

【500本達成】YouTubeを毎日継続させるコツとは?【112日連続投稿】

2019年9月29日

 

YouTubeのSEOを狙うコツ

前述しました通り、

僕はYouTubeのSEOで成果を挙げていると言っても過言ではないくらいSEOに頼り切っています。

キーワード 検索順位 月間ボリューム数
営業 コツ 1〜3位 12900
営業トーク 1〜3位 7900
営業 クロージング 3位 2000
バーナム効果 3位 76500
バックトラッキング 3位 5500
ザイアンス効果 2位 2500
イエスセット 1位 900
ニーズ喚起 1位 1700
ラポール構築 1位 720
興味付け 1位 590
反論処理 1位 480

 

SEOでランキング上位を取ることができれば、

ある程度動画を更新しなくても、チャンネル登録者を増やすことが出来るようになります。

(僕も今は毎日更新しなくても、登録者は増えるかも)

このように効率的にチャンネル登録者数を増やして行きたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

YouTube SEO

【データ公開】YouTubeのSEOはちょー簡単な件【やったもん勝ち】

2019年9月6日

 

 

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら