「要するに〜」は学習の機会を奪うという話【メンタルモデルをぶっ壊す】

let's share

“オオタニ”
「要するに~ってことね」と相手の発言を要約するのがクセになっていませんか?

多くの人たちはこのように、相手の発言を要約することで、

  • 「飲み込みが早いですね!」
  • 「まとめるの上手ですね!」
  • 「頭が良いですね!」

とポジティブな評価を受けようとします。

ちなみに、僕も「要するに〜」族だったので、この中毒性は非常に理解できます。

つまり、「要するに〜」とまとめる行為は「有能性」を表すわけですね。

 

しかし、「要するに〜」と相手の発言をまとめてしまう人たち(理解出来た気になる人たちは)は

気づいていないと思いますが、ある大切な機会を失ってしまっているのです。

それは人間の成長にとって大切な「新しい発見をする機会」です。

別の言い方をするのであれば「学習する機会」です。

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

「要するに〜」は学習の機会を奪うという話

では、なぜこの「要するに〜」は学習する機会を失ってしまうのでしょうか?

結論を言うと「自分のメンタルモデルでしか世界を見ることが出来ないから」です。

 

メンタルモデルとは、世界を見る枠組みです。

これで分かりずらかったら、人間一人ひとりがかけているメガネだと考えてください。

赤色のメガネをかけていると、世界は赤色に映りますし、青色のメガネをかけていると、世界は青色に写るといった感じですね。

他者のメンタルモデルから眺める

このようなメンタルモデルによって、何かを理解した気になることは、あなたの「学習の機会」を奪ったり、世界観を狭めてしまうことに繋がります。

なぜなら、メンタルモデルは、過去によって形成されたあなた独自の世界観に過ぎないからです。

 

では成長するためにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、メンタルモデルで理解した気になるのではなく、他者に傾聴し共感することです。

 

他者に傾聴し共感を寄せることで、他者のメンタルモデルから見た世界観を知ることが出来て、それにより世界観を広げることが出来るのです。

  • 傾聴して、共感する
  • ×要約して、理解する

 

「継続」に関するメンタルモデル

僕は今では

  • Twitter(5ツイ)
  • ブログ(3000~5000文字)
  • 動画(5~10分)

を毎日継続することが出来ていますが、

昔は継続するのが本当に苦手でした。

 

なぜなら、昔の僕は自己啓発の影響もあり「継続はモチベーションで行うもの」だと考えていたからです。

つまり、「継続はモチベーションで行うもの」というメンタルモデルを持っていたのです。

>>モチベーションでは継続出来ない理由についてこちら

【注意】僕が自己啓発をオススメしない理由【科学的根拠あり】

2019年8月4日

 

しかし、ある本との出会いでそのメンタルモデルから脱却することが出来たのです。

その本こそスティーブン・ガイズ著の『小さな習慣』だったのです。

その本によって僕は新しいメンタルモデルを手にすることが出来たのです。

それは「継続は習慣で行うもの」というものでした。

>>習慣化させるためのコツはこちら

習慣化

【習慣化】したいのであれば、「質」よりも「量」を取れ!

2019年6月23日

 

このように

「継続はモチベーションで行うもの」

「継続は習慣で行うもの」

というメンタルモデルの変化によって

  • Twitter(5ツイ)
  • ブログ(3000~5000文字)
  • 動画(5~10分)

を継続させることが出来ているのです。

傾聴し、共感するには?

ではここから先は「傾聴し、共感する方法」についてお伝えします。

その方法は下記の2つです。

  1. 意志力を鍛える
  2. 傾聴するフレームワークを知る

それぞれを簡単に解説します。

 

①意志力を鍛える

意志力とは、自制心(自己コントロール力)のことです。

たとえば

  • ダイエット中に目の前のケーキを我慢できるか?
  • 怒りを抑えることができるか?
  • スマホを我慢し、ブログを書くことができるか?

これらは全て意志力が必要な行動になります。

 

この意志力は、傾聴し共感する上でも非常に大切な力になります。

なぜなら、意志力を鍛えることで、相手が話をしてる時に「要するに〜」と横槍を入れることを我慢しなければならないからです。

「まとめたい!まとめたい!まとめたい!」という欲求を我慢することで、傾聴し共感することができるようになるのです。

 

では、どのようにすれば意志力を鍛えることが出来るのか?

その方法については下記の記事を参考にしていただければと思います。

>>意志力の記事についてはこちら

意志力|自己コントロール力を上げる秘訣を公開

2019年8月14日

 

②傾聴するフレームワークを知る

もちろん、傾聴するにはそれになりのテクニックが必要です。

つまり、相手の話を聞くスキルが必要になります。

その方法は下記の3ステップになります。

自己開示

質問

バックトラッキング 

 

このフレームワークは正直、コミュニケーションにおいて無敵です。

もしも、こちらの詳しい内容について理解を深めたいという方は、下記の記事を参考にしていただければと思います。

営業 コツ

【営業トーク】相手の脳を快楽にする3ステップ

2019年6月25日

 

参考図書

本日は山口周さん著の『ニュータイプの時代』を参考にしました。

昔の「オールドタイプの思考・行動様式」ではなく、

現代の「ニュータイプの思考・行動様式」を取り入れないと、

ビジネスで成果を挙げることが出来ません。

 

現代に合わせた思考・行動をして行きたい方は、ぜひチェックしてみていただければと思います。

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら