【秘技】無編集でも!最高の動画・ライブが作れる方法

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 
“お悩みくん”
「動画やライブにチャレンジしたいけど、編集が大変そう・・・」

こんな悩みを抱えていませんか?

 

今ではYouTubeで動画を更新したりライブ配信をしていますが、

僕も最初は「編集が大変そう・・・」という悩みを抱え動画やライブを躊躇していました。

 

ちなみに、そもそも編集とは、なんのために行うのでしょうか?

たとえば、テロップや効果音を挿入したり、無駄な箇所をカットしたりですね。

それは、視聴者に分かりやすく情報を届けるためです。

 

これはビジネス系の動画をイメージしてもらえれば分かりやすいのですが、

僕の無編集の動画編集ありの動画を見比べてみましょう。

 

無編集の動画

 

もちろん、これくらいの短い動画でしたら大丈夫だと思うのですが、

中には「あれ?今なんの話をしてたっけ?」と思った方もいるはずです。

つまり、編集されていない動画を見るときは、かなり集中しなければならず、視聴者にストレスを与えてしまうのです。

 

では、一方で編集ありの動画も一緒に見て行きましょう。

 

編集ありの動画

 

どうでしたか?

無編集の動画と比べると、かなり見やすくなっていませんでしたか?

このように、編集ありの動画では、視聴者のストレスを一気に軽減させることが出来るのです。

 

編集の大切さを理解していただけましたか?

無編集でも!最高の動画・ライブが作れる方法

とは言うものの、編集するのってやっぱり大変そうですよね?

(実際に大変です。笑)

 

もちろん、MacBookには『iMovie』などの無料の動画編集ソフトがデフォルトで入っていますし、現代はスマホでも編集できる時代です。

さらに、外注という手段を使えば、あなたの撮影した動画を編集してくれる人たちのいます。(むちゃお金かかりますが)

 

しかし

それでも編集するのって大変そうですし、なるべくそこに時間・お金を使いたいとは思わないですよね?

そこで今回お伝えする方法こそが「ヌーボード」なのです。

こちらが「ヌーボード」になります。(ノート版ホワイトボード)

ヌーボード

>>ヌーボードの購入はこちら

 

「ヌーボード」を使った動画やライブ配信のイメージは

「レッツゴー!動画部ー!」で最近facebook内を賑わせている遠藤優子さんが非常に参考になります。

 

レッツゴー動画部

このように、編集ありの動画であるかのような、動画コンテンツを作成することができるのが「ヌーボード」なのです。

ヌーボードを使ってみる

ではここからは、「ヌーボード」の具体的な使い方をレクチャーして行こうと思います。

大きくまとめると、下記の2つです。

  1. 構成を意識する
  2. 1ぺージ、1メッセージ

では一つひとつ解説して行きます。

 

①構成を意識する

ここでお伝えする内容はトーク・ライティングで使える方法ですので、ぜひマスターしていただければと思います。

結論から言うと、構成には2種類あります。

 

構成①

結論

理由

具体例

反論

反論処理

結論

>>参考ブログ・動画はこちら

 

構成②

問題提起

具体的

解決策

方法

>>参考ブログはこちら

 

論理的に分かりやすく情報を伝えたいという方は①を。

序盤から視聴者の心を掴むようなトーク・ライティングをしたい方は②を使っていただけると良いかと思います。

 

②1ページ、1メッセージ

1ページに多くの情報を入れてしまうと、視聴者にストレスを与えてしまうので、なるべく1メッセージにするようにしましょう。

大切なのはあくまでも「見やすさ」です。

 

でもこれだけだとあまりイメージが湧かないと思いますので、ちょっと具体例を挙げるとしましょう。

 

では構成①を参考にお話します。

「ヌーボード」の使い方

結論から言うと、営業では即決の契約を意識するようにしましょう。

 

なぜなら、「検討します」を受け入れてしまうと、ほぼ100%不成約になるからです。

 

たとえば、映画を想像してもらいたいのですが、

「映画を観終わった直後」か「映画を観終わってから3時間後」だったらどちらの方が感動していますか?

きっと、多くの人が前者だと思います。

これは営業でも全く一緒で、顧客はプレゼンテーションを聞いた直後に、一番購入モチベーションが高まっています。

しかし、即決することなく「検討します」と決断を家に持ち帰られてしまうと、顧客の購入モチベーションが下がってしまい、それが不成約に繋がってしまうのです。

 

とは言うものの、「それって押し売り営業なんじゃないですか?」なんて言う意見もあったりします。

 

しかし、営業のゴールって契約ですよね?

それにこちらは、無料で説明しているわけですし、その日に決断を迫ること自体は何も悪いことではないですよね?

 

このように、営業では必ず即決の契約を取るようにしましょう。

これを6つの構成に分けて、「ヌーボード」を完成させて行くイメージですね。

 

1ページ目

営業では即決が命!

 

2ページ目

「検討します」は不成約に繋がる?

 

3ページ目

映画で感動するのは?

 

4ページ目

それって押し売りなんじゃないの!?

 

5ページ目

でもさ・・・営業のゴールって契約でしょ?

 

6ページ目

営業では即決が命!

 

こんな感じで完成させます。

もちろん、ここまで絞る必要はないので、見やすければもう少し文字数など増やしても大丈夫です。

 

このように

「ヌーボード」を完成させてから、動画を撮影したり、ライブ配信することで、視聴者にストレスを与えない、分かりやすい情報を届けることが出来るようになるのです。

 

「ヌーボード」をまだ購入されていない方は、いますぐ購入して、動画・ライブを始めましょう!

ヌーボード

>>ヌーボードの購入はこちら

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら