【悲報】情報商材を購入しても稼げません【自責にしよう】

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

先日、僕は下記のツイートをしました。

情報商材を購入しても稼げません。

なぜなら、買ったところでどうせやらないからです。

よく情報商材のせいにする人たちがいますが、仮に中身が充実していても、それを実践するのは、ほんの数パーセントの人たちだけです。

そういう意味において闇雲に、情報商材を叩くのはお門違いです。

 

本日はこのツイート文を深掘りして、情報商材に対しての考え方をお伝え出来ればと思います。

 

情報商材を購入しても稼げません

「情報商材を購入しても稼げない」などと言うと多くの人は

  • 「やっぱり情報商材って稼げないですよね〜」
  • 「まぁ確かに詐欺が多いですからねぇ〜」

などと他己責任にする人がいますが、それって本当に正しいですか?・・・

 

では、もう結論をお伝えしますね。

僕が言いたいのは

「情報商材を購入しても、結局やらないですよね?」

ってことなんですよね。

 

たとえ、あなたの購入した情報商材がものすごく素晴らしいものだったとしても、結局やらないから成果が出ないわけです。

 

では、情報商材を購入して、失敗する人たちって具体的にどのような人たちなのでしょうか?

買って満足する

これは僕も経験があるのですが、情報商材を購入した人たちの多くは、買って満足しています。

まぁ、別の言い方をするのであれば、「購入すること」がゴールなので、それ以降手を付けることがないわけです。

 

たとえば、僕はTwitterに関する情報商材を3つほど購入しましたが、成果を出すことが出来ませんでした。

それは、その情報商材が悪いのでしょうか?

いいえ、違います。

僕が悪いんです。

 

購入しても、買って満足してしまって、情報商材に最後まで目を通すことなく終わっていました。

しかし、最近またTwitterの情報商材を見直して、実践していますが、やっぱり成果は出ますね。笑

やっていなかっただけ。

 

継続しない

これが実は一番大切なのですが、

情報商材って、購入してちょっと実践すれば成果が出るものではありません。

(中には、そんな魔法が存在するものもあるのかな?笑)

 

またTwitterの情報商材の話をしますが、

Twitterでフォロワーを獲得したり、いいね・リツイートをもらえるようにしたりするのは一朝一夕には行かないものなのは分かりますよね?

毎日

  • ツイート
  • 友達申請
  • 能動的ないいね・リツイート

などをコツコツして行かなければ、Twitterで成果を出すことは不可能です。

 

つまり、情報商材から得たことを継続しなければ成果は出ないわけです。

しかし、多くの人はどうですかね?

 

結局、継続することなく、自分の好きなことにまっしぐらじゃないですか?

  • 「やっぱりゲームしちゃえ〜」
  • 「明日やればいっかぁ〜」
  • 「やりたくない時は、やらなくても良いよねぇ〜」

 

そのような、怠惰な人たちが最後に放つセリフ、ベスト1がこれです。

「詐欺られた!!!」

うん。お前が悪い。

情報商材の質が変わらない現代

しかしとは言うものの、

情報商材を購入した消費者が、100%悪いとも言い切れないのでは?

という声もあるかと思います。

なぜなら、詐欺情商材も実際に存在するからです。

 

しかし、これは僕の経験則ですが、今の時代そこまでズバ抜けて酷い情報商材ってありますか?

僕は無いと思っています。

今までたくさんの情報商材と触れてきましたが、そこまで酷いものはなかったですね。

ただ僕がやっていないだけでした。

 

均一化された情報商材

というのも、

今の時代って情報の質がコモディティー化(均一化)しているので、どの情報商材も質が変わらないからです。

これは情報洪水である現代だから言えることですね。

 

ブログ・YouTube・本で発信されている情報を、誰かがパクって、それをまた誰かがパクって・・・

みたいな感じで情報商材が生まれているので、どの情報商材を購入しても中身はほぼ一緒と言えるでしょう。

分かりやすく伝えることで、差別化しよう

このように、現代では、そこまでズバ抜けてヤバイ情報商材は無いと言えるでしょう。

 

情報を差別化するために

ここまでは

現代は情報がコモディティー化しているから、そこまで質の低い情報商材が無い

というお話をしてきました。

 

ではここで問題になってくるのが「現代ではどのように情報を差別化していくべきなのか?」ということですよね。

もちろん、この記事を読んでいる人たちの中には

  • 有料note
  • ココナラ
  • オンラインの動画講座

などで情報を販売して行きたいと感じている人たちも多いはずです。

なので、これ以降では、他の情報商材と差別化して行くための戦略をお伝えして行こうと思います。

「分かりやすさ」で差別化

繰り返しにはなりますが、現代は情報の質で差別化するのが非常に困難な時代です。

だから、別の要素で差別化して行く必要があるのですが、その方法は、結論から言うと「分かりやすくする」ことです。

 

仮メンタリストえる

たとえば、YouTubeで考えてもらえれば理解しやすいと思うのですが、

あなたは「仮メンタリストえる」さんをご存知でしょうか?

彼は、恋愛のテクニックを教えているYouTuberなのですが、約1年ほどで30万人近くのチャンネル登録者を作ることが出来たバケモノです。

>>仮メンタリストえるのチャンネルはこちら

 

では、なぜ彼はなぜ短期間でそこまで多くのチャンネル登録者を伸ばすことが出来たのでしょうか?

それが「分かりやすさ」なんですよね。

 

もちろん、ビジネス的な戦略もあっての成果だとも思います。

しかし、しっかりポジションを取って動画を発信し続けたとしても、

その内容が分かりにくかったら、これだけ多くの数の登録者を捕まえることが出来ていないと思います。

 

「この人の動画は、ストレスなく見続けることができる!」

と思われることが大切なのです。

 

なので、あなたもぜひ情報商材を販売される際は「分かりやすさ」に視点を置いてみてはいかがでしょうか?

 

優良コンテンツを作るために

もしも、さらに差別化された情報商材を作りたいと思った方は、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

優良コンテンツとは?【粗悪コンテンツと合わせて解説】

2019年8月18日

優良なコンテンツを作るためのテクニックをお伝えしています。

なので、ブログやYouTubeでも使える戦略となっていますので、ぜひチェックしてみてください。

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら