【新事実】営業とは、問題解決ではない!?【意外な結末】

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

先日、僕は下記のツイートをしました。

改めて営業について色々考えていました。

僕は「営業とは、問題解決」と定義してきましたが、実は営業って色々な定義をすることが出来る。

そのうちの1つをご紹介すると「営業とは、自分を売り込むこと」です。

だから、営業をマスターできれば、仕事・交友・恋愛全てが上手く行く。

 

本日は、このツイート文を深掘りして、改めて「営業」について考えて行こうと思います。

 

営業とは、問題解決ではない

僕は今まで、ブログやYouTubeで「営業とは、問題解決である」という定義をしてきました。

もちろん、これは間違いではありません。

だから、なにがしかの商品・サービスを営業している人は、これからもこの定義を忘れないでもらいたいと思っています。

 

営業は、もっと深い

しかし、ここでちょっと、僕の中である疑問が生まれたんですよね。

それは

営業ってそんなに浅いものなのか?

というものです。

 

つまり、「営業とは、問題解決である」という定義だと、何かしらの販売にしか役に立たない定義だと思ったんですよね。

営業=??

ところで、よくこんなことを言いませんか?

営業力を鍛えると、恋愛も上手くなる

 

でも、これって先ほどの僕の定義から考えると、意味不明になってしまうんですよね。

だって、別に恋愛って目の前の好きな異性に対して何かしらの問題を解決するわけではないですからね。

 

そこで、僕は「営業」に別の定義付けをしなければならないと考えるようになったのです。

 

営業=人生

では、上記の疑問から生まれた僕の答えをお伝えします。

それは

営業とは、自分を売り込むこと

です。

「は?普通の定義じゃん?」と思った人も多いと思いますが、ちょっと説明させてください。

 

結論をお伝えすると、営業力を付けることができれば、仕事・交友・恋愛全てが上手く行くと思っています。

 

なぜなら、「営業とは、自分を売り込むこと」であり、

別の言い方をするのであれば、「営業とは、自分を受け入れてもらうこと」だからです。

 

仕事

たとえば、

仕事でいうと、自分の商品・サービスを販売する前に、まずは自分自身を受け入れてもらう必要があります。

なぜなら、嫌悪感を感じる人からの話を聞こうとは思わないからです。

 

交友

交友でいうと、他者と友達になるためには

「この人面白いな!」「なんか居心地が良い!」「こいつにだったら何でも話せる!」

という形で受け入れてもらう必要があります。

 

恋愛

恋愛でいうと、前述した交友とほぼ同じなのですが、より高い次元で異性から受け入れてもらう必要があります。

 

このように、「営業力とは、自分を売り込むこと」であり、「営業とは、人生そのもの」ということが出来ます。

営業で一番大切なスキルとは

では、さらに話を深掘りして行こうと思います。

 

信頼関係

先ほど「営業とは、自分を売り込むこと」という定義をしましたが、

では、自分を売り込む上で大切なスキルって一体何なのでしょうか?

 

それは、信頼関係を構築するスキルです。

ハッキリ言って、これに尽きますね。

 

なぜなら、僕たちの人生は、知らない人たちに囲まれてスタートするからです。

 

たとえば、

僕たちがこの世に生を受けて、まず最初に目にする人って「母親」なのではないでしょうか?

そして、次に「父親」でしょうか?

 

そして、幼稚園や学校に入学するようになると、同じくらいの年齢の知らない他者でウヨウヨしています。

さらに、大学を卒業して社会人になると、職場にはまたしても知らない人たちばかりです。

 

人生を幸福に生きる

では、これら知らない人たちと良好な関係を築き、幸福な人生を送れるようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

そうです。

自分を売り込み、信頼を得るです。

つまり、

信頼を得るためのスキルがあれば、仕事・交友・恋愛全てにおいて幸福に生きることが出来るようになるのです。

 

信頼を得るのは激ムズ

まぁここまでは簡単に解説してきましたが、

とは言うものの、信頼関係を構築するのは非常にむずいです。

 

なぜなら、僕たちは、分からない対象に対して脅威を感じるように出来ているからです。

それが結果として、嫌悪感に繋がるのです。

これは人間の生存本能として仕方がない

 

たとえば、

副業など何も経験したことがない友人に対して

「最近アフィリエイト始めたんだぁ〜」と言うとどのような反応が返って来るでしょうか?

当然「へぇ〜でも何か怖そう・・・」と言う答えが返ってきます。

 

他にも、

今まで見たことの無い「虫」が目の前を飛んできたとします。

すると、反射的に悲鳴をあげて、手を振り回すのではないでしょうか?

 

このように、人間は「未知な対象」に対して、脅威を感じるように出来ているのです。

つまり、何が言いたいか分かりますか?

初めてあなたに会う他者は、あなたに対して少なからず脅威を感じているということが言えるわけです。

営業をマスターするたった1つの方法

では、ここからは「上手に自分を売り込み、信頼を得るためのコツ」についてお伝えして行こうと思います。

 

人間の構造を知る

結論から言うと

「上手に自分を売り込み、信頼を得るためのコツ」は人間の構造を理解することです。

人間の構造を知り、それに合わせてコミュニケーションを取ったり、何かしらのアクションを起こすことが大切になります。

 

僕はこれをポケモンに例えることが多いのですが、

敵が「水属性」のポケモンを出してきたら、「雷属性」のポケモンで戦えば良いわけです。

敵が「火属性」のポケモンを出してきたら、「水属性」のポケモンで戦えば良いわけです。

 

このように、相手を理解することで、それに応じてこちらが取るべき最適解を出すことも出来ます。

 

営業での具体例

もう少し営業に寄せて話をするのであれば、

 

人間の脳は、自分についての話をしていると、脳の快楽レベルが上がる

ということがハーバード大学の研究で分かっています。

ではこれを知っていたら、こちらはどのようなアクションを起こせば良いのでしょか?

A.話を聞く です。

 

人間の脳は主語を認識できない

という性質があります。

ではこれを知っていたら、こちらはどのようなアクションを起こせば良いのでしょか?

A.相手の意見に対して、NOと言わない です。

 

人間には何かをもらったら、お返しをしなければならないと思う

という本能が備わっています。

ではこれを知っていたら、こちらはどのようなアクションを起こせば良いのでしょか?

A.先に与える です。

 

このように、人間理解をしていると、それがこちらの取るべきアクションが明確になるのです。

だから、心理学・脳科学を勉強することって、人生をプラスの方向に持って行く上で非常に大切なことと言えますね。

 

心理学・脳科学を学びたい方

これで本日の内容は以上となりますが、もしも今回の記事を読んで

「心理学・脳科学をちょっと学んでみたくなった!」

という方は、下記の記事を参考にしていただければと思います。

 

>>【完全版】トップ営業マンが使うスキル38選を大公開!【必見】

営業スキル

【完全版】トップ営業マンが使うスキル38選を大公開!【必見】

2019年2月19日
let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら