【YouTube戦略】周りと同じような内容になってしまう・・・を攻略

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

“お悩みくん”
YouTubeを始めようと思っているんだけど、周りと同じような内容になってしまいそうなんですよね・・・

YouTubeで情報を発信しようとしても、すでにその市場が取られていると感じることってありませんか?

 

【YouTube戦略】周りと同じような内容になってしまう・・・を攻略

たとえば、僕が攻めているジャンルで言うと「営業」ですね。

もしも時間があれば、YouTubeで「営業 コツ」「営業トーク」などと調べてみてください。

数多くのクリエイターたちが作成した、数多くの動画が出てくると思います。

 

他にも、「ダイエット」というジャンルも、すごいことになっています。

「ダイエット 食事」「ダイエット 筋トレ」などと調べると、「営業」と同様の現象ご起こります。

 

このように考えると「今からYouTubeに参入するのはもう遅い!」と思われてしまうかもしれません。

しかし結論から言うと、全くそんなことはありません。

 

今からでも、差別化されたコンテンツを作り上げることが出来るのです。

本日は、そんな「YouTubeに参入するのはもう遅い・・・」

とショックを受けている人たちに向けて記事を書きましたので、ぜひ最後まで読んでもらえればと思います。

YouTubeで差別化した動画コンテンツを作る方法

では、これ以降では早速、差別化された動画コンテンツの作り方をお伝えして行きます。

本日お伝えする内容は下記の3つです。

  1. ストーリー
  2. キャラ
  3. 企画

では、それぞれ解説して行きますね。

 

①ストーリー

ストーリーとは、その名の通り「物語」です。

実は、ある特定のジャンルを徹底定期に調べてみると分かるのですが、

たとえば、「営業」と調べてみてください。

 

ぶっちゃけちゃいますが、、、

僕の動画にせよ、その他の動画にせよ、「主張」ってほとんど一緒なんですよね。笑

自分で言うのもなんですが、マジで一緒です。

 

prep法

これを詳しく説明するために「prep法」について解説して行こうと思います。

>>prep法についてはこちら

 

詳しくは別記事で確認していただければと思うのですが、

prep法とは、論理的にトーク・ライティングをするためのフレームワークの1つです。

この順番でトーク・ライティングをして行く感じですね。

主張

理由

具体

 

先ほどの話に戻すと

どの動画を視聴しても、ファーストステップである「主張」は全く一緒ということです。

 

しかし、それぞれのクリエイターが作成する動画では、ある箇所だけ全く異なっているのです。

それは「具体」です。

「物語」となる箇所です。

主張

理由

具体(物語)

 

たとえば、「継続によって人生が変わった!」という主張って、多くの人たちが言っていませんか?

しかし、この主張を説明するための「物語」は人それぞれ違うわけです。

 

では、ちょっと具体例として、僕が継続で人生が変わった経緯を、簡単にお話ますね?

ものすごく飽き性だった

facebook・Instagram・ブログ、何をやっても中途半端で成果が出なかった

そんな自分を変えるために、渋谷の本屋に向かった

『小さな習慣』という本に出会う

ブログを毎日継続できるようになった

ウォーキング・YouTubeも毎日継続できるようになった

いかがでしたか?

これが、僕が継続できるようになった歴史です。

 

きっと、僕と全く一緒の経験をしている人はいないのではないでしょうか?

そうなんです。これが差別化に繋がるのです。

 

多くの人たちは、ある特定の人物と全く同じような経験をしていないため、自然と具体に違いが出てきます。

だから、同じ「主張」でも、全く違ったコンテンツに彩られるわけです。

あとは、視聴者が、どのクリエイターの物語に共感するかだけです。

②キャラ

キャラって、実はものすごく大切だったりします。

しかし、「キャラ」って言われても、よく分からないですよね?

 

なので、ここでは「キャラ」をしっかり定義しようと思います。

キャラ=視覚・聴覚で認知されるもの

これはあくまでも僕の定義です。

 

メラビアンの法則

突然ですが、あなたはメラビアンの法則をご存じでしょうか?

>>メラビアンの法則についてはこちら

 

メラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える影響を、3つの要素に分け、数値化したものです。

こんな感じです。

  • 視覚情報:55%
  • 聴覚情報:38%
  • 言語情報:7%

 

これら3つの要素で聞き手は、話し手を判断するのです。

 

では、1つ具体例をお伝えしておくと

たとえば、「笑いながら叱る」といった時に、受け手側はどのような印象を受けるのでしょうか?

これをメラビアンの法則で整理すると下記のような感じです。

  • 笑う=プラスの視覚情報(55%)
  • 叱る=マイナスの聴覚情報(38%)・言語情報(7%)

この場合、「笑っている」という表情(視覚情報)が優先され、ほとんどの人は「叱られている」と感じなくなるのです。

 

まぁメラビアンの法則については、これくらいにしておきましょう。

では、話を元に戻すと、

「キャラ」とは、メラビアンの法則で言うところの「視覚情報」と「聴覚情報」になります。

  • 視覚情報:55%
  • 聴覚情報:38%
  • 言語情報:7%

 

つまり、視聴者に93%の影響を与える大変重要な要素なのです。

だから、

  • ボディーランゲージ
  • 顔の表情
  • 声の抑揚
  • 話のリズム

など差別化できるところはいくらでもあるのです。

 

「営業」で調べていただいても、割と様々なキャラを持った人たちが、同じ「主張」を違った「物語」で伝えています。

なので、この記事を読み終わったら、あなたの今狙っている市場のクリエイターを調べてみてください。

 

③企画

3つ目は、「企画」なのですが、結論から言ってしまうと、これはかなり難易度が高いです。

なので、①と②だけで良いと思っているくらいです。

 

しかし、だからと言って「企画」で勝負することを諦めては勿体無いわけです。

なぜなら、独自の「企画」が出来れば、最強なコンテンツになり、他者と差別化することは容易になるからです。

常に「差別化できる企画がないか?」と考え続けることは非常に大切なので、一応お伝えさせていただきました。

 

エンタメ系YouTuberから学ぶ企画力

僕はエンタメ系のYouTuber『東海オンエア』が大好きで、疲れた時はいつも視聴しているのですが、

彼らは常に面白い企画を考案し続け、周りのYouTuberのお手本となっている存在です。

 

その中で僕が大好きな企画があります。

それは「2泊3日!寝たら即帰宅の旅」という企画です。

 

【山奥のリゾート】2泊3日!寝たら”即帰宅”の旅!Part1

 

3日間寝ることなく、旅行をするという企画なのですが、

実は、この企画は「東海オンエア」の中でも、かなりバズった動画らしいです。

よかったら、視聴してみてください。

 

ちなみに、これは調べたところによると、「東海オンエア」でしか取り扱っていない無敵の企画ですね。

このように、1つでも独自の企画ができると、差別化は容易となります。

 

ちなみに、このような他者の企画をパクることは、ダメなんですかね?

著作物などになるのでしょうか?

まぁ著作物になり得るのであれば、最強ですね。

関連ブログ

>>【データ公開】YouTubeのSEOはちょー簡単な件【やったもん勝ち】

このブログでは、YouTubeでSEOを狙っていくための戦略についてお伝えしています。

SEOが狙えると、毎日動画を更新しなくても、毎日一定数の視聴回数・チャンネル登録などが見込めるようになります。

そんな戦略を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

>>【500本達成】YouTubeを毎日継続させるコツとは?【112日連続投稿】

YouTubeで成果を挙げるために、まず大切なことは「毎日投稿」です。

チャンネルが安定するまでは、ある一定期間、動画を毎日投稿し続けることが望ましいとされています。

僕は現在、153日連続で更新しているのですが、割とすごいですよね?

この記事では、脳科学的に正しい習慣化のコツについて解説していますので、ぜひチェックしてみていただければと思います。

 

>>YouTubeを攻略する!動画ネタ4選【ネタ切れ皆無】

YouTubeを毎日投稿していると、ある壁にぶち当たります。

それは「ネタ切れ」です。

ネタが無くなってしまうと、動画を更新できなくなってしまうので、これは死活問題と言えるでしょう。

しかし、僕はネタ切れすることなく、毎日動画を更新し続けることができています。

その秘訣をこの記事では解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら