【悲報】「悩む」ってマジで無駄な時間という話

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

“オオタニ”
結論から言うと、「悩む」という行為は、めちゃめちゃ無駄な時間です。

先日、下記のツイートをしました。

悩んでいる人ほど、何もしていない☺️

悩んでいる時間があるのであれば、Twitter・ブログ・YouTubeをする時間があるはずなのに。

つまり、Twitter・ブログ・YouTubeをしないために、悩んでいるわけ。

その事実から目を背けると、人生から目を背けることになるぜ?

 

本日はこのツイート文を深掘りして

「悩み」を抹消するための方法についてお伝えして行こうと思います。

【悲報】「悩む」ってマジで無駄な時間という話

そもそも、「悩む」とはなんなのでしょうか?

僕の定義は、こちらです。

答えの無いことを、考え続けること

 

たとえば

  • YouTubeやった方が良いかな?
  • 告白して、振られたらどうしよう・・・
  • 起業してみたものの、失敗したらどうしよう・・・

という感じのものですね。

 

これらのことって考え続けても、「答え」って出ないですよね?

別の言い方をするのであれば、

「やって見ないと分からないこと」じゃないですか?

 

では、1つ質問させてください。

このように「答え」の無い対象に「悩む」のって生産的な時間なのでしょうか?

ちょー、不毛な時間ですよね。

 

つまり、答えの出ないことについて悩み続けるのは、非常に時間の無駄ということがいえますね。

 

悩みを抹消するためには?

では、「悩み」を無くすためには、一体、何をすれば良いのでしょうか?

それは、「悩む」暇が無いくらい行動する ただこれだけです。

 

僕は昔、たくさん「悩み」を抱えていましたが、

現在では、「悩む」とは無縁の生活を送っています。

 

では、昔の僕と今の僕では、何が違うのでしょうか?

それは、忙しさですね。

 

僕は毎日

  • Twitter
  • ブログ
  • YouTube
  • 動画編集
  • TikTok
  • 英語の勉強

と、本当にやることが多いわけです。

 

毎日これだけのタスクをこなしていたら、

正直、悩んでいる時間ってほとんどありません。

とにかく、行動するのみなんですよね。

「悩む」の本質に迫る

では、ちょっとここからは、

「悩む」という行為について深掘って行こうと思います。

 

「悩み」は幻想

では、人間が「悩む」のは、どのような時なのでしょうか?

たとえば、

好きなあの娘に、告白したいけどどうしよう・・・

付き合えるかな・・・

という「悩み」を抱えているとします。

 

一見すると、「告白する」と「告白しない」を両天秤にかけて、決断しかねているように思いますが、

実は多くの場合、すでに「告白しない」という決断をしていて、後はそれを達成するための、言い訳を見つけているだけなんですよね。

つまり、「悩む」という行為は、「行動」を先延ばしにする行為と言えます。

 

小さく行動する

では、「悩む」ことなく行動するためには何をすれば良いのでしょうか?

それは、とにかく小さく行動してみることです。

 

いきなり何か大きなことをしようとするから、行動できなくなるのです。

 

だからもしも、

YouTubeにチャレンジしようと悩んでいるのであれば、「1分間スマホに向かって話をしてみる」

起業をしたいと考えているのであれば、「とりあえず、会社員をやりながら、ブログを執筆してみる」

みたいな感じでスタートしてみることがオススメです。

 

成功の方程式

この行動を小さくすることは、何かの願望を叶えるためには、非常に大切なことです。

その理由を「成功の方程式」を使って解説して行こうと思います。

 

成功の方程式

チャレンジ

継続

改善

成果

 

これを具体的に解説すると

ブログをスタートする

ブログを執筆しまくる

記事内容やライティングを改善する

アクセスが増える

こんな感じですね。

 

当たり前の話ではありますが、何かで成果を挙げる時、まず初めに「チャレンジ」からスタートします。

ということは、いつまでも行動できずにいると、一生成果を挙げることができないわけです。

 

小さな行動→大きな行動

チャレンジができれば、後はそれを継続するのみです。

そして、継続し続けると、それが大きな行動に徐々に変わってきます。

 

たとえば、

ブログを500文字からスタートしていたのが、半年も経てば、気が付いたら3000文字になっていた

みたいな感じですね。

 

これは継続していたら、必ず起こり得ます。

なぜなら、人間は同じ刺激を何度も受け続けていると、それになれる性質があるからです。

つまり、飽きてくるわけです。

どんなに絶世の美女でも、何度も見続けると飽きてきて、別の美女に目移りするのと一緒です。

 

だから、その飽きを克服するために、行動のレベルを自然と上げるようになるのです。

なので、「300文字からスタートして、本当に3000文字の記事を書けるようになるの!?」という心配をしている人は安心してください。

 

結論:「悩む」のは無駄

では最後にまとめようと思います。

結論、「悩む」という時間はめちゃめちゃ無駄な時間です。

なぜなら、悩んでいても、いつまで経っても行動しないからです。

 

だから、そのために小さく行動するようにしましょう。

そして、それを継続することで、最終的に大きな行動になります。

 

「悩む」のであれば、小さくても大丈夫なので、とにかく行動です。

let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
有料note
営業職への転職はこちら