【SEO対策】ブログとYouTubeのお葬式をした件【悲しくはない】

let's share

先日、ブログ記事とYouTubeの動画をかなり削除しました。

もちろん、1件1件感謝しながら削除しました。

  • ブログ記事:51記事
  • YouTube動画:200本以上(計算し忘れました。)

 

というわけで、先日このようなツイートをしました。

現在、動画をめちゃめちゃ削除しています😭

動画のお葬式です。

ちなみに、今だけで200本近くの動画を削除。

これからまだまだ削除予定ですが、1本1本感謝しながら削除して行きます。

 

今回は、なぜこれだけの数のコンテンツを削除したのか?というところを解説しますね。

【SEO対策】ブログとYouTubeのお葬式をした件【悲しくはない】

結論から言うと、SEO対策ですね。

つまり、GoogleやYouTubeの検索結果において、自分のコンテンツを上位表示させるためです。

 

コンテンツを削除することで・・・

実は、もうそこまで見られていないコンテンツを削除することで、サイト全体の評価が上がり、検索順位が上がるんですよね。

ちょっと前に、現在ブロガー・YouTuberとして活動されている「イケハヤさん」もTwitterにて、これと似たようなツイートをしていました。

>>イケハヤさんのTwitterはこちら

【これやったらYouTube一気に伸びた】

・品質の低い過去動画を削除
・ウケがいい過去動画を撮り直し
・なるべく目線を下げて平易なネタを扱う
・長尺(30分以上)の講義を入れた

YouTubeアルゴリズムに愛される方法がわかってきました……。

(ブログでもYouTubeでもほぼ一緒です)

 

YouTubeを見てみよう

たとえば、YouTubeで「営業トーク」と調べてみると、下記のような検索結果となります。

※「新規シークレットウィンドウ」で調べています

 

「営業トーク」

他にも、様々なキーワードで上位表示させることができているのですが、

ここのところ、YouTubeのチャンネル登録者が減少気味だったので、「ちょっと動画を削除してみるか!」という判断をしたって感じですね。

昔の動画をほぼ全て見直していると、クソコンテンツだらけだったので、削除し続けていたのですが、気付いたら200本近くになっていました。笑

 

結果として、順位が上がった!

では、動画を削除し続けた結果、検索順位に変化はあったのでしょうか?

結論から言うと、ありました

 

「営業 クロージング」

たとえば、「営業 クロージング」というキーワードで1位になることができました。

ちょっと、前までは3位だったので、非常に嬉しいですね。

※一番上は広告です

だからもしも、コンテンツの数がかなりあるのにも関わらず、検索結果が芳しくない人は、コンテンツのお葬式をやってみることをオススメします。

「もったいない」という思考が邪魔をする

しかしとは言うものの、実は多くの人たちが、作ったコンテンツを削除できないのが現状です。

なぜなら、多くの人は、サンクコストバイアスという思考のクセを持っているからです。

つまり、「削除するのはもったいない!」と感じてしまうんですよね。

 

サンクコストバイアス

サンクコストバイスとは、

ある対象にお金・時間・労力を投下してしまうと、その対象に不当に価値付けしてしまうという思考のクセのことです。

 

損切りできない心理

たとえば、あなたがある株を購入したとします。

その株を購入するまでには、非常にたくさんのコスト(時間・労力)をかけました。

 

そしてある日、その株が大きく下落してしまいました。

しかし、あなたは「いや、きっとまた上昇するハズだ!」という思考をしてしまうんですよね。

 

なぜなら、それだけ時間と労力を株を購入することに投下してしまったからです。

つまり、損切りできなくなってしまうわけですね。。。

 

こんな感じで大損してしまうことは、歴の浅い投資家にはよくあることです。

 

コストよりも成果を意識する

もちろん、僕も最初、コンテンツを削除することに抵抗はありました。

「俺の努力の結晶が・・・」とナイーブになっていましたよ。

 

しかし、当たり前の話ですが、「そこにかけてきたコスト」よりも、「現状の成果」の方が大切なんですよね。

だから、これを両天秤にかけた時、僕はすぐにコンテンツを削除することができました。

というよりも、「質の低いコンテンツ」は、「質の高いコンテンツ」の足を引っ張るものなので、削除するべきです。

 

コンテンツを削除する目安

人によると思うのですが、僕は下記の状態でコンテンツを削除しました。

  • 総ブログ本数:350本
  • 総動画本数:500本

もちろん、これよりも少なくても削除するのは全然ありだと思います。

むしろ、僕は削除するのが結構遅かった方なので。

サンクコストバイアスにやられていました。笑

 

だから、これはあくまでも参考までにって感じにしてください。

 

焼き直しするのもアリ

焼き直しとは、もう一度作り直すことです。

たとえば、こちらの動画をご覧ください。

 

2018/05/28の動画

 

これは、約1年の時を経て、下記のように生まれ変わりました。

 

2019/06/19の動画

 

内容は全く同じにならない

このような話をすると、

「内容って全く同じでも大丈夫なんですか?」という質問を受けるのですが、

結論から言うと、ならないですね。

 

なぜなら、基本ある程度の期間が経てば、あらゆるレベルが上がっているからです。

たとえば

  • トーク力
  • 知識
  • 編集力

などですね。

 

だから、逆に同じ内容で作ることの方が難しいです。

これはブログでも同じことが言えます。

let's share
有料サービス